MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

ハイエンドマザーを試す⑩グラボ(GPU)交換

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月15日

先日Harubaruさんにお越し頂き、メインメモリの速度による変化のご感想をお聞きして真っ先に思い浮かんだのが・・・
グラボはファンレスで消費電力の極力低いものをあまり調べもせず選んで購入したGT730でしたが・・・
なんと後から調べて第11世代はおろか10世代の内蔵GPUよりも遅かったのでした・・(汗

外付けグラボでここまで内蔵GPUよりも遅いとは思いもしませんでした・・。
しかもメモリはpandaと同じ速度のDDR3の1600MHzです。
未だにこんなにもロースペクが新品で売られているとは・・・。
しっかり調べないと駄目ですね。
roonは再生時にGPUをCPUよりも使用します。
GT730の使用率が高いのは気にはなっていましたが・・・。

GPUをあまり知らない方へ。
5分で理解GPUとは?CPUとの違いや性能と活用
roonはおそらくグラフィック表示以外にフォーマットのデコード処理にGPUを使用しているのかなと思います。
roon以外だとHQplayerやAudirvanaもGPUが使用されています。
動画編集などエンコード処理もCPU処理よりも強力なGPUを使うと相当な時間短縮でエンコード処理が終了します。

まさかオーディオ再生で高性能なグラボは・・・と思っていましたが今回使用したOC FORMULAのマザーはなんとHDMI出力が無いのです!
実は買ってからその事に気が付きまして・・・笑
それで仕方なくあまり調べずに安くてファンレス低消費電力のGT730を選んだ訳ですが、メモリ速度での音質差がここまで判明してしまうとこのまま使う訳にはいかずに交換する事にしました。

そこで改めて現在のGPUを調べ上げました。
結果・・・なんとメモリはDDR5ではなくDDR6になっていました!汗
つい最近までマザーのメモリが4400MHz(4,4GHz)で喜んでいたのに12000MHz(12GHz)とか・・・。
いや~やばいですね、ほんと驚きました。
かといってさすがにおまりお金もかけれませんし、ゲームを4Kや8Kでプレイするわけでもないので無難なレベルであろうGTX1650 GDDR6のモデルを購入してみました。

TUF-GTX1650-O4GD6-GAMING

このグラボも同じような値段と見た目でメモリがDDR5が普通に売られているので調べないとほんとに危険です・・・。
数年前からマイニングブームでグラボの需要が増大して価格が高騰しているので購入タイミングはとても悪いですが仕方ありません。

このクラスになるとファンレスはさすがになく仕方なくファンありです。

使用していたGT730と比較すると相当大きくなります。

これで11世代の内蔵GPU750よりは相当処理は高速になります。
GPU(グラフィックボード)性能比較表【2021年最新版】

これでGPUのメモリクロックは
GT730 GDDR3 1600MHz
GTX1650 GDDR6 12000MHz
一気に7,5倍になりました。
もちろんGPU自体も相当な処理能力アップです。

だんだんゲーミングPCになっていますが・・・笑

JCATUSBEXカードは一番下に移動しました。

まずはアイドリングクロックで再生です。

あぁ・・・もうすでにGT730より見通しが良いです。
そして十分な負荷検証の末、GPUの最大クロックを減らしメモリクロックを12000MHzから13000MHzまでOCしてみました。

GPUの最大クロックを落としたにも関わらずGPU使用率が11%から2%まで落ちました。

そして出音は・・・!

まさかGPUでここまで差が出るとは・・・。

内蔵GPUを使うか外付けグラボを使うかで構成が変わりそうですね。
内蔵GPUならroonであれば1台より2台以上がメモリ内でのリソース干渉が分散されて良い結果に繋がると思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする