「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
あべ
あべ
聴き専のクラオタです。

マイルーム

寝室オーディオ
寝室オーディオ
その他 / その他 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~5.1ch
秋田市在住。 実家に寄生してオーディオやっております。 オフ会仲間求む! 機材(2022/4/13) ●自作PC →セミファンレス。foobar2000使用 ●TEAC PD-H600…
所有製品
  • 電源機器
    KOJO TECHNOLOGY Aray MKII
  • サブウーファー
    FOSTEX CW250A
  • その他オーディオ関連機器
    NU FORCE icon HDP
  • スーパートゥイーター
    FOSTEX T90A
  • AVアンプ
    ONKYO SA-205HDX

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

日記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月09日

LS1/5/2Aを完成させてからなんだか次の予定が立たないですね〜。
世の中が大変な状況になっていて気分も落ち込んでいると言うのがあると思うのですが、LS1/5/2Aの製作で大幅に気力を使っちゃったのも大きいです。
一応、ホーンシステムの方のディレイも、LS1/5/2Aで培ったノウハウを元に再調整して、ちょっと良くなったのですが、やはり自作SP完成の達成感が強すぎたせいで、何かをやった感じがしませんw まあ、またスピーカーを作れば達成感は得られるのでしょうけど、既製品高級スピーカーを本気の自作のスピーカーに置き換えたレベルの達成感はなかなか得られませんし、他に手をつけられるところも思い浮かばず、悩んでおります。

でも、こう日記で文章に起こしていると多少、問題点が整理されてきて、アイデアも浮かんできます。
今ふと思ったのは、北欧サブウーファーを作り直す事でしょうか。薄くて目立たないサブウーファーとして設計したのが、フローティング機構のアーマーを装備したことにより、見た感じのサブウーファー感が薄れ、謎のデカい箱と化してる感じです。これをさらに薄くして縦置きにすれば存在感を多少薄められるかなーなどと考えてます。もしくはサブウーファーもLS3/5Aルックにするとか? サブウーファーとしての機能は今のままでも十分なので、見た目だけの改造になるのがちょっとダルいのですが。
あとは、38cmダブルの箱をちゃんと専用のものを作るとかですね。今のは20cmフルレンジ用のを流用していて、ホーン増設のため下駄で高さを上げていて下にデッドスペースがあったりしてます。まだ一度もまともに使っていないスピーカードライバー計測器のDayton DATSv3を駆使すればもうちょい良い箱が作れそうです。
前から予定としてあった、NS-1+ラインアレイを、NS-1とラインアレイとで別アンプ駆動にして鳴らす事も、スピーカーセレクター増設で解決したいな、というのがあるのですが、これはあんまり達成感無さそうなので後でも良いかな、という感じ。今、真空管アンプがホーンシステムのハイだけの担当になってしまってるので、スピーカーセレクターを入れればそこも解決するので、いずれ必ずやりたいです。

それにしても、LS1/5/2Aは作った時期がギリギリでした。まずVOLTのユニット自体もうどこもずっと売り切れています。おそらくですがPMCなどのメーカーへ卸すぶんで手一杯で、自作ショップへの生産が後回しになっているのでしょう。円安、輸送コスト上昇、木材の高騰もあり、もはや同じものは作れなそうです。
オーディオ業界全体も、各社値上げラッシュで状況が一変しております。業界に詳しいわけではありませんが、これからのオーディオ業界の状況を考えると、あまり良い未来は見えない気がします。値上がりする一方で、もっと豪華な高額製品を作れと言う声も高まってると聞きます。これからは今よりももっとハイエンドとそれ以外との溝が広がり、興味の違いが明確になり、コミュニケーションの分断が生まれそうです。今現在の「趣味のハイファイオーディオ」と、「聴ければいいゼネラルオーディオ」との格差と同じレベルの分断がハイエンドとそれ以外の間に生じる感じでしょうか。
まあ分断は現時点でも相当にあり、広告メディアが入門から趣味へと言う橋渡しをするのがより難しくなりますが、そもそも現状でかなり選ばれた好き者(w)だけがオーディオに手を出してる状況ですので、趣味人口が大きく増減するわけでもなく、トレンドが多少変わるだけで、全体の風景はそんなに変わらないのかな、と思います。やっぱり日本のメーカーがこのタイミングで何社か脱落しないか、それが問題になってきそうですね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ご無沙汰しています
    画像から・・低音のショートホーンが素晴らしく部屋の両壁とうまくマッチしていると思います。スロート部もこれぐらい絞ってよいのではと思います。私も38センチショートホーンですが上のホーンと音質が溶け込んで納得しています。
    上のホーン化を考えられたら如何でしょう。きっと素晴らしい音楽の世界が開かれるかなと思います。
    旧ユーザー名・どんぐり(ただいま病気療養中)

    byどんぐり at2022-04-12 19:08

  2. weissen rossl様、レスありがとうございます。
    病気療養中とのこと、お見舞い申し上げます。
    うちは同じ部屋にシステムを3つも置いていて、わかりづらくて申し訳ないのですが、38cmにはJBLのLE85とFOSTEXのウッドホーンを合わせております。ちょっとわかりやすくした?画像をマイルームのページに載せておきましたw
    やっぱり秋田在住ですと、あんまり多くのシステムを聴く機会がない物ですから、ホーンやらラインアレイやらいろんな方式を自分で試しておきたくなってしまい、信念もなくいくつもシステムを同居させてしまう結果になっておりますw
    どんぐりさん、もといweissen rosslさんはTADをお使いだったと思いますが、私もそれくらい良い物を体験できたら、信念も生まれ、システムを一本化できるかな、と羨ましく思います。
    weissen rosslと言うユーザー名は、ラルフ・ベナツキーのオペレッタからですか。浅学ながら聴いたことがなく、今、Amazon musicで聴いておりますところです。
    この時代の明るい作品は本当にきらびやかで美しい作品が多いですね。

    byあべ at2022-04-13 14:56

  3. お気遣いいただきありがとうございます。3年ほど前にリンパ性白血病と診断されそのショックで此の会を脱会させていただきました。そして肺炎を併発し3カ月入院しましたが現在は良くなり外来通院となりほとんどオーディオ三昧の生活をおくっています。こんな状態でも音楽が楽しめるオーディオ趣味は素晴らしいですね。
    ハイ、weissen rosslと言うユーザー名は、ラルフ・ベナツキーのオペレッタからです。以前、娘とこのホテル(白馬亭)に行ってきました。東京でもこのオペレッタが上演され鑑賞しました。たわいのないドタバタ劇でした(笑)
    入院中携帯ラジオでイヤホンで聴いた素晴らしい曲を紹介しますね。今日も聴きましたが演奏録音共に秀逸で聞き飽きることがありません。
    ペールギュント組曲、全5幕のハイライト版73分サンフランシスコシンフォニー/BLOMSTEDT指揮
    DECCA/UCCD-51033

    byどんぐり at2022-04-13 17:34

  4. レスありがとうございます。
    お返事遅れまして申し訳ありません。
    大変お辛いご病気かと存じます。ショックで脱会されたお気持ちを考えると本当に心が痛みます。
    くれぐれもご自愛のほどお祈りします。
    オーディオでご自愛、オーディォじあい、オーぢあい、オーディオ愛、なんちゃ…って……
    失礼しましたorz
    白馬亭はザルツブルクの近くなんですね。画像検索しましたが美しい宿ですね。私も20年近く前ですがザルツブルクに近いケーニヒス湖と言うところに行っていて、そこはだいぶ観光地されていましたが、なかなか良いところでした。当日に観光案内所で泊まる場所を探す旅でしたので、白馬亭のような良いお宿には泊まれませんでしたが、折りたたみ自転車を日本から持参していて、ザルツブルクまで走った道は素晴らしかったですね。アニメのハイジみたいな感じでしたw
    音楽のご紹介ありがとうございます。グリーグは、使っていたHegelのアンプがノルウェー製ですのでよく聴いておりました。ブロムシュテットの盤はCDを持っていたはずなのですが、見当たらず多少音質は劣りますがAmazon musicで聴いております。「朝」はいろんなBGMに使い古されていながら、今聴きたいなと言うタイミングがしばしば来る癒される音楽な気がします。
    お返しと言ってはなんですが、僭越ながらこちらからも一曲紹介させてください。紹介と言っても定番の曲ですが、バッハの2台のチェンバロのための協奏曲のBWV1062。これの第二楽章を旅の間、自転車に揺られながらよく聴いていた記憶があります(めっちゃ交通違反ですが)。ヴァイオリン版よりもチェンバロ版が好きですね。リヒター盤のテンポが良いです。

    byあべ at2022-04-14 19:51

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする