すぺ
すぺ
よろしくお願いします。

マイルーム

すぺのホログラルーム
すぺのホログラルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上
ステレオとシアターの専用室です。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

すぺのオーディオ遍歴とマイページタイトル

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月24日

目指せ!!ホログラサウンド!!

私がマイページタイトルにあげているものです。


今回は
オーディオの簡単な遍歴と
ホログラフィックサウンド
について書いていこうと思います。



まず、今までのオーディオ遍歴を簡単に書かせていただきます。


5年前に好きなアーティストのCDやクラシック音楽をいい音で聴きたい!
と思ったことをきっかけに、8万円の予算でシステムを揃えました。

色々とセッティングをし、
好きな歌手が中央に定位し、歌っていることに感動したことを覚えています。

それから、1年後
どうしても、クラシックでの奥行き感や広がり、それぞれの楽器音の軽さや抜け感が表現されないことが嫌になり、
トールボーイスピーカー
セパレートアンプ
を購入!!



確かにエネルギーや情報量、解像度は増しましたが、
未だ広がり、奥行き感や楽器音の軽さ、抜け等が表現されず。

今度はケーブルやインシュレーター等のアクセサリーを購入し始める。

結果、バランスの悪い音になり、
更にアクセサリーを追加し、修正しようとするが、余計に訳のわからない音となる。

ウン百万もかけたが、満足な音にならず、全部売ってオーディオをやめようと考える。


その後、たまたま行ったオーディオショップの試聴会でKRYNAと出会い、
社長の人柄とKRYNAの音の考え方に惹かれ、
また、D-PROPやInca、Spcaといったケーブルを使うことで当時の拙宅システムよりも
はるかに奥行きや広がり、音の軽さ、抜け感等を表現できていることが非常に衝撃的、そして感動的だったため
もう少し騙せれたつもりでオーディオを
続けていこうと決意する。


ボーナスが出たことで、
Inca5(現在は7に買い替えた)とSpca7、スピーカー下にD-PROP8個
などを買い替え、
はじめて、しっかりとした奥行き、広がり、高さ感を感じられ、感動を覚える。



その後、スピーカーやアンプ、CDPなどとKRYNA製のものへと買い替え、
現在にいたり、
音ではなく、音楽をやっと聴けるようになりました^o^



さて、ホログラフィックサウンドですが、
これは、KRYNAが提唱しているものになります。

①X軸(広がり)
②Y軸(高さ)
③Z軸(奥行き)
で描く立体的音像のことをいいます。



写真は、KRYNAのホームページよりお借りしました(^^;;


音楽はスピーカーを離れ、まるでオーケストラが目の前にあらわれたかのような広大なステージを作り出してくれます。

これは、1度体験すると病みつきになります。

ファイルウェブに参加してから、様々な方の日記等を読んでいると
ホログラフィックという言葉を使っている方が多くいることに気づきました。
それだけ、皆さんも目標にしている音なのでしょうか?!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. すぺさん

    はじめまして。Incognitoと申します。
    KRYNAのStageは私も使っております。オーディオをはじめたばかりの頃は「スタンドで音が変わるわけないだろ」と思っていましたが、Stageを試したのが運の尽き(?)でした。いいものですよね!

    KRYNAからはスピーカーも出ていたんですね。恥ずかしながらすぺさんの日記で知りました。

    宜しくお願い申し上げます。

    byIncognito at2016-01-24 18:05

  2. こんにちは。漫画の図解が分かりやすいですね。
    私もプロフィールに以下書いています。三次元空間と表現しており、意味は同じですね。

    http://community.phileweb.com/mypage/profile/3685/
    >ボーカルのリアル感と、音の空間の三次元空間の広がり(縦横と前後)を重視しています

    うちだと、部屋の使い方がポイントでやはり 部屋は横長使い方とし、スピーカーと横の壁の距離をとり、後方の壁との距離も比較的とっています。

    byYongJoon at2016-01-24 18:11

  3. Incognitoさん、はじめまして。

    Stageをお使いでしたか!!年齢も近いし、なんか親密感が高まりますね!笑

    私もトールボーイですが、このSTAGEを使っています^_^
    KRYNAは私たちが生まれるより前にスピーカーや真空管アンプを作っていたそうです。
    ぜひ、一度聴いてみてください!

    これからよろしくお願いしますm(_ _)m

    byすぺ at2016-01-24 19:21

  4. すべさん、はじめまして

    オーディオの深みに踏み出したようですね^^

    1つの現象を体験すると、どうしても音源を聴き直したくなります
    是非色々好きな曲を聴き直してみてください

    体験という観点では、すべさんが記載していたとおり
    オフ会で、人それぞれのこだわりを是非聞きに行ってみてください
    また面白い世界がいっぱいあり、自信のオーディオシステムの参考になるとおもいます

    ファイルウェブのみなさんは、皆自身のシステムを聞いてほしいので、快く受けてくれますよ

    byRIRA_ at2016-01-24 19:25

  5. Yong Joonさん、こんにちは。

    この図解ですが、
    http://www.pluton.jp/HTM/holographic_sound_1.html
    からお借りしています。ぜひ、読んでみてください!!

    壁からスピーカーを離すことの効果は大きいと私も先日感じました。
    壁に近づけた時と離したときの、高域の広がりが格段に違うことにビックリΣ(゚д゚lll)
    それ以降、私も壁との距離を重要視しています^_^

    byすぺ at2016-01-24 19:34

  6. RIRAさん、はじめまして。

    RIRAさんはニッキーさん日記に登場しており、いつも興味深く拝見しています。
    この素晴らしいホログラフィックサウンドを体験してから、何枚もCDを聴き直しているところです^_^

    ファイルウェブの先輩方のシステムを未だ聴いたことがないので、ぜひオフ会など誘ってくださいm(_ _)m

    これからよろしくお願いします。

    byすぺ at2016-01-24 19:43

  7.  まぁ- 過程がどうであれ結果が出ればokなのがオーディオです。

     結果は自分の感性ですから、実際は「どんな感じ?」が気になる事もありますが(笑)こう言ったところは場(経験)を積む事で、ドンドン良くなってきます。  

     楽しか無きゃオーディオじゃない!!  ただ、楽しみを得るには それ相応の苦労が伴うモノで、それもオーディオなんですよね。   過程を楽しむ(苦しむ)のも・・・ !(^^)!


     アコス…。

    byアコスの住人 at2016-01-24 21:27

  8. すぺさん、こんばんは。

    割と目的の音は情報と自分の聴感、そして勘(笑)があれば迷わないですけどね。まあ勘は「経験の一つ」ですけどね。

    クライナの製品はオフ会でも使用している御宅から良い評判を聞いております。
    私も気になったり導入した製品がありますので、すぺさんの使いこなしを是非参考にさてせ下さいね。

    此れからオフ会を通してより素晴らしい音を体験していけると良いですね。

    byニッキー at2016-01-24 22:36

  9. アコスの住人そん、おはようございます。

    そうですね!
    経験ですよね!!この場をお借りしてその経験を積み重ねられたらと思います^_^

    せっかくの趣味ですし、楽しまないといけませんね!
    よし、目一杯楽しみましょう♪(´ε` )

    byすぺ at2016-01-25 07:40

  10. ニッキーさん、おはようございます。

    なるほど!
    勘ですか!!!
    勘という経験も習得する必要がありそうです^_^

    オフ会でニッキー邸の音を聴くこと
    楽しみにしています^_^

    byすぺ at2016-01-25 07:45

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする