すぺ
すぺ
よろしくお願いします。

マイルーム

すぺのホログラルーム
すぺのホログラルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~120型 / 8ch以上
ステレオとシアターの専用室です。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アナログの世界への第一歩を踏み出そう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年01月31日

いつかは、アナログプレーヤー!!

そう、いつかは…(^^;;







私自身、正直言いますと


アナログ素人です!!!


針圧の調整??MC??MM??




こんな感じです(゚o゚;;






今後は
ネットワークオーディオ
アナログ
が主となる!
と言われているそうですね。

CDは今後、少しずつ廃れていくとか…>_<


CDとアナログを比べると、大きく収録容量が異なり、
アナログだとほぼ、レコーディングした状態での収録になるそうですね!

また、レコードに針を落とし音楽が流れてきた時は至福の時とも言われます。



そんなことを言われたら、
アナログに興味が湧いてしまうじゃないですかね^o^













私もアナログに興味が湧いてきたかも!?

と思ったそこのあなた!






そう、これが日本人の性です
((((;゚Д゚)))))))笑










というわけで、
最近アナログについて考えることが多くなってきています。

プレーヤーは、
フローティングタイプ?
いや、リジッドタイプ?

アームはなにがよいのだろう?

カートリッジは…?

昇圧トランスは…?

などと構想を考えるのは無料だったり!!
しかも意外と楽しい(^∇^)


ただ、あまりにも無知過ぎるため
なにがよいのかわからない(・・;)





なら、ネットで調べるなり、知ってる人に聞けよ!!

と思ったそこのあなた!





これも日本人の…(^_^) \(ーー;){くどい





実際に調べる前に、とりあえずアナログプレーヤーを何台か聴きに、専門店へ行ってみました
ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘


調べてから行くと、評判などが先入観となってしまうのが嫌なんですよね(・・;)


さて、今回試聴したのは3機種です。




①THORENS TD295MK4




THORENSのプレーヤーは私でも知っている程、有名なものです。

値段は20万円ほど。






②MICRO 型番はごめんなさい




中古で置いてあったもので、
リジッドタイプのプレーヤーです。




③LINN LP12




フローティングタイプのプレーヤーで、
40万円ほど。







アームやカートリッジは何を使っていたのかはわかりませんでした(^^;;



今回、先入観を持たず聴いた結果

リジッドタイプは振動を本体の強さ、重さで抑えているためか、音が詰まって聴こえました。

フローティングタイプは音が詰まることもなく、自然に出ていた印象です。


これからも少しずつ色々と聴いていこうと思いますが、
プレーヤーはLP12にしようかな!!






カートリッジやアームなどでも変わってくると思いますので、
今後はカートリッジ比較などをやってみたいものです( ´ ▽ ` )ノ


今後はネットで調べたり、誰かに教わりながら
アナログを少しずつ学習していこうと思います\(^o^)/


皆様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. すぺさん、おはようございます。

    この前のクライナのショールームにて思ったことですが、LP12は使いこなしが大変難しく、かつクライナのパレットのボードとの相性があまり良くありませんでした。

    初めてレコードプレーヤーを買おうとするなら、DD駆動のレコードプレーヤーをお勧めします。

    スイッチを入れて直ぐに周り、また直ぐに止まるのは大変に楽ですし、モーターがほぼ中央部にあるのでパレットボードとの相性も良いと思います。
    YAMAHAやテクニクスなどの国内メーカーが開発してきたDD駆動のレコードプレーヤーは素晴らしいですよ。

    テクニクスなどはDJ御用達という事もあり耐久度が高く、ハードオフなどにも良質な中古品もあり、YAMAHAもGT2000に拘らなければ割とお買い得感がありますので是非検討に入れてみて下さいね。

    byニッキー at2016-01-31 11:54

  2. すぺさん、はじめまして、
    LP-12は調整次第でいくらでも良い音になってゆきす。     
     当方、LINNSONDECK LP-12 Valhalla を1982年から使っています。当時、LINN PRODUCTSはターンテーブルLP-12のみの販売でアームはSME 3009 Series II improved が推奨アームでした。当時は、トーレンス、マイクロ、テクニクス、デンオンなどがメインで、雑誌や店頭でもほとんど見受けることがありませんでした。
     初めて川口無線でみた時、なぜこんなに地味で小さいのに高額なのかと疑問でした。
     購入から数年後、トーレンスのプレステージとの比較試聴がありました。”聴かない前に売りたくない、聴いて納得してから買ってほしい”と強調していました。
     実際、プレステージは独特な魅力で大変素晴らしいですが、LP-12はきっちり音階を表現し音楽を楽しませてくれる音だと思います。
     
     すべさんがLP-12を選んだ感覚はよいと思います。自分の最初の感覚は大切にしたいものです。                
      ターンテーブルも現在現役で残っているのは全く派手さもない、ほとんど見受けられなかったなLINNだけです。いつからかStereo Sound誌にLP-12紹介されているが自分にも驚きでした。
     結局、本当に実力があるものだけが残っていくのは何の世界も同じだなァと思いました。
     ターンテーブル、軸、軸受けの加工精度が高く現在でも最高の状態で保たれています。少々高額ですが、十分に価値があるとおもいます。もし、購入されたならアドバイスさせて頂きたいと思います。

    byavidoso at2016-01-31 12:42

  3. すぺさん、はじめまして

    Krynaで色々と揃えていらっしゃるのですね。
    町田近くのP店はよく行く界隈にあるので時々お邪魔していますが、色々とポリシーを持っていて面白いですよね。

    アナログは、考えすぎるとキリがないので、個人的には仰る通り余り先入観を持たず「気持ち良い音だなぁ」と思ったものを追いかければ良いと思います。

    ちなみに、私もLP12を2台持っていますが、拘ろうと思えば徹底的に色々とイジれますし、そのまま使おうと思えば使えます。 

    別に整備しないとトランペットがバイオリンに変わってしまうようなことは無いので、他の機器もそうだと思いますが、使いたいだけ使いこなせば良いと思いますよ。

    >ニッキーさん、こんにちは。
    実はLP12の下に2台ともPalletteボード置いてます(笑)。
    Kryna/P店が推奨する音は実は私が好むものと異なるのですが、LP12の吸振と安定用のボードを探していた時に説明を聞き、理論上キチンと理解できたので家に帰って調整してみたところ個人的に満足する効果でした。

    ニッキーさんは、どのあたりが相性良くないと感じたのでしょうか? 後学及び今後の調整ポイントの探索の為にもご教示頂けると幸いです。

    byJoe Frazier at2016-01-31 13:49

  4. すぺさん、こんにちは

    RIRAです

    奇遇ですね、僕も最近レコードを始め
    MC?MM?でした~(T_T)

    僕がオーディオショップの店員からアドバイスをもらったのは、

    レコード再生は自由度が高いけど、
    儀式を間違うと壊すこともあります 例えば針圧間違ったり・・・

    そんなこんなで、
    私も最初は国内のプレーヤーで修行をして次に着てます

    周りにオーディオの師匠がいれば記載のものを勧めます
    そうではない場合は、そういう安心を買うのも検討してほしいです

    byRIRA_ at2016-01-31 15:17

  5. すぺさん

    アナログへようこそ!

    拙宅では40年使ってきたアナログプレーヤーを昨年更新しました。
    プレーヤーが新しくなると、聴きなれた40年前のレコード盤に結構良い音が入っていることに気づきました。

    アナログはプレーヤー、アーム、カートリッジはもちろん、ヘッドシェル、リード線と何を変えても音は変わりますね。

    中古のレコード盤も手頃な値段で流通しています。

    ちょっと沼が深いので、足をとられないよう気を付けてくださいね。(笑

    私も50年以上使っているアナログ人間ですが、よろしくお願いします。

    bymerry at2016-01-31 16:52

  6. ニッキーさん、こんにちは\(^o^)/
    いつもレスありがとうございますm(__)m

    DD…
    ダイレクトドライブの略なんですね!!

    スイッチを入れて直ぐに回るのは便利かもしれませんね。
    せっかちな私には合うかもです!笑


    YAMAHAやテクニクスなどの国産プレーヤーはあまり聴いたことがないので、今度聴きに行ってみます(^.^)

    アナログ入門としてハードオフなどの中古を安く買うのもアリですね\(^o^)/

    byすぺ at2016-01-31 19:08

  7. avidosoさん、はじめまして。

    LP12をお使いなんですね!!
    アームは色々と調べた結果、SMEシリーズにしようかなと考えています。まさか、推奨されたアームだとは知りませんでした(^_^)


    LP12は見た目が地味で小さい。私も思いました。
    私はそんな見た目が好きだったりします!笑
    自分の最初の感覚は大切にしていきます。
    そのためにも、あえて先入観を持たずに聴きに行ったことですし(^O^)

    実際にいつ購入できるか未定ですが
    購入した際はぜひ色々と教えてください。

    体験談を交えたコメントありがとうございます。

    byすぺ at2016-01-31 19:21

  8. Joe Frazier はじめまして。

    色々なメーカーを試した結果、KRYNAで揃ってしまいました!
    ショールームでお会いした際はよろしくお願いします(^_^)


    確かにキリがないですよね!
    ネットで調べていたら、私も思いましたf^_^;

    気持ち良い音と思えるのが大切だと私の友人もよく言っています。
    その通りだと思います!!


    LP12を2台お持ちとは!
    非常に羨ましいです>_<
    パレットで水平を出しているとはさすがです(^.^)

    しかも、銅板仕様ではないですか!!
    私はノーマル仕様なので…f^_^;
    いつかはアナログじゃないですが、
    いつかは銅板仕様にしたいものです\(^o^)/

    これから、よろしくお願いします!

    byすぺ at2016-01-31 19:44

  9. RIRAさん、こんにちは。


    やはり最初は、
    MC?MM?
    と疑問に思うものですね!
    私だけかも!?
    と感じていたので、少し安心しました!笑


    そのアドバイスは非常に参考になりますね!

    確かに針圧間違えたり、針を折ったりf^_^;
    せっかちな私は絶対にやらかしそうです!
    もし、20万円ほどするカートリッジを折ってしまったら…Σ(゚д゚lll)

    確かに中古で安いのを購入などし、
    修行に専念するのも手ですね!!



    そして、遅くなりましたが
    RIRAさん、アナログレビューおめでとうございます\(^o^)/

    byすぺ at2016-01-31 19:57

  10. merryさん、こんにちは。

    プレーヤー、アーム、カートリッジだけでなく
    ヘッドシェルやリード線と
    様々なものが交換できるのですね!!

    それらを選びながら自分だけのプレーヤーにするのも
    アナログの楽しみかもしれませんね(^_^)

    少しかじっただけの私でもわかるほど、
    アナログ沼は深そうです^^;
    1度足を踏み入れたら、気付いた頃には沼底でしょうか?笑

    よろしくお願いしますm(__)m

    byすぺ at2016-01-31 20:05

  11. すべさんのお歳だと「いつかは!」なんですね(笑)

     アナログしか無かった私の世代では、思いもよらぬ言葉でした (◎_◎;)  


     先ずは訂正から(笑)

    >> 「今後はネットワークオーディオ、アナログが主となる!と言われているそうですね。

      CDは今後、少しずつ廃れていくとか…>_<


     何処のドイツが言ってる?  こんな戯言を!(笑)  そいつは30年前に「LP(アナログレコード)はコレで消える。 CDはどんな機械で再生しても同じ音しか聴けない!」と伝説的なデマを流した輩と同じ人種ですな!  最近でこそ「アナログ・アナログ」と騒がらているがCDが登場して30有余年、LPは消える事も無くますます高性能なプレーヤーすら登場してるのは確かな事です。 確かにディスクの生産は下降の一途ですがプレス工場だって現存してますからね(笑)
     
     そしてCD。 消える訳ないし廃れません! 未だに進化の過程ですよ(笑)  配信と言う新しいカテゴリーは追加された規格の様なモノで、未だにミリオンセールスだって出るCDですから、営業上もこんなに美味しい規格を捨てたりしません。 また創造主であるアーティストの中には配信では聴かせたくないと固辞する方も居て、アナログ盤もこんな意図から作られている方も居ますからね。  配信利用のユーザーの多くがヘッドフォンやPCスピーカーで視聴してると言う事が許せない様ですよ(笑)


     >> 「CDとアナログを比べると、大きく収録容量が異なり、アナログだとほぼ、レコーディングした状態での収録になるそうですね!」

     アナログの良さは、なだらかな減衰なんですね。 例えばCDは20~20kHzはフラットに記録出来ますが、LPの再生帯域の両端(高端低端)はなだらかに下がってきます。 デジタルの様に急峻なカットはありませんがCDに比較しても狭いです。 まぁ-、ソフトの仕様で言い始めるとハイレゾと言われるSACDやBDが圧倒的に成って仕舞うんですが、実際の音はソフトでは決まりませんからね(笑)  ソフトを活かすにはハードの選択から、セッティングまで色々と行う事が山ほどあります。  この辺りはすべさんも追及されているのでお分かりだと思いますが・・・


     つづく。

    byアコスの住人 at2016-01-31 22:23

  12.  つづき・・  (笑)

    すべさんの再生機環境が把握出来ていませんが(マイルームの所有製品一覧以外にも有りそうですし、PHONO対応アンプの有無が??)新譜ソフトの供給は事実上ないので、実際はこの辺り(ソフトの入手手段)を考えてからの購入がベストでしょうね。 


     アナログは面白いですよ! 今時のアレとは違って(笑)目で見えるディスクで、音を拾ってる様子すら目視出来ます。 耳を近付ければ音だって聴こえる!!  私は2代目で終わろうとしていますが・・・(笑)カートリッジはもちろんの事、スタビライザー・シェル・リード線・そして一番大事なセッティング。 レコード盤の溝の振幅を拾う針先ですから、振動の全てを拾える針先です。 ガチガチに固めて振動を跳ね返す方法とサスペンションで吸収して仕舞う方法。  どちらが良いとは言えませんが振動は空気からも伝わりますから影響を極力なくすセッティングが重要です。 時々スピーカーの御上に置いてる人が写っていますが何も分かっていないんでしょうね(笑) 音量によってはハウリングも目立ちませんが、それは目立っていないだけで、明らかに悪影響です。  

     
     と、小言も含めて色々と言いましたが(笑) ぜひぜひチャレンジしてみて!  ハイレゾ・ハイレゾと何でもハイレゾが優れている様な風潮の昨今ですが(笑) 私はCDでもっともっと楽しんで行くし、アナログも時々楽しんでいます。   まぁーアマリ裾野を広げずに追求していくのが良いのではないですか? 中途半端だと皆が中途半端になっちゃいますから・・ 裕福ならばドンドン投資して下さい(笑)  そう言う方々に業界を守って戴き、私の様な貧民はソノおこぼれで楽しませて頂きます(笑) 


     どんどん経験を積んで楽しい(実は苦しい)オーディオライフをエンジョイして下さいね (笑)


     お節介なアコスより。

    byアコスの住人 at2016-01-31 23:07

  13. アコスの住人さん、こんにちは。

    非常にためになるレスありがとうございますm(__)m


    今の現状では、アナログを始める程の予算がないのが原因です。
    しかし、今から色々と聴き、学習し、ずっと買い替えなくて済むものがほしい!
    と思っています。

    そのため、
    いつかは!!
    と言わせていただいておりますf^_^;笑


    訂正ありがとうございます!

    ①まず、CDが廃るということは

    何処のドイツが言っていたのかは覚えていませんが、聞いたことがありました(・・;)

    世間が「アナログ、アナログ」と騒いでいる中、
    私も一緒にアナログ、アナログと騒いでみたいものです\(^o^)/

    CDも進化の過程ですか!!
    確かに徐々に高音質CDと言われているものが増えてきていますよね。

    アコスさんにそう言っていただけると、
    非常に安心します。


    ②アナログの収録について


    デジタルは急峻なカットをしているのは知っていましたが、
    アナログはなだらかな減衰をしていくのですね!!

    CDでもアナログでも、きちんとした機器で、なおかつ設置をしっかりすることが重要だと私も思います(^.^)


     つづく。

    byすぺ at2016-02-01 14:11

  14. つづきです!!笑


    そうなんです!
    実はPHONO…
    ないんですf^_^;

    プリアンプにPHONOの基盤を入れたら、対応できそうです。

    ソフトの入手手段も考慮しなくてはですね!
    近くにハードオフならありますが…(⌒-⌒; )


    アナログ面白そうです!
    やはり音源ではなく、ディスクとして持っていたいなと思います。


    アナログを始めることで、セッティング方法を学び
    それをアナログ以外のものにも応用できるのではと考えています。

    例えば、水平の重要性などの再認識など。


    拙宅の環境ではスピーカー間にプレーヤーを置くこととなりますが、それもできたら避けたいところではあります。
    本当はスピーカーケーブルを伸ばして、
    機器は椅子の近くに持っていきたいのですが…(^^;;
     

    アナログを始める準備ができるまでは、CDをもっともっと楽しんでいこうと思います\(^o^)/


    裕福ではないですが、
    やるからにはとことんやってみたいものです。
    今日から節約の日々が続きそうです!


    アコスさんの丁寧なレス助かりました^ ^
    どんどん経験を積んで、よりよい音楽ライフを楽しみたいと思います!!



    アナログ初心者のすぺより

    byすぺ at2016-02-01 15:15

  15. Joe Frazierさん、こんばんは。

    >>ニッキーさんは、どのあたりが相性良くないと感じたのでしょうか? 後学及び今後の調整ポイントの探索の為にもご教示頂けると幸いです。

    私もパレットボードで水平を出しているので、そういう方向では効果はあると思います。
    ただなんとなくですが、LP12は例のフローティング構造で振動のほとんどが除去されていると感じました。私もクライナのショールームにてLP12をパレットボードの有無で比較させていただきましたが、自宅のDD駆動でリジットのプレーヤーよりは効果が少なく思いました。

    司会から印象を聞かれたので、「私は効果はあると思います」と言いましたが、別の方からはボードがない方が好みという意見も出ました。

    言い換えれば、LP12が如何にそれだけで内外の振動対策が完結されてさいるのか、自分の所有するプレーヤーが振動対策が不十分か?とも考えてしまいます。

    byニッキー at2016-02-01 21:38

  16. ニッキーさん、こんばんは。
    ##すぺさん、横レスですみません。ちょっとお借りしています:)

    有難う御座います。
    なるほど。構造的にはその通りかもしれないですね。
    私のメインのLP12は、トランポリンという脚も付けてある状態でボードの上に置いてありますが、サスペンションのバウンス(キチンと出来ていると仮定して)とトランポリンとである程度の制振はしているはずですもんね。

    まぁ、変な拘りなのかもしれないのですが、ラック自体が発生する微振が気になってしまい、Dpropも含めて土台自体をある程度フロートさせるという発想です(本当にラックが振動を発しているのかは定かではないですが)。

    根本的な解決という意味では、昔あったTargetとかのWall Shelfなどを家のリフォーム時に取り付けるのがベストな気もします。

    LP12は昨今のDCモータ化やシャーシ自体の強化をもって「近代的な音になり過ぎてLP12の良さが失われる」というベテランユーザさんもいますし、このあたりは色々と宗教論的なものがあって面白いです。

    byJoe Frazier at2016-02-01 23:35

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする