CENYA
CENYA
小遣いは少ないけど、理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。

マイルーム

越谷ベース
越谷ベース
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
越谷ベースは私の単身赴任の拠点です。 オーディオ実験室と居室を兼ねた男の隠れ家的な場所。 どなたも気軽に遊びに来てください! 【NAS】 RockDiskNextの基板だけを利用し…
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

GND強化3.4㎏ & 真鍮たわしカード DIY

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月05日

前回に引き続き自作PCの話です。
PCを組み上げたばかりの時の音は雑味があって悪い意味でひっくり返ったのですが、
数時間のエージングでずいぶんと柔らかくなってきて旧PCの音に少しは近づきました。
でもまだ高音域が粗い
旧PCもリアルアースにつないでいたので新PCもつないでみるとやはり改善。
旧PCに追いつき、そして少し追い抜いた感じになりました。
高音域の滑らかさや耳障りは自分の合格点を超えましたが、
女性ボーカルがちょっと乾き気味で、声のウェット感をもっと出したい欲が出てきました。
もう一点、
新PCに変わった時点で特に高音域の情報量が増した結果、
全体的な音のバランスが変化して若干軽く感じるようになりましたので、
重心を下げて落ち着き感を出したい感じです。
色のイメージで言うとハイライトで明るくなり過ぎたので、
印影をつけて深みを出したい。
シャープネスもちょいとキツかな、
みたいな
 
さてどうするか?
 
経験上、重量感やウェット感、柔らかさには『銅』が効く。
と思っているので今回は重量級の銅板を入手して取り付けることにしました。
 
 
 
以下、読み飛ばして頂いて結構です!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【GNDについての私の考えまとめ】
 
間違っているかもしれませんがGNDについて私の考えを先に書きます。
長ったらしい文章になりますが自分の考えを整理する意味も含めて敢えて書きます。
間違いがある場合はご指摘頂ければとてもありがたいです!
 
落ち着き感や重心の低さや静けさはGNDが安定していると感じられます。
GNDは全ての信号の基準(土台)になるので、この基準が揺らぐ(電位変動)と音もフラフラしちゃうし、
装置間でGND電位に差がある場合は、装置間を結ぶGNDのライン(RCAのシールド等)に電流が流れて、その電流に由来する磁力が発生して、その結果として大切な音の信号をケーブル内でゆがめてしまいます。
そもそも基準のGNDに差があると、送り手側と受け手側の信号にも電圧差が出来てしまうので正確な伝送にならない。
ですので、装置のGNDの電位は「安定させる事」と「全装置を0Vにする事」が高音質を目指すにはとても重要です。
 
 
「安定させる事」についての対策について
 
GNDと言っても「SG」と「FG」と「アース(接地)」に分類されると思います。
 
SGは「シグナルグランド」と呼び、プリント基板や装置内配線のGNDを指し、実際にリターン信号が流れる重要なGNDです。
この部分は装置の設計で決まっているので後からどうこうすることはできません。
しかし、このSGを安定させることが最終目的(本質)となります。
SGとつながっているFGを安定化させることによって、その結果としてSGを可能な限り安定化させるのです。
 
FGは「フレームグランド」で装置の筐体部分の事です。
基板のSGはこのFGに何点かで接続されています。
パワーアンプ内のスピーカーのマイナス端子もこのFGに落とされています。
FGを安定化させるにはFGの金属容量を増やせば良いわけで、
重量級の装置が基本的に音が良いのはこういう理由もあると思います。
今回のGNDを安定化させるDIYはFGの金属量を増す方法を採用します。
ちなみに仮想アースをFGにつなげて音が良くなるのはFGの容量が増えることも一つの理由だと思います。
 
 
「全装置を0Vにする事」について
 
例えば、各装置のFGの全てが2Vで安定化していれば、信号のやり取りはある意味では正確に行われて
良い音になると思います。
しかし、常にいつでも全ての装置が安定していられるかには疑問が生じますし、
本当のベストはFGが常に0Vである事、です!
0Vにするためには「アース(接地)」が必須になります。
ここで言うアースはいわゆる「リアルアース」の接地のことです。
 
マンションアースだとマンションのノイズを拾って音が悪くなるから駄目だ。
って、本当に?
マンションのノイズを拾っているのではなくて、ただ単に広大なアースループが出来ているだけじゃないでしょうか?
私の持論としては「アースループさえ回避できていれば」を条件として、
マンションだろうが何だろうが「アース(接地)」は音質向上に有効な手法だ!
と思っています。
私の場合は横浜の自宅マンション(240戸以上の大型)でも越谷の賃貸マンション(24戸)でも
アースをつないだ方が音が滑らかに静かになります。
マイナス要因もあるのでしょうが、それを上回るプラスが有ると思っています。
立地等で例外はあるのでしょうが。。。
アースループについて書きだすと止まらなくなっちゃうので止めますが、
私のシステムでアースループの回避策としてやっていることは下記です。簡単に。
 
【CENYAシステムのアースループ回避方法】
・すべての装置の電源ラインのEはつながない(浮かす)。
・信号伝送は全てバランス接続とし、配線は自作をしてケーブル内のGND(FG)線をつながない。
・その他の信号ケーブル(LAN等)のシールドも両端はつながない(片端GND)
・装置間のFG線は各一本ずつ用意して、GNDハブ的なものに一点接続する。
・このFG線は線径を太くする。
・GNDハブ的なものからアース(接地)を極太一本だけで行う。
 
信号線のノイズ防御については‪後日‬CENYA的回答のDIYを実行して日記に書きます。
ポイントとしては、ノイズ防御用のシールド線とGND線兼務のシールド線を別ける事とシールドは接地するという事です。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
読み飛ばし部分は以上です。
 
 
 
【本文に戻る】
 
 
入手した銅板がこちら↓
 

 
厚さ20㎜ ×幅100㎜ ×長さ200㎜
重量は約3.4㎏!
良い感じに重いぜ!
PCのフレームの重さが1㎏とすると4倍以上のFG強化になります。
 
銅板にM3とM4のねじ山を切ります。
ドリルで下穴をあけて、タッピングドリルでグリグリとねじ山を刻む
 拡張スロットの留め金具を取り付けます。
 

 
次にマザーボード側のGNDを取り出します。
マザーボードのSGは6か所でFGに落ちています。
この6点にGND線をつなげてFG強化カード』に接続をしていきます。
 


この六角柱のネジの材質は真鍮で表面をメッキされています。
GND線はスピーカーコードを流用しました。
 
PCに組み込んでみます!
 


 
塗装と装飾が施されてかっこいい~!!
何気にCENYAロゴを入れちゃった。
 
アース(接地)線は背面のここにつなぎました。
 

 
電源ユニットのFGはベルウッドさんのアドバイスにて単独でアース(接地)しました。
 
 
【視聴感】
一聴して柔らかさを感じます。
良い感じに音に重量感が増して重心が低く大人しい印象。
女性ボーカルの深い腹の声がより艶めかしくエロチックになった感じです。
吐息も湿り気が出てきて生っぽい感じが増しました。
声の人工的な部分はほぼ払拭されたかな。
その分、楽器は大人しくなったかもしれませんがボーカル重視なのでOKです!
情報量は高くキープしつつ静かになりました。
さすが重量級の銅!
この効力はでかいです。
 
 
【真鍮タワシカートリッジ】

真鍮タワシの仮想アースPC版を作ってみました。
PCの空きスロットに差し込むタイプです!

材料探しで私のガラクタ保管所を漁ったところ、こんなちょうどいいスチールの箱を見つけました。



偶々ですがスロット2つ分の高さと同じで、幅及び奥行きもジャストサイズ。
内側と外側に銅テープを貼ります。
スロットカバーを取り付けて、GND線の取り付け端子を増設。
真鍮タワシを詰め込む時に水晶も混ぜてみました。



こういうのはとことんやっといた方が楽しいのです!笑
真鍮の振動モードと水晶の振動モードを混ぜる事で何か良いことがあるでしょう。



PCの空きスロットに差し込みます。



ちょうど良い納まり感。
素晴らしい。

最終形は強化GND付いて見えなくなります。



背面で真鍮タワシカートリッジと強化GNDカードを繋ぎました。



これにてPCのGND強化に関わるDIYの完成です。
機能と共に美しさにもこだわってみたので満足できる結果になりました。
ゴールデンウィークの工作はこれでお終いにして、後はゆっくり音楽を聴いて楽しみたいと思います。


次回のDIY予告
『これこそがシールドだ』

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こちらでもリアルアースの効果は大きく、いい結果となっています。
    実は今の所3か所リアルでアースを取っているのですが、もう2か所部屋にはリアルでアースが取れる場所があります。
    効果はあることは分かっているのですが、あまり複雑にやるといろいろ問題が出るようにも思い、とりあえず打ち止めということで中断しています。

    家の鉄骨骨組みにアースが取れるのを見つけてくださったのはCENYAさんのおかげです。今回再度試して非常にいい結果が出ています。

    5か所もアースを取っても大丈夫なものなんでしょうか?。

    正直アースに関してはあまり詳しくないのでアドバイスいただけたらいいなと思います。

    よろしくお願いいたします。

    byうつみくん at2020-05-05 19:30

  2. Yuho...さん、こんばんは!

    >シールドは悪だと考えてるので、次の日記楽しみにしてます。

    シールドのどの部分が悪なのか?について具体的に説明できるかどうかがポイントですね〜。
    産業分野では当たり前の事をホームオーディオに持ち込むようなDIYの予定です。
    理論的には大正解のはずですが、音の方にどれほど影響があるか楽しみです。
    しばらくお待ち下さい。

    byCENYA at2020-05-05 21:10

  3. うつみくんさん、こんばんは!

    >5か所もアースを取っても大丈夫なものなんでしょうか?。

    状況次第で答えは変わってきます。
    アースループが回避出来ていれば大丈夫なのですが、アンバランスのうつみくんさんの環境であればアースループになっていると思われるので、基本的には多点アースはやらない方がいいでしょうね。
    建物の壁材も鉄製であって且つ接地された状況であれば、建物自体が大きなシールドみたいなものになるので大丈夫かも知れません。
    FGとアース(接地)の違いを本文に書きましたが伝わったでしょうか?
    聴いた結果が良ければそれでOKですよ!

    アースループになっている時は広く空間を埋める音から圧迫感を感じたり、重すぎる音になっていたりする様な気がします。
    軽く粒子が部屋一杯に広がるなら私は大丈夫だと判断すると思います。

    byCENYA at2020-05-05 21:36

  4. CENYAさん こんにちは

    相変わらずやってますねぇ~。

    それにしても、20mm厚、3.4Kgの銅板とは、CENYAさんらしいですね。すごいなぁ。PCスロット差しのタワシアースというのもアイデアですね。これはすごいPCですね。地震で倒れたら圧死ですよ~、気をつけてください(笑)。

    グラウンドが信号の基準(土台)で、これがフワフワしないように譜ラウンドの質量をかせぐのが高音質につながるというのは、私も同じ感覚です。

    仮想アースは、そこまで質量はないのですが、各回路に近いので、足元がふらつかないように手近につかまれる「手すり」のようなものだと思っています。ループを作らずに、信号経路にそってあちこちに据え付けることができるので、これも効果が大いにあるのだと思っています。

    これだけ徹底したPCは面白そうですね。聴いてみた~い!

    byベルウッド at2020-05-07 18:08

  5. ベルウッドさん、こんばんは!

    FG強化に賛同頂き嬉しいです。
    私が使っていたPCケースには縦型のPCスロットが設けられていたので、この場所を使う案が浮かびました。
    スロットの大きさに合わせて銅板の大きさを決めて購入したら重い重い。(笑)
    仕方なくワイヤーで吊って補強しました。
    これが逆にカッコいい感じになって結果オーライです!
    所有の機械を眺めてると色々と案が浮かんできて面白いです。

    >これだけ徹底したPCは面白そうですね。聴いてみた~い!
    本当に聴いていただきたい。
    でもですね〜、あと3つくらいDIYする事が控えていますので、それらが終わってからということで。
    ちょうどコロナも落ち着くでしょうし。(希望)

    byCENYA at2020-05-07 19:31

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする