「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
CENYA
CENYA
小遣いは少ないけど、自分の理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。

マイルーム

越谷ベース
越谷ベース
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
越谷ベースは私の単身赴任の拠点です。 オーディオ実験室と居室を兼ねた男の隠れ家的な場所。 どなたも気軽に遊びに来てください!
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オープンバッフルを聴く(taketoさん邸訪問)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年04月09日

本日、春うらら、taketoさん邸を訪問しました。
目的は自作のオープンバッフルスピーカーの音(音場感)を聴くこと!

前に訪問したのはファイルウェブに入会して間もないくらいのタイミングの 5年ほど前のことだった様な気がします。
久しぶりに入ったお部屋はオシャレになっていました。笑



CDラックが無くなってスッキリとシンプルになって落ち着ける空間になってます。
良いですね〜。

初対面のスピーカーは普通はなかなか見る事ができないフォルムでとても個性的です。
The趣味!
の世界でワクワクします。笑

バッフル面が広いのですが、色が寒色ですし設置位置が目線より低いので圧迫感は無かったです。


38cmのフルレンジユニット



中心の突起は銅かと思っていたらオレンジ色の透明な樹脂でした。


音源はストリーミング的なのが主体でVOLUMIO3がトラポです。



女性ボーカルを中心にいくつか聴かせていただきました。
taketoさんの大好きな青葉市子さんのライブ音源からスタート。
ライブ空間の雰囲気が良く表現できています。
基本的にはスピーカーの奥1m程に音像が定位するのですが、オープンバッフルによる深くてサイドから回り込むような包む音場感がとても気持ち良いです。



スピーカーの後ろにサブウーファーのCW−250Aがちゃんと鎮座しています。
これはリスニングポイントから見るとちょうどメインのユニットの軸上の後方に設置されていて姿は見えないし音の統一感も良いです。
お互いに紙コーンなのも良いのかな。


自分のシステムとの比較がわかりやすい持参音源を聴いたところ、通常のポップスは想定内のなるほどねーって感じではあったのですが、ライブ音源になった途端に粗い部分があるにもかかわらず私のシステムでは表現できないライブの雰囲気が別格に良く出てライブ会場の熱気を感じるほどでびっくりしました。
正直、嫉妬を感じてしまいました、これはライブ音源特化型システムですねー。


なかなか聴く事のできない貴重なオープンバッフルスピーカーを堪能させていただきました、ありがとうございました!
VolumioもこれからDSPが追加されるようで、更なる進化をされることでしょう。
これからもお互いに刺激を与え合いながら切磋琢磨しましょうね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. CENYAさん、こんばんは。
    相変わらず筆が早いですね。今日は有難うございました。

    録音の是非に関わらず、“青葉市子のライブ音源と名の付くものであるならば、なるべく上手く鳴らしたい”という一心でこの1年自作スピーカーを調整してきました。
    結構上手くいったとは思っているのですが、拘りが強すぎて、反対方向の音源(複雑でデッドなソース)が全く苦手なシステムになってしまったような気がします。

    でも、まぁいいかと開き直っています。

    CENYAさんはその辺をこちらから伝えなくとも理解して下さるので、嬉しいです。
    CENYA邸とは真逆な構成のシステムなのに、なんとなく音に共通点があるのも面白いものですね。
    これからもお互いに高めていきましょう。
    何卒宜しくお願いいたします。

    p.s 普段演歌は全く聴かないのですが、八代亜紀のライブには心の底から驚きました。入手したいのですがこれって既に廃盤ですよね?

    bytaketo at2022-04-09 23:08

  2. taketoさん
    昨日はありがとうございました。

    オフ会の余韻が残っているうちに書きたかったので、越谷に戻ってきていつもの店のいつものカウンターに座って濃い目のハイボールを飲みながらママや常連さんとお喋りしながら書きました。
    途中から酔っ払い状態だったので繋がりの悪い文章でごめんなさい。

    持参音源は私のヘビロテでして、システムの違いやアプローチの違いで聞こえ方がどう変わるのかを勉強(経験)させてもらいました。
    オープンバッフルだとこんな聴こえ方がするんだ〜って、とても貴重な体験で、私のオーディオの知識の幅が広がりました。

    私のエロナーデは技術者から見るとセオリーから外れたサイドツィーターの採用と、バックウーファーによって音の指向性を拡げているため、結果的にはオープンバッフルのエッセンスを含んだ音場感を出しているのでしょう。
    同じ後方展開と相まってその辺りが共通点を感じる理由ですね。

    オーディオにとって「雰囲気が良く出てる」はとても重要な効果なのだという事が理解できました。
    私はエロがどうとか言いながらも真面目に論理的な手法でDIYをしている事が多いので、その路線と並行させて遊び心を持った+αの何かを足すことによってDIYだからこそ出来るCENYA独特の雰囲気を醸し出せるようにしたいです。

    byCENYA at2022-04-10 03:16

  3. CENYAさん

    相変わらず酒とバラと音の日々、活発に活動されておられますね。

    taketoさん宅のオーディオルームの雰囲気、オープンバッフル、おおいにそそられるものがありますね。クラシック(特に室内楽)もよく鳴りそうな印象で想像力が膨らんじゃいます。ぜひ、聴いてみたい。

    byベルウッド at2022-04-10 09:03

  4. ベルウッドさん、こんにちは。

    はい、昼間も夜も一生懸命です。笑

    >クラシック(特に室内楽)もよく鳴りそうな印象

    全くその通りで、大編成のクラシックの大ホールと言うよりも、ライブハウス、ジャズハウスの空気感を醸し出していますので小編成がどハマりだと思います。
    決して最新の音(高精細、小さい音像、立体定位)の感じではないのですが、オープンバッフルと相まってそれがかえって良い味になっているのか、ハッとする様なライブ感(臨場感)があって感心しますよ!

    byCENYA at2022-04-10 11:43

  5. ベルウッドさん、こんばんは。(CENYAさん、お借りします)
    興味を持って頂いて光栄です。ありがとうございます。
    早速カノンとアヴェマリアを私のシステムで聴いてみました。
    私が聴いたのが圧縮音源なので仕方がないのかもしれませんが、
    恐らくそれを差し引いたとしてもまだまだではないかと感じました。
    ロスレスを入手してみて、もう少し調整を加えて、上記のソースがそれなりに聴けると判断出来たら、お招きしたいです(それがベルウッドさんへの最低限の礼儀のように思えるので)。
    それまでお待ち頂けると幸いです。何卒宜しくお願いいたします。

    bytaketo at2022-04-10 21:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする