「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
CENYA
CENYA
小遣いは少ないけど、自分の理想の音を目指したい! だから、出来るだけ作ってしまおう。 だけど知識が無いのでその都度勉強。 改造、自作の妄想マニアです。 宜しくお願いします。

マイルーム

越谷ベース
越谷ベース
借家(マンション) / その他 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
越谷ベースは私の単身赴任の拠点です。 オーディオ実験室と居室を兼ねた男の隠れ家的な場所。 どなたも気軽に遊びに来てください!
所有製品
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • その他オーディオ関連機器
    I-O DATA RockDiskNext
  • AVアンプ
  • スピーカーシステム
    PENAUDIO CENYA

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

SFP-DACへの道⑥ SFPネットワークカードへGaN電源直接入力DIY

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年05月01日

トラポPCのPCIeに差している「SFPネットワークカード」に必要な電源はDC12VとDC3.3Vの二系統になります。

マザーボードのPCIeレーンから電源をもらっているのですが、今回はGaN-ATX電原ユニットからネットワークカードに直接ぶっ込んじゃえという乱暴なDIYの話になります。

PCI Express×1の電源コネクタ


A面とB面の12Vと3.3Vのパターンをカットして、
メインボードから電圧がかからないようにします。
基板上の一部の被膜を剥いではんだ付けができるようにします。


被膜を剥いだランドに配線を直接はんだ付けします。


配線をグルーガンで基板に固定して、ハンダ箇所に応力がかからない様にします。


SATA電源コネクタの取り付け完了!


PCに組み込みます。
GaN-ATX電源ユニットの『AX-1600i』から専用のSATA電源をSFPネットワークカードに接続します。



PCI Express×1の電源条件として
12V 〜0.5A
3.3V 〜3A
という供給制限がどうやらあるようなので(間違いの可能性あり)、
SFPネットワークカード側で電流が足りないぞー!と言う感じでアップアップするようなタイミングがあったとしたら、これは大きな改善になります。
GaN-ATX電源ユニットから良質な電流が余裕たっぷりにネットワークカードに送り込まれるわけですから、音に悪いはずがないと思います。

連休明けのオフ会を待ちきれずにDIYしてしまいました。笑


============================

ついでと言ってはなんですが、のびーさんから依頼を受けたので
私のPCのこだわりポイントを紹介します。

①CPUは『i5-9400F』
F型という特殊なタイプで、これはCPUの中にGPUを持っていないタイプになります。
通常のCPUは内部GPUが搭載されているのですが、あえてGPUが無いCPUであれば画像関係のオーディオに有害な動きが根本的に「無い」と言うことになります。
その代わりに外付けのグラフィックボード(GPU)が必要になります。

②外部電源のファンレスグラフィックボード

グラフィックボードにファンレス仕様を選ぶのは基本だとしても、電源がメインボード経由じゃなくて外部電源仕様のグラボだというのがこだわりポイントです。
外部電源が必要なグラボというのはある程度の処理能力がある高性能タイプになってくるのですが、それでいてファンレス仕様というのは世の中に存在が稀で、私が持っているグラボは「お宝」だと思っています。

③ストレージはNVMe接続M.2 SSD

SATAケーブルを使って接続するとケーブルの種類や構造とかに思い悩む必要があるので、メインボードに直差しのSSDです。

④PCケースの内側にアルミと銅シートで二重シールドを施しています。

写真は側板ですが、天井、床、正面等々可能な限り施しています。

⑤エアフローを考えてフルサイズのケース
念のためにケースファンを付けていますが、通常は回りません。

⑥GND強化のための銅の塊
メインボードとケースを留める(ケースにGNDする部分)部分から銅線で「接地された銅の塊」に落としています。
基準が揺らがない、土台が安定しているというのは何事においても基本かつ最需要事項かと思います。

⑦GaN ATX電源ユニット 『AX-1600i』
前回の日記で紹介

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. CENYAさん
    電源は 外部電源にした方が 良いし,グ゜ラボも当然 別なボード
    ,しかも 別電源。 これって オーディオ的に こだわって来ると
    当然の帰結?? 
    これ,今のところ チンプンカンプンで 何も 分からないけど,高所作業は 無さそうで 危なくないし, 頭,使うから ボケ防止には とても効果が あるように思いますね。 
    厚いアルミ板で ケースを作ったら 良いかも??とか 妄想してます。   スキーシーズン もうすぐ 終わりますから,遊びに行きたいので 教えてくださいね。
    とっても 楽しそう!!

    byX1おやじ at2022-05-02 13:40

  2. X1おやじさん、レスありがとうございます。

    >オーディオ的にこだわって来ると当然の帰結??
    私はその通りだと思います。
    今回はSFP(光ファイバー)ポートのDIYでしたが、これがRJ45(LANケーブル)ポートでも同じことができますし、私の予想ではオーディオ的な効果があると思われます。
    なんにせよ、音に対してとても重要なカード(基板)がメインボードから電源の供給を受けているという事がPCオーディオの足枷になっているのは間違い無いでしょう。
    その呪縛から解き放つ画期的かつ簡単なDIYの紹介でした。

    おー遊びに来てくださりますかあ!
    越谷に来られるときは車ですよね?
    と言うことは、、、
    帰りにその車に乗って私が新潟に行くというのが可能ですね。。。
    ふふふ…
    ※続きはメッセージで

    byCENYA at2022-05-02 15:16

  3. CENYAさん

    こんにちは。

    PCオーディオに絡んで当方もいろいろと実験その他をしてきましたが、拝見するにこれは遥かに徹底度(お馬鹿度? ホメ言葉です!)が超越した感じですね。流石と思います。

    スピーカーパートも含めて相当自作を楽しんでおられるようですが機会がございましたらアイデアや意見の交換などさせていただければ幸甚です。

    byゴンザエモン at2022-05-02 16:02

  4. ゴンザエモンさん、こんにちは。

    お馬鹿ですよね〜笑
    今回のは別電源化は、こんな事が出来たらいいなあというヒラメキと具体的な手法がほぼ同時に思い浮かんだ案件でした。
    しばらく前に思い付いてはいたのですが実行を躊躇していたのは、「これやって壊れんかな?」という心配があったのと、ATX電源がただのスイッチング電源だったから、電源のクリーン化も合わせて実行する必要があったためです。
    後者の憂いがGaN-ATXで解消されたので、前者の心配はありつつもやっちゃいました。笑

    ゴンザエモンさんとは何だかんだで会えていないのですよねー。
    私も会って話がしたいのでお盆までに機会を作りましょうね!
    そろそろ越谷で最後の年になりそうなので。。。

    byCENYA at2022-05-02 17:16

  5. CENYAさん

    例の如く遅レスですみません。
    日本の連休を利用して小旅行に出ておりました。

    「PCのことを教えて」という私のリクエストにお応え頂きありがとうございます。

    以前、ネットワークカードの外部電源を試したことがあります。やはりPCIeのバス経由より良かったです。
    ただ、私はJCATのカードで外部給電用のコネクタが既設されているものをちょこっと改造しただけだったのですが...

    他のこだわりも半端ないですね。CPUからすると第9世代のマザーボードでしょうか?

    第10世代のものは格段に良くなっています。また最新の12世代は一段の微細化が進んで不安定だったものが、そろそろ安定してきたと聞いています。電源も新しくなったし、12世代は如何でしょうか?自分も悩んでいるので、少し煽っております(笑)

    byのびー at2022-05-05 06:18

  6. のびーさん、こんばんは。

    >例の如く遅レスですみません。
    いえいえ、ちょうど音の変化を報告したいと思っていたところだったのでベストタイミングでした。

    のびーさんもJCATのカードを外部給電に改造したんですねー、
    音の変化はどうでした?
    今回のDIYで最も変わったのが中低音の厚みが増した事でした。
    なんでかはよくわからないのですが、低音はエネルギーが大きい(必要)ので電流を潤沢に供給する事によってエネルギー増し増しの低音になるのかと無理やり納得させました。
    デジタルデータに対して電力量で音が変わる???
    とは思いますが、結果としてはそうなんですよね。

    SFP化していくつもの向上があったのですが、音の薄さ(悪化)だけが気になっていたのですが、今回のDIYで払拭できた感じです。
    音の源流に潤沢な電力、重要だと実感したのでした。

    byCENYA at2022-05-05 22:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする