眠り猫
眠り猫
中学時代にクラシックにハマる ↓ 大学時代に偶然長岡鉄男氏の著作を読み、スピーカー自作にハマる ↓ 諸事情により一旦デスクトップオーディオに縮小 ↓ あまり音楽を聴かなくなり何年も経過 …

マイルーム

試行錯誤中
試行錯誤中
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
プレーヤー:PC+Foobar2000 DAC:Nuprime DAC-10 パワーアンプ:Nuprime ST-10 /Ming da ASC-82MNB 併用 スピーカー:Sonus fab…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

お気に入り製品

日記

一番デカいオーディオ機材(の導入準備)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月14日

スピーカーでもアンプでもルームチューニング材でもなく。
オーディオルームの話です。

Sonus Faber Elipsa使用のとき、和室の離れを専用部屋としていました。
天井が2.7mと高め、無垢板を贅沢に使い、壁は土壁、という造作の良い部屋だったためか意外と響きが良く、また適度に音が抜けてくれるので悪くなかったです。さすがに大きな音量だと音が飽和したり建具のビビりが出ますが、もともと大音量派ではない(たぶん)のも幸いしました。
とはいえ8畳ですので、Elipsaはギリギリ大丈夫だったのですが、入れ替えたStradivari Homageではかなり無理がある。大型スピーカーに対して絶対的なエアボリュームが足りないのはどうしようもありません。

そこで調整の結果(極めて長い長い話になるので割愛)、家族のグランドピアノと入れ替わり、専用部屋から所謂リビングオーディオへと移行しました。天井高が2.4mに下がるものの、広さは倍+@なので、空間体積は大幅増です。

しかしながら、いざリビングで鳴らしたところ、今度は「音量を下げてくれ」「こんな時間にそんな曲はやめてくれ」などなど、予想以上の抵抗に合ってしまいました。
あれ、おかしいな、相互不可侵条約を結びませんでしたっけ・・・?

なるほど、生活空間と趣味の両立はかくも難しく悩ましいものなのですね。
すいません、舐めてました。今更ながら、皆さまが切々と語っている「リビングオーディオの悲哀」を身をもって体感致しました。
聴きたいときに好きに聴けない。塩辛い涙の世界へようこそ。


さて、このままでは私も家族も双方にストレスが溜まってしまいます。
折しも、コロナの影響で在宅の日数が大幅に増えているという状況もありますので、この際、オーディオルーム兼お手軽シアター兼書斎を作ることにしました。

実はちょうど空いていて半ば物置としている部屋がありまして、ここに手を入れればそれなりに使えるはず、という算段です。
ただしきれいな形ではなく、方形をベースにそこからはみ出した部分や切込みが入っている形です。ちょっとわかりにくいですが、ステルス戦闘機B-2を太らせたようなイメージ。
仕事用の書斎と家族と楽しむシアター部屋としての要素を入れるため、ガチガチの防音室やオーディオ専用室、というより、ほどほどに外部からの騒音や中からの音漏れを防ぎつつ、あくまで居心地の良い部屋としての位置づけを優先して作ろうと思います。通常の部屋の延長、空間容積をなるべく確保、部屋全体はシンプルに落ち着いたトーンで、です。

ざっと作業をリストアップしてみたのですが、

床:既存撤去、下地補強、張り替え
壁:一部撤去、下地補修、全体クロス(or化粧材)張り替え
天井:既存撤去、張り替え
窓:2重サッシ化、遮光カーテン(orロールスクリーン)設置
配電:全体引き直し、家電用とオーディオ用分離、オーディオ用200V導入
照明、換気扇、ガス、水道:既存撤去/移動、新設

うーむ、意外と多いですね・・・。
幸い、躯体は重量鉄骨、配電盤は専用、居住空間とは切り離されているので手は入れやすいです。
それなりの広さ(22畳くらい?)があるので、時間とコストがかかりそうですが、ぼちぼちやっていきたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 眠り猫さん、こんにちは。
    楽しみですね、素晴らしい。

    私も最近は「結局は部屋だよなぁ。。」と思うようになってきました。
    特にスピーカーにはある程度の余裕を持ちながら鳴って欲しいのですが、今の住環境だと理想とは程遠い設置なので、時々スピーカーに申し訳なくなります。

    是非ともご満足の仕上がりになりますよう、今後もフォローさせて頂きます。

    byJoe Frazier at2021-02-14 14:13

  2. Joe Frazierさん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。

    >特にスピーカーにはある程度の余裕を持ちながら鳴って欲しい
    >時々スピーカーに申し訳なくなります。

    まさに仰る通りで、気に入って手に入れたものですので、やはり広めの空間で本来のポテンシャルを発揮して朗々と鳴ってほしいな、と。
    充分に鳴らせずに徒に時間が過ぎていくことに耐えられなくなってきましたので、アンプやDACもいろいろと検討していたのですが、まずは部屋に取り掛かることにしました。

    部屋づくりについては、様々な手法や考え方・実例が溢れかえっている中で、何をどう取捨選択するのか迷いつつも進んでみたいと思います。

    by眠り猫 at2021-02-14 18:30

  3. 眠り猫さん

     おめでとーございます。  空き部屋をちゃっちゃと改修すると思ったら 随分と本格&本気モードなのですね。

    眠りさんは そっち方面の方なの?  それは羨ましいです。 

    家(部屋)が出来て15年が経ちました。  当時、思い付く全てを投入して造った部屋ですが・・・ 今となっては あーもしたい、こーもしたい。と、不満が募るばかりです(笑)  まぁ- 其の不満は 下手の横好きDIYで改装が止まりません。  それも楽しいのですが・・・。

    ぜひぜひ 改装の内容を報告して下さい。  立派なお部屋が出来る事を祈っています。   眠りさんの頭の中には 既に完成が見えているのでしょうね。

    byアコスの住人 at2021-02-14 23:02

  4. アコスさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    まだ計画段階なのでおめでとうはちょっと早いかもです(笑)
    簡単な改装で済ませたいのは山々なのですが、元が事務所仕様の部屋でいろいろと使いにくい上に遮音がイマイチのため、本腰入れないと無理そうなのです。

    そっち方面かといえば…ほんの少しだけ。DIYの戦闘力はゼロで作業自体は全て外注です。
    ご自身でいろいろ楽しみながら変えられる皆さんは羨ましいです。

    by眠り猫 at2021-02-15 11:39

  5. 眠り猫さん、こんばんは。

    はじめまして。

    新しいオーディオルーム、楽しみですね。

    もし私が眠り猫さんの立場なら、22畳のお部屋を2つに分割しまして、12畳のオーディオルームと、10畳のシアタールームにします。

    その理由は、22畳だと床面積に対して、天井高が確保できないので、低域に深いディップができるからです。

    それよりも、12畳のお部屋を横長に使われた方が低域のディップが小さくなり、充実した低域が得られます。

    またシアタールームを別に設けることで、それぞれのお部屋を自由に使えると思います。

    とんでもない提案だとは思いますが、私ならそうしますので、ご容赦ください。

    素敵なオーディオルームの完成が楽しみですね!

    失礼いたしました。

    byKIMURA at2021-08-25 23:41

  6. KIMURAさん、はじめまして。
    コメントありがとうございます。
    うーむ、その方法は全く思い付かなかったです、なるほど。ベテランの方の発想は違いますね。

    ただ、今回の部屋造りの1つの目的として「映像をさらに大画面にしてみたい」というものがあります。
    根が単純な人間なので、大きいことはいいことだ、的な。
    現状100インチですが、スピーカーにかからない範囲での限界幅140〜150インチまで広げるのは、残念ながら部屋の分割と両立しないなぁと考えてます。

    もし結果がイマイチだった場合、分割という奥の手があるのは覚えておきます。ありがとうございます!

    by眠り猫 at2021-08-27 15:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする