nightwish_daisu
nightwish_daisu

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

「風立ちぬ」は是非センター1発で

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月05日

この日記は
fc2ブログ『〇紫の豚日記〇』さん 2015年06月06日 22:05投稿からの一部転載です
--------------------------------------------------

庵野「音の演出はモノラルが1番いい」『風立ちぬ』1.0ch「単品BD」&「作品集」

その51 ジブリからの挑戦状。「風立ちぬ」をDTS-HD MA1.0chで再生 - Stereo Sound ONLINE
 オーディオビジュアル面では、音声がDTS-HD Master Audio 1.0ch収録なのに注目すべきで、これはある意味挑戦的とも言えるでしょう(デフォルト音声はリニアPCM2chで、同一音声をL/Rに収録)。
 以前の取材時にジブリの試写室で「風立ちぬ」のオープニングを観せていただきました。セリフ・効果音・音楽が一ヵ所から再生されるのですから、制作時はかなりシビアな音作りが求められたことでしょう。

その52 目指すはジブリ視聴室。「風立ちぬ」1.0chを徹底検証 - Stereo Sound ONLINE
 「通常版」と「作品集」からそれぞれに「風立ちぬ」を(スタジオジブリの古城環さんに)観ていただきます。
 「風立ちぬ」制作時の様子をお聞きすると「モノーラルなので音量調整のみでサウンドデザインをしています。というよりそれ以外の手法がなかったのです」。また、「アナログ時代のモノと違い、現在のデジタル制作だと細かく調整できるのですが、ちょっと音量をいじいるだけで作品のイメージがガラリと変わってしまうので、通常のマルチチャンネル作品よりも気を遣いました」と話されていました。
 それと、BDのデフォルト音声がリニアPCM2ch(モノーラル収録)なのは、ジブリ作品はテレビで見る人が多いので、その点を考慮してあるとの事でした。
しかし「本作品は是非センター一発のモノフォニックで観ていただきたいです」と古城さんからコメントがありました。



~ 中略 ~

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 全記録全集
庵野:音を空間で演出するのは実に難しい。その分、面白いんですけど。
──そうですね。5.1chで完璧なサラウンドの時代以後は、切り返したときに音の定位をどうするかみたいなことも、常に問題になっているようですし。
庵野:やっぱり変だと思うんですよ。さっきまで右にいた音が切り返しに合わせてポンと左に移ると、「あれ?」と思う。じゃあ、音を右にしたままで画だけ切り替えると、やっぱり「あれ?」となりますね。自分が映像が作っている空間のどこにいるのかわからなくなってしまうんです。画面と音の一致を考えるなら、僕はモノラルが一番いいと思いますね。
--------------------------------------------------
転載ここまで
『〇紫の豚日記〇』さん、貴重な情報ありがとうございました m(_ _)m

確かに、NHKの音楽番組(昔のN響アワー)などでも
映像がパンしても音はそのままで
映像と音の不一致を感じることが多いです。

ただ、洋画。
スターウォーズ(StarWars)などは手が込んでいて
冒頭の天井から大型宇宙船が現れる様子に代表されるように
映像と音の一致を達成していると思うのですよね。

※私はスターウォーズ(StarWars)は映画館で観る感じです。
 音の定位を意識して鑑賞した事がないので映像と音の一致の上記感想は
 それを断定できるものではありませんが(^^;
 とはいえ人間は、位置情報 を 耳だけなく目も使って総合的に取得するらしい。
 映像があるとそっちの方に 優先的に定位する・・・映像優位な感覚 は
 私が常日頃に実感していることです。
 そのせいか?、センターが画面下にあっても全くキニナラナイです。
 私のテレビのスピーカーは横ではなく下部にありますが、これもキニナラナイ。
 画面に映し出される ヒトが ふつうに? 喋っているように聞こえます。
 映像 と 音が バラバラ には ならないです。
 本当は、 『音像』 と 『映像』 は 一致していないはずなのですけどね・・・
 人間の不思議です。 42型テレビの話ですよ(^^


■補足:
スタジオジブリの古城さんのコメント
「本作品は是非センター一発のモノフォニックで観ていただきたいです」とは
↑このような低音を捨てた小型センターを1発でという意味ではないはずです。
サブウーファーの支援が無いと 音が スカスカ に なってしまうでしょうからね。
単体で高音から低音までカバーできる、
メインスピーカーと成り得るスピーカーを 『1発』 使って欲しいという事でしょう。
※想像力が働かない人がいるので、面倒でもこんな分かり切った事を
 書かないといけない。 分からない人が居るから仕方がない。
※低音が心許ない場合はこの『1発』にサブウーファーを アドオン しても良いでしょう。

  ************************< 注意 >*************************
  このとき、メインに立派なスピーカーがあって、
  センターが 『小型』 の場合、小形のセンターにはお休み頂いて
  メインの立派なスピーカーを [リニアPCM2ch] で鳴らした方が良いでしょう。
  無理して [モノラル1ch] をセンターで鳴らす必要なし。
  それは 『 センターの有無 の 優劣 』 ではなく、
  単純に 『 スピーカー性能 の 優劣 』 をあらわしているという事を
  理解していない人が居そうで怖い。 混同してはいけません。
  ***********************************************************

移動が面倒だとかいう理由で、「風立ちぬ」を
左右2本のスピーカー配置のまま再生する場合は、
リニアPCM2chを再生するとよいでしょう。
これはTV用に用意されたものらしいので
気楽に再生するにはこれがイチバン。


■最後に、
言わないと分からない人も居るようなので、敢えて言っておきますと、
今回の 『風立ちぬ』 に 限りませんが CDらリニアPCM2ch には
センタースピーカー用の音声信号は入っていない ので、
センタースピーカーは 最初から 不要です。(センター1台しか無い場合を除く)
そこから必要だとか必要でないという議論を発生させるのは 頓珍漢。
そういう議論は、お話になりません。



2021/09/07追記:
昭和の後期に『3D方式』というものがあった。何の事はないステレオの低音だけを1本のウーハーで再生する今でいうサブウーハーに過ぎない。コレの評判は様々だったようだが、何がダメだったのかは・・・今では皆さんの周知の事実。 左右のチャンネルの低音は位相が同じではないので、合成したらダメなのだ。下手すると 音が打ち消し合って消えてしまう。 そんな事するくらいなら、右chに ”だけ” サブウーハーをアドオンする方が マシ というもの。 と、いうのは、昭和の時代にはなかった知見である。ちなみにセンターに完全に定位するヴォーカルは、左右で位相差が 0° なので、『3D方式』の失敗は、いわんや信号の合成は、コレ(ヴォーカル)に該当するものではない。左右で信号のカタチが違う低音と、左右で信号のカタチが同じヴォーカルとの違い。この二つの違いに気付かずに、同じであるかのように語る人が居たら、それは間違いだと教えてあげて下さい。
(位相が分からない人には、ここに何が書いてあるのか分からない。左右の位相差は リサージュで観察 できるので、テストCDでセンター定位を示す音声を観察してみることをオススメする。測定器は必要ない。無料ソフトWaveSpectraがあればいい。)
2chステレオ は 2chステレオで聴けばいい。新たな3つ目のスピーカーを持ってきて信号合成して再生させるなんて事は 『普通』 しない。

※テレビのニュースや、古い映画でモノラルかステレオしかない場合は、センターから音声(アナウンス/セリフ)が出た方が好ましい事があります。Auro:Maticの出番。

CDの2chステレオ は 2chステレオで聴けばいい。新たな3つ目のスピーカーを持ってきて信号合成して再生させるなんて事は 『普通』 しない。
そういう 『普通』 でない事をやる 『前提』 で 話を始めて、どういう訳か センタスピーカーを ”要らない” という人がいる。 左右の2ch再生、ファントムセンターで十分だという。  訳が分からない。  2chステレオ は 2chステレオで聴けばいい。そりゃあ センターは不要だろうさ。  2chステレオならね。  じゃあ5.1chはどうなるのか?  そりゃあ 『普通』 センターは必要だろうさ。 そこら辺の違いを、敢えて 避けて 話す人は ペテン師 と 言っていい。



2021/09/05追記:
上部のブログに記載があったように、モノラルにダウンミックスするのは
相当な困難が伴った事は想像に難くありません。音量レベルだけでなく
私が先日書きました「チャンネル数を減らすと・・・」にあったように
物理的に波の打ち消し合いが生じてしまうから。ダウンミックスしても
不自然に聞こえないようにするための苦労があったのではないかと想像します。
チャンネル数が多いと映像とのマッチングで苦労する、チャンネル数が少なくても
苦労する・・・。作品を作るというのは大変な苦労や困難を伴うものですね。
可能な範囲で制作者の意図に沿うような再生を(本件ではセンター1発)したいものです。
映画館に足を運ぶのがイチバン喜ばれる行動かもですけど(^^
最近のコロナな状況ではね(汗)




参考資料:

映像情報メディア学会誌 2001 年 55 巻 3 号 p. 455-462
『映像情報が音像の方向定位に与える影響について』
長谷川 光司, 高橋 一裕, 阿山 みよし, 春日 正男

一般社団法人 映像情報メディア学会 テレビジョン学会技術報告 12(1), 41-46, 1988
『大画面テレビにおける映像と音像定位のずれの許容値について : 画像表示 : 視覚情報 : 画像通信システム(<特集>視覚と画質)』
NHK放送技術研究所 小宮山 摂
.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 皆さんへ?

    センタースピーカーの [必要/不要] は 色々な要素が絡むので
    一概には決められません。状況により 解 が 異なります。

    ------------判断要素--------------
    ・視聴ソース(モノラル、ステレオ、5.1ch  etc)
    ・視聴環境(部屋の広さetc)
    ・左右のスピーカー距離
    ・メインスピーカーとセンタースピーカーの格差の有無
    ・画面の大きさ(テレビ/スクリーン)
    ・ユーザー趣向(画面上に定位が欲しいetc)
    ・予算
    ・etc
    ----------------------------------

    これを抜きにして話を始めると、
    単に 【センター不要派】 と 【センター必要派】 の2派に 
    Phile-webコミュニティを 分断した、混乱を招く事に繋がりかねません。

    ※私は ステレオ も 5.1chも 両方楽しむので中立の立場
    ※分断や混乱を起こしたい人が存在しないとも限りません,挑発に乗らない事

    挑発を受けたと感じた場合には、先ず事実関係(判断要素)を確認し、
    相手の意図を判断し、冷静な対応を心掛けましょう (^ー^)

    ひとつの例ですが、
    センタースピーカーを購入して喜んでいる人のところに出掛て行って
    『それ必要なんですか?』とか、デリカシーの無い質問はNGということで。
    出掛けずに自分の 日記の中で 完結しているのはセーフですが、
    あまりに過激な日記は無用な反発を生むだけです。
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-05 21:32

  2. nightさん、こんばんは。

    映像の支配力は強力で、微妙な定位情報など力づくで修正してしまいますね。

    雑談レベルの話なんですけど、昔から少し疑問に思っていることがあります。今回のnightさんの話にも少し繋がるんですけれど。

    映画は、その映像をとったカメラの視点とリンクした音が理想。とすれば、遠くの宇宙船の音像は小さく、近くの宇宙船の音像は大きいのが自然(もちろん宇宙で音がすることそのものは置いといて)。

    音楽も同じだと思うんですよね。近いものは大きく、遠いものは小さく。
    ポピュラー録音におけるボーカルの口とマイクの距離が極めて近いのは当たり前ですし、ポピュラーに限らずとも楽器に異様に近い距離にマイクがあることは、決して珍しくはない。

    これは、「距離の非常に近いものと前方以外の方向は十分に再現できない」という2chスピーカーオーディオの原理的欠陥を織り込んだ上でのレコーディング手法であり、それはまぁ仕方ないとは思います。

    しかし、それに加えて「音像が小さい方が正しい」というような風潮になっているのがどうにも腑に落ちないんですよね。

    ※ちなみに今まで聴いた一般的ハイファイスピーカーの中で、最もボーカルの口が大きいと感じたのはTANNOYのKINGDOM(オリジナルの18インチウーハー搭載のやつ)です。あれには驚きました。

    繰り返しますが雑談レベルですので。

    bytaketo at2021-09-05 22:57

  3. taketoさん こんばんは 雑談レベルおっけー

    音像が小さければ小さいほど良い・・・これは正しいようで、そうでもないようで・・・私はこれを 『音量』 と心得ています。

    音楽ソースにはそれぞれ独自の、最適な『音量』があるという考えです。トライアングルの音を再現するには、その程度の音量があれば良く、ボリュームを上げて部屋中にトライアングルが鳴り響くような大音量は甚だ間違いであると。

    システムと部屋の関係で、快適に聴ける音量というのは変わるので一様に〇dB SPLとは言えません。ただし、映画は別で確かどこかが75dB SPL だとか、適した音量が決まっていたような気がします。

    かけるレコードによって、最適な音量を すぅーっと合わせる
    これが ジャズ喫茶ベイシー の 主(あるじ)の 技(ワザ)だとも思います。
    行ったことないですけど(笑)
    音量はでかければよいというものではない・・・最適な音量、そして音量に伴う音像のサイズを調整するのは 主(あるじ)の 腕(うで)。誰かににボリュームノブを触れさせてはいけません。その再生を成功させるか否かは音量次第なのだから?

    てきとうな雑談でした (^^
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-05 23:13

  4. 「風立ちぬ」はモノラルなんですね。 ディズニーのhpで使用を見たら Blu-rayでは ①2.0chモノラル/リニアPCM ②1.0chモノラル/DTS-HDMA 共に日本語。 他の外国語は全てが1.0chD.Dですね。
    センタースピーカーを使ってる5.1ch以上のSP環境下でAVアンプをお使いなら①と②の違いは分かりますが 何で①が必要なんでしょうね? ②はTVの場合 音が出ないのだろうか?  どーでも良い事だが 2種の音声を収録させる意味と TVではどの様な処理をしているのか気に成った…。


    風変わりなソフトに シン・ゴジラの3.1chがある。  監督の意図は昭和のゴジラは多くがモノラル音声なので ソレへのオマージュとしたかった!との事である。 

    ところで皆さん、再生は「ストレート」派?  それとも色付け派でしょうかね?   私のAVアンプ遍歴は ヤマハに始まり ヤマハに戻ってきました(笑)  ヤマハは昔から「自家薬籠中の物」のモノであり 映画サラウンドをご家庭でも楽しモーと言う様に付加処理を付けたものと思っています。

    ヤマハ~→~ヤマハの間は あまりにも多い音場処理パターンにうんざり気味でした(*_*;  何を選ぶのがベストなのか 良く分からないし…。 (*_*)

    他のメーカーは基本ストレート再生ですね。 家庭用再生装置とはつゆ知らずに…。  そしてヤマハに戻って参りましたが 今度のヤマハはAIを搭載。  AIの前には「ドルビーサラウンド」が存在していて 過去最高の擬似サラウンド技術だ!と聴こえました(笑) そこにCINEMA-DSPを掛け合わせるヤマハは素晴らしく どー絡ませるのか? 3.1chや1.0chは実に面白そうですね。 

    私は忠実度より「楽しく!」がもっと-なので ゴジラもAI-onで見ています。  3.1chと言うストレート再生では ド-しても 面白味に掛けて…。  AIは流石で何一つ違和感は無い!! 

     まぁー スピーカーのチョイスからのセッティング、調整次第の結果だとは思いますがね ←自画自賛(笑)

    byアコスの住人 at2021-09-05 23:59

  5. アコスの住人さん レスありがとうございます

    ②は対応していないテレビの方が多そう。
    ②でセンターモノフォニック再生が一番のオススメらしい。。。
    ②を再生できないテレビも少なくない、というか殆んど再生できないかも?。そんなわけで初期設定はPCMなのだそうです。

    ①は古いテレビでも再生できるように・・・再生互換性から用意したものと考えればよいのかも。

    シンゴジラの3.1は、フロント3基で音を鳴らして迫力出したかったのかな???トーキーまで遡るかわかりませんが、昔の映画館はそういうのですよね。

    わたしも去年の12月からAVアンプのスタートですが・・・
    いまのところストレート派です。
    疑似サラウンドとはちょっと違うかもですが、Upmixerは重宝しています。テレビ番組、ニュースなんかをUpmixするとセンターが鳴ってくれるのでテレビっぽい鳴り方になります(^^。名前はDolbySurroundなので、最初意味がわからなくて混乱しました。(映画のDVDじゃないのにドルビーって何故?と)
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-06 06:25

  6. アコスの住人さん
    デジタルサラウンドはストレートダイレクトオンリーです。
    製作者の伝えたい音響がベストですからねヤマハはdts初搭載機A1だけでした。
    映画アナログサラウンドはストレートでの再生は無かったです。
    映画の2chステレオはドルビープロロジックで左右chに振り分けたセンターchを取り出して再生しますのでアナログサラウンドは本来のフロント3chサラウンド1chで再生していました。まぁエフェクトをかけないのでストレートですかね?
    現在はVHSもレーザーディスクも処分してありません(笑)

    byHD105cinema at2021-09-06 19:55

  7. nightさん

    『ようこそ映画音響の世界へ』を観たので、生半可な知識での感想です。

    「風立ちぬ」や「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」は単に予算が低くて、予算を音声に回せなかったからモノラルにしたのかも?と思いました。それはそれで、総合判断として納得します。

    その理由として、『ようこそ映画音響の世界へ』の中で音の職人が語たる一幕。

    「時間が必要だったけど、スタジオは理解しなかった」
    「作業中のある日 重役が会いに来て、解雇を言い渡された」
    「"音は重要じゃない"って」
    「でも数ヵ月後 オスカー候補になった」
    「重役から花が届いたわ」
    「音が重要だった というメモ入りよ」

    ビジネス判断としては納得しますよね。

    その部分の短いYouTubeです。
    https://eiga.com/movie/93445/video/

    byヒジヤン at2021-09-07 13:17

  8. 風立ちぬ

    こう Google検索欄に 打ち込みますと・・・

    風立ぬ 気持 悪い



    このように候補が現れます。
    つもり、それだけ「風立ちぬ」を気持ち悪いと感じている人々。その数が圧倒的に多く多数いらっしゃる。何が気持ち悪いかというと 『効果音』 が気持ち悪いのだといます。人のクチ、くちゅちゅ?みたいな?のを多用しているようなのですね。不快感が凄いようです。観てからの評判も決して良いものばかりではないです。※私は観た事ないです。「風立ちぬ」を観たいとも全く思わない。

    ヒジヤンさん こんにちは
    挨拶が逆になりましてスミマセン。

    そんな訳で、モノラルが凄いかというと『別に』です。チャップリンはモノラルだったでしょう。だから駄目という事はないです。『多様性』 の ひとつ。

     予算についてはエヴァンゲリオンは最初まるでオカネがなくて、テレビ版は書きな殴りの文字を画面に出すだけだったり。でも逆にそれが新鮮でそういう演出なのだと思わせたようです。
     お金をかければ良いものができるとも限らないので、自分としてはアニメに5.1chはそれほど望みません。鬼滅の刃 blurayでは鬼の首が自分のまわりを一周して飛んで行きましたが、そんな 『遊園地』 のような演出は別に要らなかったといえば要らなかったです。しかしその部分以外の音響演出は良かったです。
    作者の意図を音響に反映できる技術陣の技量、自分の意図を音響に反映できる作者の技量、両方が揃う事は隕石に当たって死ぬくらいの低い確率かもしれません。それが、スターウォーズ(StarWars)、まさに 『革命』 であったわけですよね。


    話を戻して、「風立ちぬ」がモノラルだったこと。
    これの 『解釈』 を間違うと大変な事になります。

    ------------------------------------------

    「風立ちぬ」はモノラルでも立派にやった
    評論家も褒めている

     ↓↓↓

    本来、映画はモノラルで十分だった

     ↓↓↓

    5.1chなど不要
    金田式DCアンプの2chで事足りる

    ------------------------------------------
    このような ロジックを辿る
    危険性があります。

    bynightwish_daisu at2021-09-07 15:00

  9. モノラルでも良いものが作れるからモノラルでいい。
    そんなのは他チャンネル再生に後ろ向きな人間の 『詭弁』 です。
    スターウォーズ(StarWars)の音響再現になると、途端に話を逸らす人びと。スターウォーズ(StarWars)を製作者の意図に沿って再生できない人は、その認知の不協和を「モノラルでも十分だ」という事で以って解消しようと、試みているように見えます。
    < 「モノラルで十分だ」 これは、認知的不協和理論を元に書きました。 ネットで勉強。 http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/deai/012ninchi.htmlを参照>

    ■不協和解消の別の例:
    1000万円のオーディオシスムは良い音が出そうだ。だけれど買えない・・・という不協和が発生する。私はオーディオマニアではないのだと自分に言い聞かせて納得させる。※私のことです


    脱線しました。


    昔の SPレコード を 好む人も居ます。
    趣味として SPレコード収集も素晴らしいものです。

    その時代にはその時代の良さがあるとも思います。
    ステレオ黎明期が・・・とか言い始める人に限って、大抵の場合その後の、平成の時代、令和の時代、へと、話が続きません。

    昭和で ストップ です。

    サイレント映画の時代から話が始まる・・・・
    『ようこそ映画音響の世界へ』を知った後だと、
    そんな事が気になるようになります。
    で、その昭和の次は? と。

    日々、レコードを愉しむような生活をしていると、オーディオの世界なんぞ数十年 時(とき)が止まったように見えるかもしれませんが、映像音響とそれを再生する機器の進歩は実に凄まじい。

    評論家っぽい人が、それっぽい事を書いていると、それっぽく見えてしまいますが、言っている事の 『根拠』 は何か、一方でそれは 『事実』 か? それは個人の妄想、ファンタジーではないのか?、情報の本質を見抜く力が必要な昨今です。
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-07 20:17

  10. なんとなく独り言。

    〉レコードはモノラル盤に、モノラル針が至上!!
    〉一本しか溝がないのにステレオだなんて気持ち悪い。
    〉音場なんか知ったことか! 大切なのは音質だ!

    こんな人物が居たら面白い。確かに1chだけ鳴らして音が良くなかったら2chにしたところで『音質』のレベルは変わらないだろうと思うから。

    ひたすら定位ばかりを追いかけていると、いつの間にか大事な『幹』の部分。『音質』リアリティを忘れてしまいそうになりゃしないか?と思う事がふとあります。

    三角形の頂点部分に陣取らなくても、ステレオ装置がイイ音出してくれていれば『音質』はイイはずなんですよね。
    定位は面白いけれど、今日は別に定位なんてどうでもいいかも?なんて思った日でした。
    (とか何とか言って、私は頂点部分に陣取る訳なんで、信じたりしないようにご注意下さい。)
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-07 20:45

  11. nightさん、こんばんは。雑談レス有難うございます。音像の大きさは音量が姿を変えたものと解釈されますか。なるほど面白い見方と思います。オーディオの良いところって実物と関係なく自分の好きな音量で聞けたりするところですよね。菅原さんの音量ってどんな感じなのかちょっと気になります。
    ところでnightさんが自身をオーディオマニアではないと連呼されるのは、完璧な音を望む自己の欲求をはぐらかすためと理解しました。隠しきれない熱狂度がある限りは、どうみてもマニアだと思いますけど。

    bytaketo at2021-09-07 22:12

  12. taketさん こんにちは (蛇足を削って再々投稿)

    はい、何かしらのマニアだとは自分でも思います。電気とか電子工作的な趣味がしたいのですが時間的な制約と自分の能力不足でなかなか出来ないでいます。

    私は完璧な音を求めているわけではないです。完璧な、ではなくて、実現できるかな?と思われる程度の良い音のイメージがあります。そのイメージに近付ける感じです。ただ、日々その音を目指して鍛錬しているのかというと・・・まるでそんな事は無く。現状に  ほぼ 満足しているような自分がいます。その点では、マニアとはとても言えないです。marantz NR1711という普及価格帯のAVアンプを、180~200Hzより上の帯域で(クロスオーバーで)使う事でも結構満足してしまっています。

    やっぱり私はライトユーザーでした(^^
    .

    bynightwish_daisu at2021-09-14 20:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする