「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
nightwish_daisu
nightwish_daisu

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

妄想と現実は分けて書いているそうですが裏付けは有るのですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年11月23日

今日は先日の日記、
テクニカルブレーン、電研精機研究所、ノイズカットトランスについて
の、続編です。

mixiユーザー(id:19197166)さんから、表題の通りのお問い合わせがありました。
私がテクニカルブレーンさんを事実無根の事で中傷しているというのです。
簡単に言えば、nightwish_daisuが日記で挙げている事項について
「裏付けは有るのですか?」とのご質問です。

私の解釈に間違いがあってはいけませんのでオリジナルの
お問い合わせ日記を提示しておきます。
*******************************************************************
妄想と現実は分けて書いているそうですが裏付けは有るのですか?
https://open.mixi.jp/user/19197166/diary/1980858580
*******************************************************************

ただ、このお問い合わせにはある勘違いがあるようでして、
「裏付けは有るのですか?」と問われている事項は
私の想像、予想、妄想 に あたる部分です。
残念ながら、応えられません(>_<)!!

要するに、
たぶん こーなんじゃ ないかな??? みたいな? 所をいわれている。
断定している事について、証拠や裏付けを求められるのは理解できますが
たぶん こうかも? 的な 想像に対して裏付けを求められても困ってしまいます。

むかしを振り返ると・・・
私の書く内容は 誤解を受ける事 が 多々あるので、特に驚きません。
私は子供の頃、国語とか社会の成績悪かったですし・・・
まぁそういう事です。悪意はありません。
ひとえに私の国語の能力不足です。 m(_ _)m

それでも 当方の日記が 『中傷』 だ
と、捉えられるのは まったくの 想定外 でしたけれど、
テクニカルブレーンさんは私の日記を見ても憤慨する事はないと思います。
※例えば↑これは妄想ですね。事実ではありません。

テクニカルブレーンさんは「データ」を大事にする会社さんです。
違うなら、”何がどのように違うのか”データ を 示してくれるはず。
お問い合わせの方が、 『別物だ』 と する場合は
”何が” ”どのように” 違うのか  『裏付け』 が 欲しいところではあります。

これは、『別物だ』 と 断定される方の 説明責任 です。
(型番が異なる、外観が異なる事は誰の目にも明らかなので、テクニカルブレーンさんの施した改良点ならびに音質の違いを指し示して欲しい。)

この 説明責任 は、そんなに身構えて難しく考える必要はありません。

テクニカルブレーンさんが手を加えたトランスと、
手を加える前のオリジナルの電研精機研究所のトランス(同形式)を
比較試聴して、どうだったのか? 感想を述べるだけでいいのです。
主観で結構なのです。自分が、『別物だ!』と 比較から 感じたのなら
それは、自分だけの 『事実』 に 相違ないから。
なにも 人を集めて、ブラインドテストをしろというのではありません。主観で十分です。
※同形式・同容量が大事。
現行製品NCT-I1の例では、容量によってコア材が違う事があるので、形式を合わせただけでは同列に比較できません。
具体的に、テクニカルブレーンTB-3002と比較するならば、見た目と容量から、電研精機研究所 NCT-F3 3kVA が 妥当と思われます。
どのような方法であれ、二つを比較した 『結果』 から 「別物である」 との 結論を導き出して頂ければOK(^ー^。 『別物だ』とする根拠の説明に必要なものは 『結果』『事実』 であって、そこに 思い込み・想像、期待・夢想は、NGです。


比較試聴 の 結果報告だけ でなく、
下記のような セールスポイント が あれば ”尚良い” です。
--------------------------------------------------------------
●多少ノイズカット性能は落ちるが音質の良いコア材を採用したとか、
●引き出し線にはクライオ処理を施したとか、
●巻き線にACROTEC社製6N線を採用したとか、
●内部端子台にはチタン製ネジを採用したとか、
●試聴を重ねて明工社にオリジナルコンセントを特注したとか・・・。
--------------------------------------------------------------
やられているなら
StereoSound の 広告に 出しそうなものですが(^^;
そのような ご存知の事実 を 幾つかでも ご教示頂ければ、拙日記にて紹介しましょう(^^♪
わたしも 別物である 物理的な 証拠 を 見たいです。
わたしの想像が 「完全に間違いなので」 と 完全否定される訳なので、間違いであることを示す 客観的事実 の 提示を求めたい。


それはともかくとして、
Phile-webで、 私が 書いているのは殆んど妄想です。
その一方で私の想像内容が「完全に間違いなので」と反論するからには問い合わせの御方は正解をご存知のはず。 ご存知でなければ オカシイ。

わたしは 『事実』を 提示できる場合は、
「写真」 や 「測定」を 紹介するようにしています。
お問い合わせの方も 是非 そうして欲しい。
出し惜しみは無しの方向で。

本件に関しまして、
当方から事実として挙げられる事は トランスの ”見た目” だけ。
以下二つの オークション出品物を見てみましょう。 aucfan です。
https://aucfree.com/items/f419107739
https://aucfree.com/items/e267147584
青いのが、テクニカルブレーン社「TB-3002」。 白いのが、電研精機研究所「NCT-F3」。
色が違う事とコンセントの並び方が違う事が分かります。
価格は?というと、ネット上には確かな情報がなくて曖昧ですが、テクニカルブレーンの方がやや高価であるものの、近年見られるようなインフレーションといいますか、数倍もの価格の乖離は無かったように記憶しています。

過去製品と比較して1/2以下という恐ろしいコスパが魅力のNCT-I。
写真のNCT-Iは安さに極振りですから、ノイズカット性能はNCT-Fや、テクニカルブレーン社TB-1000らに比べて劣るのは仕方がない。まぁ、音質はノイズカット性能が高ければ高いほど良いというものでもないのでバランスが大事。


【追記】参考までに、見つけた価格情報。  ※消費税5%の時代(笑)
------------------------------------------------------------------
ncaさんはじめまして。
電研精機の商品は業務用のトランスですので,注文台数によっても値段が変わります。
1~9台までのF3,F4型ですと,以下の値段になります。

1k 109,000
2k 146,000
3k 185,000
5k 246,000

税抜き価格なので+5%消費税が加算されます。
自宅視聴も可能なので,一度音を聴いてから購入することをお勧めします。
オーディオ用製品ではないため入出力ケーブルは自作する必要があるので注意してください。

------------------------------------------------------------------
季刊 StereoSound 1999年秋 No.132号 の 広告 に よれば、
1k の TB-1000 は ¥198,000
3k の TB-3002 は ¥335,000 キャスター付き
5k の TB-5002 は ¥555,000 キャスター無し
なので、自分の記憶より結構な価格差がありました。ざっと 2倍 。
1999年は消費税何%だったっけ?
追記ここまで


これ(写真)が、事実として分かる事。
それ以外の事は 私の 想像(妄想) です。
蓋が大音量再生時に共振して鳴く?ことの対策すら、
実施されているかどうか定かではありません。不明です。

ただ、
「オーディオに関係者ならば、当然、蓋を真っ先に対策するだろうな?」
という予想を述べたのです。
対策されていたのかどうかは 定かでありません。不明です。


テクニカルブレーン、電研精機研究所、ノイズカットトランスについて
を、もう一度読んでもらえると
「事実」の Partと 「想像」の Partの ”描き分け”が 見える と思うのですが
読まれる人によっては、分からないのかもしれません。
人に伝わる文章を書くのは難しいです。苦手です(^^;


くどくどした 状況説明は これくらいにして、
今度のテクニカルブレーンのノイズカットトランスは唸り音が抑えられて、静からしいです。近日登場?
オリジナルに比較して最大-〇〇dB抑えられた!!と
スペックも出てくるかもしれません。裏付けが大事です。
オカルトな製品も跋扈する中で、データの裏付けはとっても大事な事です。
唸らないトランスが完成すれば革命的。唸りが小さく抑えらて音質も損なわないならば、まさに 『別物』 と 大手を振るって言える事でしょう。唸りを小さく抑える事と音質とがトレードオフの関係で無いことを祈ります(。-人-。)


【追記】
珍しいデザインのテクニカルブレーンTB-3001をヤフオクで見ました。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g1019556539
初期型でしょうか?テクニカルブレーンのロゴが控えめです。
追記ここまで
.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. また反応があったのですね。
    mixi日記で、nightさんが「批判されている」として、日記を書かれたときのことです。

    通勤快速さんのmixiでの「テクニカルブレーン、電研精機研究所、ノイズカットトランスについて」の日記を最初に見たときは、150view程度でした。

    それが、今は600 view超えです。
    そのmixi日記のコメント欄にある、ゴルゴ平蔵という人の"当コミュの人への誹謗日記"もすごい閲覧数になっていました。

    ◇きっと驚かれたんでしょうね。

    唸り音は、nightさんも以前に書かれていたとおりに、「磁束密度」を落とせば下がりますね。

    例えば、「115V用のトランスを100Vで使う」など

    たいした工夫ではありませんね。
    nightさん提案の、「200V/200V用のトランスを100V/100Vで使う」方が、うなり激減でしょうね。

    ◆ご提案どおり、比較試聴に1票入れます!

    byヒジヤン at2021-11-23 22:22

  2. ヒジヤンさん レスありがとうございます (価格の認識に誤りがあったので修正再投稿)

    ヒジヤンさんも私も、お互い、電研精機研究所に
    『特注』 を依頼した経験がある訳ですけれど、価格は
    2倍や3倍という価格にはなりません。良心的な価格です。

    単純比較はできませんが、
    テクニカルブレーンから販売していたノイズカットトランスもまた
    電研精機研究所から直接購入する場合と比較して極端に高価なイメージはありませんでした。(記事中に、価格情報を追記しました。)
    ※現在はテクニカルブレーンも電研精機研究所の方も外見がNCT-F型のモデルはディスコン(製造中止)で比較できず

    かつて、ESOTERIC が 6N銅線で絶縁トランスを作って販売していた事があります。PS-1500です。更に線材に拘った『PS-1500 MEXCEL』に至っては価格¥900,000(税抜き)というものでした。恐ろしい事にPhile-webコミュニティにはユーザーが居らしたような・・・。MEXCELじゃない方だったかもですけどウロ覚え。
    そういう例をみると・・・・ まだ良心的な 価格であります テクニカルブレーンの それは、電研精機研究所の価格をみれば、 大改造までは されていないだろうな? という 『予想』 が ある程度可能です。

    NCT-Fシリーズの蓋が(大音量再生時に?共振して?)鳴くというのは、コミュニティでも複数の人から報告されている通りでして、オーディオ向けとして販売するなら、最初に対策するのはそういう小技的なところかな? っと 『想像』 した訳なのでした。 あくまでも 予想 というか 想像 です。

    メーカーを 『信用』 『信頼』 するのも良いですが
    本当に別物なのかどうかどうなのか 『自分の手を動かして』
    あるいは 『自分の耳で』 試して欲しいものです。
    それ、本当に別物ですか?

    あれこれ ウンチク ばかり では 「音楽を聴いているのか」
    「情報を利いているのか」分からなくなります。
    .

    bynightwish_daisu at2021-11-24 01:45

  3. 補足です。

    >「200V/200V用のトランスを100V/100Vで使う」方が、うなり激減でしょうね。

    これについては私の感覚的には 『半減』 です。

    拙宅では、marantz のユニバーサルプレーヤー UD7006 を負荷として繋ぐと200V仕様トランスでも小さく唸ります。1mくらい離れれば聞こえませんが、無音を期待していただけに驚きでした。この UD7006 に対しての効果が 『半減』。これは消費電力の問題ではありません。

    100Wの裸電球の点灯では 200V仕様トランスは 立派に 『無音』 でしたから。。。
    対策が有効かどうかは、唸りの原因によるという事ですね。
    負荷量とともに上昇する一般的な唸りに対しては非常に有効だと思っています。

    ただ、世間で有名な電気カーペット類が原因の唸りに対しての有効性は未知数です。

    Fa-Ubonでは
    NCT-I1 240V/240V 500VA が ¥45,210(税込み)です。
    400V/100V品も販売リスト上にあるのでお願いしたら
    400V/400V仕様も作ってくれるかも(^^
    https://fa-ubon.jp/product/search?fType=2&fKeyword=NCT-I1+400V
    .

    bynightwish_daisu at2021-11-24 02:30

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする