nightwish_daisu
nightwish_daisu

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

コンセント の 逆相 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年12月10日

最近の一般家庭への電気の引き込みは、「単相3線式」というものです。
注:私は電気を習った事がない素人です。資格もありません。
   私の書く情報を鵜呑みにされないようにご注意下さい。

[赤] - [白] - [黒]  です。 道路から よく 見かけますね。

[赤]-[白] 100V は L1 と言います

[黒]-[白] 100V は L2 と言います

[赤]-[黒] 200V は 200Vです

中部電力:配電のしくみ より
「架空配電」

宅内はどうなっているでしょうか?
Panasonic の PLCアダプタ(電線を通信に使う奴)情報より
単相三線式100V概念図


拙宅ではどうなっているかというと・・・ 拙宅の場合は↓
気を付けるべきは、先のPanasonicの図で示されている通り、
L1コンセント と L2コンセント との対比では 位相は 反対なのです。
しかも、引き込み線はL1が「赤」なので色を見て見分け可能ですが、
宅内配線は全て?「白」「黒」なので、線 の 色 での 識別は不可能になります。

コンセントの穴の大きい方は、線の色は白色で
接地側だというのは何処のコンセントも同じなのですが・・・
L1 と L2 では 位相が反対向き。


仕方がないので、テスターとブレーカーのON/OFFを繰り返して
拙宅のブレーカーと部屋の中のコンセントの対応を調べてみると・・・
こんな感じ。※三菱地所さんから拝借の画像にL1/L2追記したものです

L1 を 正相とした場合 L2は逆相です。
L2 を 正相とした場合 L1は逆相です。
(何を基準にするかで違います)

というわけで、オーディオシステム が L1ならば
L2のコンセントに ノイズカットトランス NCT-Iを挿せば
NCT-I の 2次側の 位相は L1とおなじ・・・
すなわち、オーディオシステムと同じになります。

※L2は逆、NCT-Iも逆、逆の逆は正となる


---------------------------------------------------------------------
200V と 100V の混在環境では・・・

オーディオの100VがL1(赤)系統なら、赤をHOT扱いの200Vに。 逆に、
オーディオの100VがL2(黒)系統なら、黒をHOT扱いの200Vに。

※200Vは両方HOTだという突っ込みは置いといて、
 私が伝えたい事を汲み取って下さいませ。
---------------------------------------------------------------------


※上図はアイーデータさんのPLCアダプタ情報から100V宅内引込の様子画像の左側の電柱などを描き替えたものです(位相を示したい意図での描き替え)


L1/L2のお話は、かないまるさんの解説が分かりやすいです。
http://kanaimaru.com/NWA840/015.htm

90年代は、パワーアンプとその他のオーディオ機器、
あるいは、デジタル機器とアナログ機器は別々のコンセントから電源を採るべき
という論調が一部にありましたが、L1 と L2 それぞれから
オーディオシステムに電源供給すると、音質はヨロシクナイようです。
テーブルタップからまとめて給電した方がマシ。
.

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. かないまる教の教えの由来ですね。素人向けには、わかりやすい教えですよね。

    さて、ココに書き込むことではないのですが、mixiでもトランスはどれも同じ機能と思われている方が多いようです。

    自分も以前はどれも同じようなものと思っていたので、普通のことですね。

    ①絶縁トランス・・・基本的にノイズは通してしまう

    ②シールドトランス・・・殆どのノイズは通してしまう

    ③障害波遮断変圧器・・・コモンモードノイズの多くを遮断する
            10KHz以上のノーマルモードのノイズを低減する

    ◆技術に長けているnightさんに、1次側と2次側が見た目でアイソレートされていても、ノイズはアイソレートされない技術的な解説日記を要望します。

    ◆普通のアイソレーション・トランスは変圧の機能はあるが、変圧しないのならマイナス影響のほうが多い懸念がある。

    どうも、過去に普通のアイソレーション・トランスを試した時に「音が詰まる」ような経験の印象から敬遠されているようです。

    負の遺産を抱えているので、払拭するのは大変ですが「悪しき言い伝え」は遮断しておく必要がありそうです。

    byヒジヤン at2021-12-11 11:56

  2. ヒジヤンさん こんにちは

    >普通のアイソレーション・トランスは変圧の機能はあるが、
    >変圧しないのならマイナス影響のほうが多い懸念がある。

    プロケーブル では スター電機 の 絶縁トランスを推していて、
    Youtuberのアンソニーさんも絶賛?して、売れ行き好調だったのが
    今年の一つのトピックスなので、変圧しなくても
    マイナス要因が大きいという事もないのかな?と、
    世間の評判をみていて思います。

    ハイエンダー層とはユーザー層が違うので何ともですけど。

    電気カーペットなど、商用電源にDC成分をぶち込む極悪な環境下ではアンプなど オーディオ機器に 内蔵の 電源トランス が 唸ります。ということは振動します。ということは音質が劣化します。

    そのような環境下に、ただの絶縁トランスを挟むと、絶縁トランスがDC成分をブロックしてくれるので、絶縁トランスは唸りますが、オーディオ機器 に 内蔵の 電源トランスは 唸らなくなります。 振動が減れば音質は改善します。
    絶縁トランスが身代わりに唸ってくれる感じですね。
    (トランスは原理的にDC(直流)を伝送できない)

    このように、ノイズというよりも、振動という観点から
    オーディオに対して普通の絶縁トランス(アイソレーショントランス)が
    オーディオに有効なケースが多いのかと思っています。
    これからの季節は更に ですね(^^



    絶縁トランスが、ノイズをスルーしてしまう状況は、
    コンセントのノイズを例の安価なノイズ測定器で観察しておいて、
    絶縁トランスの2次側に iFi AC iPurifierを接続したならば
    簡単に確認できそうです。
    ノイズカットトランスの2次側に iFi AC iPurifier を接続してもコンセントのノイズ測定器は完全に沈黙していますが・・・、絶縁トランスだとそうはいかないだろうと予想しています。
    .

    bynightwish_daisu at2021-12-11 12:30

  3. nightさん

    確かにちょっと言いすぎでした。
    ①絶縁トランスでも、②シールドトランスでも、低周波のコモンモードノイズは遮断しますから、音へのよい効果も出るでしょうね。

    ご推測の通り、mixiでトランスのよくなかった話しが出ているのは、ハイエンダーの方々です。くされももんが邸の日記を見て、「オーディオ達人」の方が「自分もやってみようかな?」と発言したら、次々に「トランスは・・・」の意見が出ました。

    内容を見ると、「過去のよくなかった体験話でした」
    ですが、その中にも「テクニカルブレーンのトランスだけはよかった」との意見もありました。

    nightさんの情報から、
    「テクニカルブレーンのトランスは電研トランスを何かオーディオ用にした?」ものですよ、とコメントしておきました。

    ◆いづれにしても、オーディオ用へのトランスの使いこなしは、まだまだ情報不足のようです。間違った情報も横行していますので、始末に負えないです。

    byヒジヤン at2021-12-11 12:54