izumi
izumi
東京・浅草で小さなカフェを営んでいます。 西側に大きな窓があり、公園が見渡せます。 春は桜が咲き、夏は新緑が深い緑に、 秋は赤や黄色の紅葉を眺め、冬は葉を落とした枝と 澄んだ青空が、常に季節を…

マイルーム

ほぼモノラル再生です
ほぼモノラル再生です
持ち家(戸建) / その他 / その他 / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
初めてオーディオ機器を購入したのがプリメインアンプのTechnics50A(1969年頃) 以来ですから、キャリアだけは長いのですが、万年初心者を自負しています。 ときおり基本事項以前の質問を上げ…
所有製品
  • プリアンプ
    JEFF ROWLAND Capri S
  • DAコンバーター
  • スピーカーシステム
    JBL 4343B

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

日記

Windows Server2012で聴くPrimeseat

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月19日

最近IIJが提供しているストリーミング番組<Primeseat>が聴きたくなりました。
国内音源のほかベルリン・フィルなどもDSD11.2MHzで配信されるようです。

ストリーミング再生ですよね。うちの再生ソフトはJPLAYのDUALモードなので
そのままでは対応していません。しかし以前MFさんにご教授いただいた
<AsioBridge>を使えば再生できそうです。
さっそくAsioBridgeをダウンロードしてインストール。asiobridge起動後に試しに
AmazonPrimeMusicを再生してみると・・・。
<おー、良い音だ!>Jplayで聞くAmazonPrimeMusicはなかなか良い音です。
こんなに良い音だっけ?Jplayのせいかな?この時点でDacLink700 Pc buffer 0.01
です。

気を良くしてPrimeseatのアプリをダウンロードします。解凍してインストール。
デスクトップ画面に<Primeseat>のアイコンが出来ました。
期待を込めて起動しようとすると・・・・
<mfcplant.dllがありません。再起動、または再インストールしてください>
????・・・・・。
再起動しても、Primeseat 再インストールしてもメッセージは同じ。
ふん、dllファイルね。なきゃあ、落とせばいいんでしょう?
WindowsなんかXPしか知らない私は、早速ダウンロード先を探し始めるも・・・?
見当たらない。それらしい更新ファイルを落として組み込んでも効果なし。
でまた、その更新ファイル削除したりして・・・(OSの中が汚れちまう)
なかには呪文のように長いコマンドをコマンドラインから打ち込んでみても
<デスクトップエクスペリエンスの準備が出来ていません>と断られる。

ここらで分かる人はわかる。サーバーやってる人ならみんな最初から知ってる。
知らぬは私だけ?・・・だったかもしれないけど、まあ、そういうことでした。
そもそもサーバーソフトですから、音楽再生機能などは不要なので最初は組み込んでいないわけですね。必要ならと後から組み込め、と。
DLLファイルのダウンロードなど不要でサーバーマネージャーから組み込みます。
サーバーマネージャー ⇒ 管理 ⇒ 役割と機能の追加 ⇒ 役割ベースまたは機能ベースのインストール ⇒ サーバープールからサーバーを選択(自分の)⇒機能⇒ ユーザーインターフェイスとインフラストラクチャ ⇒ 
デスクトップエクスペリエンスにチェック ⇒ 機能の追加ボタン ⇒ 次へ ⇒
サーバーを自動的に再起動するにチェック ⇒ インストールボタン
これでインストール後パソコンは再起動。

再度Primeseatのアイコンをクリックすると
おー、無事に起動した。
Asiobridgeを起動させて、Primeseatの無料サンプルとか聴いてみる。
おー、良いじゃないですか。
SREREO SOUNDのDSD音源11.2MHzなどを聴いてみても、音飛びもなく再生する。
(最初に無料の、しかもDSD11.2MHzを選ぶあたりに、心の卑しさを感じるけど、今さら仕方ない)
素晴らしい!ファイル解凍が無いから?
そもそも我がJplay DualではDSD5.6以上、PCMでも192になると音飛びしたり、再生不可だったりする。
コントロールPCもオーデイオPCもファンレスのCeleronが基盤直付けのものだ。
だからDSD5.6 DSD11.2 などを再生しようとすると
<すんませんが、あたしらTDP6Wしかねえ、しがねえセレロンでござんす。とってもじゃねえが、この仕事、荷が重すぎやす>
と言って再生不能だったり、音飛びを起こしたりする。
もっともこれはDacLink700の時の話で、350に落とせば素直に再生できるのだが、その音ではね、ちょっと満足できないんだよ。たぶんJPLAYのDaclink700 PCbuffer 0.01の音が好きなんだと思う。

でDSD11.2MHzで音飛びしないわけだが、あれ?
AsioBrideの表記は16bit 44000になっているぞ
ということは普段再生しているCD並みのストリームなわけで、JPLAYも素直に鳴るわけだ。
まあ、充分に良い音だが、せっかくDSD11.2MHz聴けるんだよ・・・と卑賤な自分が耳元で囁く。
 
仕方ないのでJPLAYを諦め、AudioPCに接続していたOPPO SONICA DACを
ControlPCにつなぐ。
直接だとDSD11.2MHzでも問題なく再生できる。

しばらくは色々つなぎ替えながらやってみようと思います。





次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする