yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

スタンダールアンプ改造

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月09日


 スタンダールアンプを改造しました。

 スタンダールアンプは製作中アイディア、閃きが出次第その都度前後の事を考えづ製作変更をしてきました。その変更状況を記録していないかったため、作った本人が時間経過と共に何が何やら分からない、という状況に陥りました。

 先日久しぶりに内部を確認し、この配線は不要だなと思い切断しましたら、雑音が発生、原因究明も何もサッパリ分かりません。

 配線を全て撤去しやり替えました。
やり替えにあたり、システムの見直しも行いました。そもそもが非計画に作りましたので、内部配線はハチの巣、クモの巣状態でした。今回は実体配線図もどきを作成しましたので、思いがけず、順調に製作が進みました。

 システム変更は、電源回路の変更です。



 当初はチョークコイル以降は、左右に回路を分けていましたが、今回は一系統でアンプ内部で左右に分けました。最終段に100KΩのブリーダー抵抗を入れました。折角ですので3.3KΩで分圧しパイロットランプの電源としています。電解コンデンサーには気休めでフィルムコンデンサーを抱かせました。 

 前回アンプは球を差せば回路が成立する考えで作りましたが今回はヒーター回路を切り替え式としました。B電源、SG電源も切り替えを考えましたが、真空管はヒーターを点灯しなければ唯のガラス管との思いです。

 全球差せば壮観ですね。

 
5933と6L6GCです。

 
同じくKT88 KT88はやはり姿形が良いですね。

 
EL34とEL84です。三月の雛祭りになりました。

 いざ完成で電源を投入しました。が しかし ノイズ発生、原因不明です。未使用回路の真空管は取り外しました。やはりヒーターを点灯しなくてもただのガラス管では無く、何らかの影響は出るものなのですね。一つ良い経験をさせて頂きました。

 これからも愛用していきたいと思います。

 yhh

 
 

 
 



 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん

    スタンダールって何?
    もしかしてフランスの小説家スタンダールの『赤と黒』から来ているのかな?

    byhelicats at2020-11-10 13:27

  2. helicats さん

     今日は、ご推察のとおりです。電源部が”黒”アンプ部が”赤”ですのでもじってみました。

     本日電源部の電圧調整も終わり、計算通りの電圧となりました。

     ヒーター電圧が6.9Vと高めに出ましたので、電圧調整抵抗0.18Ωを入れました。KT88で 6.1V 5933で 6.6Vとなりました。5933で0.3V高めですが、許容範囲内と思います。

     思いの外良い仕上げとなり、安心して聴けます。

     yhh

    byyhh at2020-11-10 16:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする