yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

RCA 5U4G 飛ばしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月18日


 前回は、DENON DL103GLをうっかりミスで飛ばしましたが、今回は 300B S に使用しています、RCA 5U4G を飛ばしてしまいました。

 アンプの要は電源と思っていますので、プスバン300B を飛ばすより残念です。



 5U4Gが飛んだ原因を追究しないといけないのですが、中々原因が分からづ、又現状の300Bシングル内部配線がクモの巣状態で何とかしたいという思いが有り、いっその事、配線を全てばらし再配線を考えました。



 早速配線をバラシてスケルトン状態となりました。再配線は実体配線図を起こそうかとも思いましたが、根がせっかちで出来ません。代わりにスケルトン状態の写真を撮影し、写真に部品、配線を記入し、実体配線図に代えました。

 まずは電源配線から手を付けました。



 次はヒーター配線です。



 -C 電源トランスを設置しました。



 以下順次配線を進め完成させました。

 今回の配線換装は、少し内容を変え、メインスイッチとセカンドスイッチを設けました。パイロットランプも3個設置し、右が―C電源用、左と中央がヒーター電源用、左がB電源用と分けました。



 メインスイッチは、-C電源とセカンドスイッチの電源供給とし、セカンドスイッチはB電源、ヒーター用電源としています。

 理由としては、300B を掟破りで固定バイアスとしています。その為すべての電源を一気に入れると、-C電源の立ち上がりが間に合わないので、-C電源を先行して入れるためと、-Cを入れなければB電源、ヒーター電源が入らない様にしたためです。

 再配線では、以前設置していた不必要な抵抗器、コンデンサーは全て取り外しました。

 5U4Gが飛んだ原因ですが、ヒーター電圧を測定した結果 5.7、Vで電圧が高い状態でした。この状態で稼働していましたので、ヒーターに無理が行って飛んだと思われます。前回の完成時にヒーター電圧を確認しなかった事が原因だったようです。

 音質は、気のせいかもしれませんが、明瞭度が上がり、見通しの良い音になった様です。

 一度試聴した後、電解コンデンサにフィルムコンデンサーを抱かせました。抱かせた電解コンデンサーは、電源平滑回路のコンデンサーと、電圧増幅管EL84のカソードバイパスコンデンサーです。これも効果が有り、高域の分解能が向上した様です。今は少し高域が耳につきますが、時間と共に納まる事を願っています。

 今回の全配線更新は予想以上の好結果でした。

 yhh

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん こんにちは

    大事に使ってきた部品が寿命を迎えると悲しいですよね
    気を取り直して次に行きましょう

    ヒーター電圧が高いのなら普通は抵抗を入れて調整するみたいで
    すけど、サーミスターを直列に入れるというのはどうでしょうか?
    NTC 3D-22とか
    暖まると抵抗値が下がるので冷間時の突入電圧を抑制できます
    現状が5.7Vだとすると一気に5Vに下げるとB電圧やドライブ段に
    掛かる電圧が下がって違和感が出るんじゃないかと思いますけど
    その辺は大丈夫なのかな?

    byプリマ at2021-04-18 18:11

  2. プリマさん、今晩は。

     メール有難うございます。

     5U4Gの件は、寿命ではなく、私のミスです。寿命なら諦めも付きますが、ミスとなれば後悔が残ります。

     このアンプの母体は、JB300Bです。それを全て完全に改造しアンプ回路と、トランス類のみを踏襲しています。オリジナルは自己バイアスで、整流管は5AR4で、ヒーター電源は5V2Aです。その状態でしたが、固定バイアス、整流管は5U4Gが使いたく、ヒータートランスとC電源トランスを追加設置しています。

     ヒータートランスが5V、5Aであったため、電圧が高めに出ていました、その事に気づかず、使い続けたため飛ばしたと推察しています。

     電圧降下用抵抗0.8Ωを入れたり検討しましたが、5AR4の使用も視野に入れましたので、最終的にはトランス入力を100Vから110Vに変更しました。結果として4、7Vに収まりましたので良しとしました。

     サーミスタの情報、有難うございます。知りえませんでした。調べてみます。

     yhh

    byyhh at2021-04-18 19:11

  3. yhhさん、お早うございます。
    残念なことをしましたね。お悔やみ申し上げます。・・・・RCA 5U4G
    私もオールRCAを使用した、2A3,6SH7のP.P.の自作アンプがありますが、
    唯一整流管仕様ではなく、ダイオード整流なので、今後整流管仕様に改造を計画していますが、
    いつのことになるやら、です。

    配線手順ですが、王道ですね。
    電源→ヒーター→シグナル線、そして電源の印火スイッチを分けたところは考え落ちです。

    でも不思議です? 
    ヒーター電圧が高い?
    通常トランスから直接引くと思いますが、それとも直流点火? でしょうか。
    何故電圧が上がったのでしょうか?

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2021-04-25 09:30

  4. ブルースブラザースさん、今晩は。

     メール有難うございます。

     肝心なところのチェックを落とします。身から出たサビでしょうか。

     整流管5U4G用電源トランスは、別設置の5-6.3V、5Aです。5U4Gはご承知の通り5V・3Aですので5Aのトランスでは電圧は高めに出ます。10%アップでも5.5Vですので5.7Vはやはり高すぎでしょうか。長年使いましたのでやはり無理が出たのではないかと思います。

     電圧を下げる為に、電圧降下用抵抗、0.7V.3Aで0.23Ω、2.1wを検討しましたが、トランスには入力電圧100・110Vが有ります。
     
     110V端子に接続しますと、4.7Vになりましたのでこの状態で良しとしています。

     色々と失敗が勉強になります。


     yhh

    byyhh at2021-04-26 00:40

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする