yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

サブミニチュア管アンプ最終形

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月01日


 サブミニチュア管 6111で当初MCヘッドアンプを目指していましたが、どうしてもノイズが取れづ、簡易プリアンプに転用し、お茶を濁していました。

 しかしその簡易プリアンプで電源がヘッドアンプと供用の為、利用価値が無い為再度MCヘッドアンプに挑戦してみました。

 アース配線の見直し、B電源配線の見直し、無い知恵を絞り、手を尽くしました。それでもノイズは収まりません。

 今回の製作でサブミチュア管の取り付けは、球の取り換えを考慮し、9Pソケット式にしています。(サブミニチュア管用ソケットが入手できなかった為)

 

 最後の方法として、原点であるハンダ付けに戻してみました。
9Pソケットを撤去し、撤去した後にハンダで直付けとしました。



 この変更で試聴してみましたが、ノイズは残りましたが、大幅にノイズ量は減少し、普通に聴く事が出来ます。ノイズはホワイトノイズ系に、ハムノイズ系統が乗っている状態です。

 音質的には、6AU6アンプに近い音で、もう少し手の入れようは有るのかなとも思いますが、今後の課題、楽しみに取っておきます。

 電圧を記載します。(SRPP回路)

          回路図電圧    実測左CH    実測右CH 

  B3      124       127.8 (左右共通) 
 
  上球カソード  62.5      63.2      59.6

  下球カソード   1.44      1.83      1.61

 やはり左右の球で相当の差が生じています。やはりハンダ付けでは簡単には交換できません。

 サブミニチュア管は余程のメリットが無い限り、一般的には使えなさそうです。

 yhh

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする