yhh
yhh
団塊世代のオーディオ愛好者

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

プリ・アンプが故障しました。・・・その後

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月21日

 先日プリ・アンプが故障しました。と投稿しました。

 皆様より色々とご助言を頂きました。有難う御座います。

 その中でマイペースさんよりのご助言でLM338Tのマニュアルの中にパッケージ損失についての説明があると連絡を頂きました。私は読み飛ばして おり理解していませんでした。

 その内容は、最大損失は25Wで其れは理想値であり、実際は10W程度との説明がありました。その値で計算すると、入力電圧17V、出力電圧6Vでは、完全に10Wを超えてしまいます。






 その結果を受け、入力電圧は17Vでそのまま、出力電圧を12.6V、電流を0.3Aと変更し測定しました。その状態で20分程度試験しましたが、結果電圧降下は起しませんでした。私の注意不足でオーバーロードが原因でした。最初からマニュアルを熟読しておけばよかったのですが、皆様おさがせし、申し訳有りませんでした。

 ヒーター電源も6.3V・2Aを直列接続で12.6V・2Aとし使っています。所がヒーター消費電流がDC2Aとしています。トランスの容量不足ですので、ヒータートランス(12V・3A)を追加設置します。

 ヒーター系統を、イコライザー系統6V・1.4Aとプリ・アンプ終段12.6V・0.3Aの2系統に分けます。イコライザー系統の安定化電源は新しい物に変更しました。同じ秋月電子の「実験室用精密級/定電圧安定化電源キットにしました。



 ヒータートランスは現在注文中で、10月25日到着の予定です。
プリ・アンプ本体内には設置できませんので、外付けとしました。



 トランスが到着すれば直ぐにセットし本体に接続します。

 所で何方か教えて頂きたいのですが、ヒーターバイアスを45V掛けています。ヒーター電圧を12Vと6V系統に分けますが、バイアス電圧は共通で掛けても問題は無いでしょうか。電流は流れないので問題はないかと思いますが、今ひとつ考えに自信が持てません。

 宜しく御教授下さい。

yhh

 
 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. yhhさん

    >バイアス電圧は共通で掛けても問題は無いでしょうか。

    真空管のHeater-Cathode Voltageと回路のカソード電圧で変わります。
    規格表にHeater-Cathode VoltageはPositive(+)とNegative(-)が有るのでこれを超えなければOKです。
     12AX7:±180V
     12AU7:±100V(DC Component)

    仮にカソードフォロアーでカソードが150V
    カソード接地のカソードが数Vと仮定すると

    150V/2=75Vをヒーターの共通の電位にすれば
    ヒーター - カソード(フォロアー)は75V-150=-75V
    ヒーター - カソード(接地)は75V-数V≒70V
    でどちらも規格表のHeater-Cathode Voltageに入ります。

    ※プリアンプ等の信号が数Vの時はこれでOKですが・・・古典3極管の様にドライブ電圧が100Vp-p以上必要でカソードフォロアーやSRPPでドライブする場合は全てまポイントでHeater-Cathode Voltageを超えないように注意が必要です。

    昔のトランスレスの回路はヒーターを数本直列にしてAC100Vで点火していたので当時の真空管は規格表の値までOKだと思いますが、ヒーター専用巻線を使用する最近の中華・ロシアの球は???です。
    ※GEやSiemens・telefunkenは何年使っても問題有りませんがEHの球は1年位でおかしくなりました。

    byhelicats at2021-09-22 01:02

  2.  helicats さん、お早う御座います。早速のコメント有難う御座います。

     該当するする球は、12AU7です。カソード電圧は135Vでバイアス電圧を42v掛けていますので93Vとなり、100Vを下回ります。

     ”150V/2=75Vをヒーターの共通の電位にすればヒーター - カソード(フォロアー)は75V-150=-75V
    ヒーター - カソード(接地)は75V-数V≒70V
    でどちらも規格表のHeater-Cathode Voltageに入ります。”

     この計算はヒーター電圧が12V系と6V系と混在する為行うなうのでしょうか。? 12/6=2となりますので1/2でしょうか。?


     実測値で 135/2=67.5V 67.5-135 =-67.5 下球カソード電圧は測定していませんでしたので2Vと仮定して 67.5-2=65.5Vとなります。100Vを下廻りますので 12V系、6V系混在してもOKとなるのでしょうか。

     再質問で恐縮ですが宜しくお願いします。

     yhh 

    byyhh at2021-09-22 07:07

  3. yhhさん

    Heater-Cathode Voltagefはヒーター・カソード間の絶縁耐圧なのでヒーター電圧(12V・6V)は関係有りません。

     ※只ヒーター内部の場所によって12V又は6Vの電位差が有るのでHeater-Cathode Voltagefに考慮する必要が有ります。

    それとバイアス電圧を42vで93Vだと余裕が無いのでカソード電圧の高い(カソードフォロアー)と低い(カソード接地)の中間の67Vにした方が良いと思います。

     ※93Vだと上記の12V又は6Vの電位差を考慮するとダメかも?

    byhelicats at2021-09-22 09:06

  4.  helictsさん、今日は。

     バイアス電圧は、以前60V掛けていましたが、安定化電源回路に使われている電解コンデンサーが50Vでして、コンデンサーの耐圧を超えると判断し、バイアス電圧を42Vに下げました。


     こういう経緯が有りますので、今後の対応として、ヒータ電圧を全系統12Vととし、プレート電圧、カソード電圧を下げるという対応がベターでしょうか。


     度々で申し訳有りません。

     宜しくお願いします。

     yhh
     

    byyhh at2021-09-22 14:14

  5. yhhさん

    回路図が無いので何とも云えませんが、単純にコンデンサーの耐圧の問題なら耐圧の高いコンデンサーにすれば良いのでは?

    それと12AU7の直線性の良い部分を使おうとするとプレート電圧を下げるのは??だと思います。
     ※帰還を多量に掛ける回路だと大丈夫でしょうけど12AU7は元のゲインが低くく大きな帰還は無理だと思います。

      石井より

    byhelicats at2021-09-22 17:31

  6.  helicaatsさん、今晩は。
     
     やはり安定化電源の電解コンsデンサー50Vを160Vに換装し、バイアス電圧を67V迄上昇させるのが一番良い選択なのでしょうね。

     12AU7をカソード設置に変更する。12AU7を6DJ8に交換する‥等等ありそうですね。外付けイコライザーも有りますので少し考えてみます。

     お手数をおかけします。
    有難うございます。
     yhh

     

     

    byyhh at2021-09-22 19:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする