たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

マイルーム

【断捨離更新中】視聴環境の紹介
【断捨離更新中】視聴環境の紹介
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
 記事は2018年3月のままですが、2021年9月1日現在、これまでに入れ替えたり売却した主な機材を記します‥それにしても、某中古ショップチェーン各店には累計で膨大な金額で売ったり買ったりと貢献してい…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

日記

JBLで藤圭子さんのLPを聴いてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月22日

【このブログのご案内ページへ】
 2019年暮、清水の舞台から飛び降りる覚悟?で入手したJBLの4770AというSR(PA)スピーカーですが、あれから2ヶ月近く使ってみた結果、少なくとも入手したお値段以上の「音」が出ていることだけは間違いありません。

 昨年、無理して押し込んだ4770Aのおかげで、つながる相手が遠くなってしまったプレーヤーKP-9010をAVレシーバーSC-LX901につないでみました。

 一応、LX901にはPHONO入力があってアナログプレーヤーを直結でき簡単にレコード演奏できるのですが、おそらくDSP機能でRIAAカーブを真っ直ぐに補正しているためか、レンジが広すぎて高域ストレート過ぎ、低域スカスカな音質のため、邦盤ではBASSを+3dB、TREBLEを-3dBくらい補正する必要があります。

 しかし、藤圭子さんのデビュー・アルバム「新宿の女」は例外でトーンコントロール補正なしで聴くことが出来ました。 もちろん最新録音のようなレンジが広大な録音ではありませんが、藤圭子さんの声の倍音成分を確実に再現できる必要にして十分なレンジ感で当時のRCAビクターのレコード制作が国内レコード各社の中では最もマシな音質だったというのは本当のようで、例えば南沙織さんが在籍したレコード会社の盤はAMラジオ級の音質で後年、MASTER SOUND盤のリリースでやっとビクター盤に追いついたとか‥

 そして、以外だったのがJBLの4770Aとアナログレコードとの相性で、いままでは比較的新しい録音のCDやSACDソースを中心に鳴らしていましたが、アナログの藤圭子さんの声との相性も抜群であらためてJBLスピーカーの幅広い対応力に感心してしまいました。
【トップページへ戻る】
【このブログのご案内ページへ】

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする