たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

マイルーム

【断捨離更新中】視聴環境の紹介
【断捨離更新中】視聴環境の紹介
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
 記事は2018年3月のままですが、2021年9月1日現在、これまでに入れ替えたり売却した主な機材を記します‥それにしても、某中古ショップチェーン各店には累計で膨大な金額で売ったり買ったりと貢献してい…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

日記

【長文】ミニ断捨離の結果です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月31日

【このブログのご案内ページへ】
 結局、エソのペア機は不調のDVD-3930を付けて15万円で買い取ってもらいました。以下、コロナ禍での長期夏休みをダラダラした文章とコメントで構成してしまったため読み飛ばして下さい!
====================================================
 年末の巣籠り時期は何故かオーディオ熱が高まるのですが今年は例の高熱が出る感染症の大流行で強制的な巣籠り状態です。

 普段なら大きな仕事をやり遂げたら自分へのプチご褒美で1泊旅行、映画館、温泉とかに行くのですが、定年前の長い夏休みは何処にも行けず悶々とした日々を送るしか無いと思ってました。

 ところが然に非ず(さにあらず)で入手した1台のBD/SACDユニバーサル・プレーヤー1台でウチのオーディオ環境に大きな変化がありました。

 以下、自分の思い入れのあった機種や意外とそうでもなかったのも含めて、今回、売却処分した機種を長々と綴ります。

・KENWOOD KP-990 1985年 69,800円(リンク先は型番のみマイナーチェンジしたKP-7010です。)
 2012年に以前から欲しかったアナログ盤(その1その2)を偶然見つけて入手したので翌年DENONのフルオート機DP-47Fを1万で入手して満足していましたが、オーディオ・マニアの宿命である「更に良い音を」求めてサンスイの中古の上級アンプを入手し、それに相応しい本機が2万円だったので入手しました。

 率直に言ってポップス系の楽曲ではフルオートのDP-47Fのほうが良く聴こえることもあり「当時の名機」と自分に言い聞かせていましたが、2016年に上位機で新しかったKP-9010を5万で入手してからは出番が無くなってしまいました。

 先日の売却額は買取額と同じ2万ですが、本機は買ってから半年後に電源部がダメになってKENWOOD/JVCの営業所で1万弱かけ修理しているので目標額は3万だったのです。。 

※飲みながら日記の作成中、誤操作で書き込んでしまいました。
 以下、コメント欄に自己レスしていきます。ある程度まとまったら、このページに集約するかもしれませんが、たぶん、そのまま放置になるかもしれません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ・C.E.C DA53 ¥89,250(税込)発売:2004年12月中旬

     TVニュースでもハイレゾ再生が脚光を浴びた頃、エソテリックのD/Aコンバーターは1996年リリースでサンプリング周波数48kHzまでだったため、何とかハイレゾを聴きたくて2014年に2.7万で中古で入手しました。安価なモデルなため果たしてハイレゾの良さが分かるのか懸念もありましたがハイレゾの良さがシッカリ判別できるモデルです。

     アナログレコードから取り込んだWAVファイルや安物CDプレイヤーから出力した同軸デジタル信号を高音質でD/A変換でき、誰が聴いても音の違いを判別できました。

     欲を言えば、USB接続だとサンプリング周波数が48kHz以下に制約される点でハイレゾ再生にはパソコンとの間にD/Dコンバータを接続する必要があるのが面倒でした。

     そのほかUSB入力はヘッドホン出力のみでRCAやXLR端子に音が出せなかったり、同軸や光入力はハイレゾ回路で処理するため、ヘッドホン出力ができなかったりと故障でなく仕様でしたから仕様がないと諦めるしかありませんでした。

     本機の晩年は温まるとハイレゾ回路の不調で右チャンネル出力が極端に小さくなる現象が発生して次第に出番がなくなりました。

     2019年、単身赴任で社宅生活になり上下左右の生活音がダダ漏れ状態だったのでAKGのヘッドフォンを入手し、考か不幸か本機のヘッドホン回路はUSB入力と直結でUSB専用D/Aチップで処理するため本体のハイレゾ回路不調でも問題ありませんでした。

     AKG K701と言うヘッドフォンをつなぐとハイレゾソース不要と思えるほど低音域が力強くて高音域の粒立ちが良くなるため、単身中、スケベ動画を鑑賞すると物凄くリアルに聴こえてしまいハイレゾ回路不調で処分をしないで良かったなと思いました‥(汗)

     しかし、この春の転勤で単身赴任解消でヘッドフォンを使う機会も少なくなったことから、もうハイレゾで使えない本機はお役御免になってしまいました。売却額は9,000円です。

    byたかけん at2021-09-01 03:48

  2. ・ESOTERIC D-30 ¥350,000(1996年頃)
    ・ESOTERIC P-30 ¥350,000(1995年頃)

     2011年5月に岩手県内でD-30を捕獲しました。確か105,000円の値札だったのを店員さんに「D/Aコン単体だと売れないから、絶対に長期在庫になっちゃうかもね」と話して5000円値引いてもらい10万ポッキリにしてもらいました。

     安物のCDプレーヤーのデジタル出力をつないでも本機の支配力のほうが強く、硬質で力強い音の塊が出てくる印象でした。

     2014年7月に出張先の都内で9.9万円で捕獲したCDトランスポートESOTERIC P-30で再生したら、SACDも裸足で逃げ出す超高解像度な音質になりました。

     しかし何となく「定価70万円の組み合わせだから絶対に凄い音なんだ」と自分に言い聞かせている面もあって、この組み合わせでCDの最期のトラックまで聴くことは余りなかった気もします。

     今回の売却は県内3店舗に隣県の店舗を加えて競合させた結果、県内の店舗で14万、県外の店舗が15万と言う買取額を提示してくれました‥

     が思わぬ伏兵がリモコンで殆ど使わないD/Aコンバータ用のリモコンは単4電池の液漏れでダメになっていて、それを隣県の店舗に伝えたら「商品価値が下がるから10万でしか買い取れない。」とのことでした。

     14万で買い取ってくれる店舗には最初からプレーヤーのリモコンしかないと伝えてましたが、こちらからのウリ文句として「5年近くの歳月をかけ、都内まで探してP-30とD-30をペアリングした。
     本機専用の?ST端子付き光ケーブルも特別に付けますよ」と高飛車気味に話しての14万で「調子悪いDENONのDVD-3930もオマケして15万にしたい。」と交渉して買い取ってもらうことにしました。

    byたかけん at2021-09-01 03:50

  3. ・ここから下は蛇足ですので読み飛ばして構いません。

     ST端子付きの光ケーブルですが、LANケーブルを隣の建物に延長する際、LANケーブルのままでは延長100メートルが限度なため、減衰が少なく特性も長期間安定している光ケーブルで隣の建物に延長するのです。ですから率直に言ってオーディオ用途で部屋の中の数メートル区間に光ケーブルを使っても全く意味はないのですが‥

     職場のマシン室では光メディアコンバータに接続するST端子付きの光ケーブルが使われていましたが、古い規格になってしまい、ネットワーク機器の更新時に大量に廃棄されていたのを当時の担当者に断ってタダで大量にもらってきたので、それがエソ機の端子にハマるのが面白く、確かに硬質だったエソの音質がウソのように丸くなったように感じて長時間、楽曲が聴けるようになりました。

     しかしながら、2021年8月28日(土)に2014年リリースのBDP-LX88がやってきたら、そういった微細な部分が帳消しになるくらい一聴して分かる音質の違いで、もう古いエソペアは値打ちがあるうちに処分しようと決断した次第です。

     両機合わせて19.9万で入手しましたが、自分としては95年と96年のリリースから25年以上も経過してますからペアで10万くらい行けば御の字と思ってましたので、今回は全く悪くない買取額だったと思います。今後、買い取った店舗ではいったい幾らで売り出すのか興味もあります。

     例えばヤフオクなら更に高額でと言う気持ちも横切りましたが、アレはアレで引き返せない本当の真剣勝負ですから、それなりに冷や汗もかく必要もあります。

     現在、ヤフオクでのエソ機の入札状況は現行品に近いSACD PLAYER K-07X 450,000円(税抜)がオークション中で158,000円の入札で停滞しているだけで、その他のエソ機は軒並み入札ゼロ!

     K-07Xはリリースする機種の中でも比較的コスパが良い機種のため人気があるのでしょう。

     やはりヤフオクは極めてシビアな世界ですから、こちらから一方的に電話をかけて買取額を確認できる店舗は比較的楽なのでした。

     今回の売上金はBDP-LX88購入時の下取りが3.7万、エソ機ペアの売上が15万で計18.7万で、あと1.3万を足しキリの良い金額にして昔、球技が不自由で恵まれない田舎の農家の子供だった自分自身のためにシッカリ貯金しようと思ってます(爆)

    byたかけん at2021-09-01 07:36

  4. 【追記】危うく失念しそうになりましたが、せっかく中古店に行ったのでパイオニアの簡易ユニバーサル機なども売却しました。

     直前までは、念のために手軽なSACD再生機として予備にキープしておこうと思ったのですが、もう殆ど使う機会のない機材だし、その「念のため」のスケベ心が余計な買い物をする口実になるため、10年使って動かなくなったSONYのボータブルナビ2台とともに断捨離しました。

     買取額は簡易ユニバーサル機が他店より900円アップの1500円、ナビ2個が1個100円で計200円になり、この半端なお金は店内にあったキャンディーズとカーペンターズのアナログ盤に生まれ変わってしまい、結局、更にお店を潤すことになりました~(汗)

    byたかけん at2021-09-01 15:51

  5. 【断捨離の継続】
     今回の断捨離での現金化‥当然20万で買ったものが15万になれば5万円の損失ですが10年間使えれば毎年5000円の損で済みます。

     悪い例がひと月前にジャンクなのに3.3万円で入手したDVD-3930でチェック用のSACD1枚だけを持参し徹底的に再生チェックをして問題なかったので捕獲したのですが、これ以外のSACDが読み込めず、かといってジャンク扱いだったので返品も無理でした。

     店員からも「DVDの映像さえ出ればSACD読めないのは問題ないから頑張れば1.5万円で買い取れますよ」とのことで、自分はSACDのチェックにばかり気を取られ、DVDプレーヤで肝心の映像出力チェックを怠っていたのです。

     今回、D/Aコンバーター用リモコンが電池の液漏れで使えなくなり、売却した店舗では幸い1万円の減額で済み、映像が出せないDVD-3930を1万円で買い取ってもらえましたが、この部分の交渉では冷や汗ものでした。

     こういう嫌な汗をかく交渉をしなくて済むよう店頭でのチェックはしっかりやることと、自分で修理できないような高額なジャンクには絶対に手を出さないことを肝に銘じておきます。

    byたかけん at2021-09-01 16:14

  6. 【今後の断捨離候補の考察】※注)ボヤキを含み閲覧注意!

     第一候補は何と言ってもLDプレーヤーLD-S1と約100枚くらいあるレーザディスクで、当時最高画質のデモ盤であっても、例えは悪いのけど類人猿界最高の美人メスと言う状況で、LDの画質は普段4Kや2Kを見慣れた目には鑑賞に耐えられないのです。

     10数年前から中古のLDは100円台になってしまい、昔欲しかったのが入手しやすくなって買ったけど、結局、今や無意味なことでレコード喫茶ならぬ、80~90年代の動画を見せるようなLD飲み屋とか開店(著作権クリアとか面倒そう‥)するのならトモカク、そういった特殊用途以外では使えないのが現実。

     幸い、オーディオ機器ほど過剰投資もしていないため、二束三文でも値段と自分の体力のあるウチに売却すべきで再生用機器も先細りなため、アナログレコードのような復活は無理でしょう。

     そのアナログレコードもLDの3倍くらいストックがあって壁面に150枚、ラック内にも150枚くらいあります。

     より良好な盤を買い求めた結果、数十枚くらい同一作品が存在し、その中にはマスターサウンド盤も何枚かあるのでキープすべきか迷うところですが、これも体力があるウチに処分すべきかと思ってます。入手したキリ聴かない盤も含めて選定すれば100枚近くを処分できそうな気がします。

     最後の断捨離候補もオワコン機材でD-VHS機と録画番組の入ったD-VHSテープで悪評高いコピワンのせいでテープからHDDレコーダーにコピーできない番組が多数あり、コピワンされる前の番組はHDDに保管しましたが70%くらい死蔵されるなら処分するしかないでしょう。これは生テープを買うのに当時(2002年~)の自分の小遣いをかなりつぎ込みましたがD-VHS機はあのLカセットのように時代のアダ花として無責任にリリースそれなくなり大量のテープだけ残りました。5年ほど前、中古のD-VHS機を捕獲してD-VHSテープからHDDレコに救済しましたが、そのHDDレコもいつまで持つのやら‥

    byたかけん at2021-09-01 17:33

  7. 【続き】
     そのほかの断捨離候補としては長女が学生時代に使っていたミニコンや自分が中学生時代に欲しかった70年代プリメインアンプの2台、一時サブウーファー駆動用で使っていたSONYのパワーアンプも予備に保管してあって、単身先で使っていたローランドのパワーアンプ内蔵スピーカーも今は遊んでいるし、番組が残ったままのBDレコも4台あって、もう見る気も時間もないのが現実・・

     とにかく気力と体力のある内に決着つけないとダメですね~(汗

    byたかけん at2021-09-01 17:35