たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

マイルーム

【断捨離更新中】視聴環境の紹介
【断捨離更新中】視聴環境の紹介
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上
 記事は2018年3月のままですが、2021年9月1日現在、これまでに入れ替えたり売却した主な機材を記します‥それにしても、某中古ショップチェーン各店には累計で膨大な金額で売ったり買ったりと貢献してい…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

日記

美瑛のオーディオ好きオーナーのペンションに宿泊してきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年07月19日

【このブログのご案内ページへ】
 7月14日(木)から18日(月)まで3連休も使って愛車で北海道ツーリングに行ってきました。お宿は往復のフェリーで2泊、道内1拍目は知人宅、2泊目が美瑛のオーディオ好きオーナーのペンションに宿泊してきました。最初から知っていたのではなく、3連休2日目で予約できた宿がたまたまこちらでした。「美瑛ペンション 星ヶ丘」と言うところで、オーナーさんはホテルマンから信州でペンションライフ20年を経て美瑛の丘に宿を移転されたようで、McIntoshのXRT20 ¥1,976,000(2台1組)がメインシステムです。残念ながら落雷で不調とのことで聴けませんでしたが完調なら素晴らしいサウンドが聴けたと思います。ちなみにXRT20は故 菅野沖彦氏が愛用されていたモデルです。 2階のお部屋からは美瑛の丘の景色が見渡せて贅沢な気持ちになり、朝食付1室2名利用一人当り税込大人 9,000円ですが、単独利用だったので13,650円でした。

 ちなみに楽天トラベルで1週間前に検索しても泊まれるのは1泊3万から5万の立派過ぎる宿しかなく、割高な二人部屋でも仕方ないと予約しましたが、予想外だったのが5000円の道民割が使えて、それとは別に2000円分のクーポン券も付いて実質半額以下になりました。星空が見えるとペンション自営の天体望遠鏡で星空が観察でき、雨天の際はオーナーご自慢のマッキンで素晴らしい楽曲が聴けるハズでしたが雷には勝てませんでした。

 バイクネタに関しては「PHILE WEBコミュニティ」につき自粛しますが美瑛のほかサロマ湖など概ね2000km近く走りました。
 ある程度、画質とアングルにも配慮しましたので、是非、写真をクリックされ、拡大して御覧ください。
 ↓北海道名物?の巨大牧草ロール ↓サロマ湖海側の天然防波堤(広い) ↓美瑛の丘の景色と十勝連峰にかかる霧雲 ↓パッチワークのように丘が重なる景色 ↓上富良野町の「ジェットコースターの路」 ↓道の駅遠軽にあったロコ・ソラーレの顔ハメ看板(笑)

【追伸】2011年に撮影した美瑛の風景写真です。
【追加】南三陸の田束山(たつがねさん)から泊崎半島を撮影

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  自己レスですが、往復フェリー泊につき、念のため今週末まで自主隔離期間として、お盆休みを前倒ししました。

     2020年のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の「隔離&生き地獄状態」は記憶に新しく、再雇用先の職場に迷惑かけたくもありませんでした。

     さすがにツーリング翌日の今日(7/19)は身体を休ませたかったのと、21日の木曜は母親の通院送迎で休む必要があったので、プラス2日して土日も含めて10連休中です。

     今まで北海道は、仕事で1回、家族で3回、バイク4回目で今回は2012年以来10年ぶりのバイクツーリングでしした。

     場合によっては今回が最後になるかもしれず、とにかく自分の行きい所にだけ行って来ました。

     本当は常呂町のカーリング娘達を生で見たりお話したり、ついでに少し触ったりする構想(妄想)も無いことは無かったのですが、当然、唐突に行ってもどうしようもないので諦めました(汗)

     まだ夏休み前と言うこともあり、仙台~苫小牧の渡航費用はバイク運賃込みで往復3万円で、陸路で青森まで350km走って函館までフェリーに乗り、再び陸路250kmを苫小牧まで走るよりお金も時間も節約できます。

    byたかけん at2022-07-19 14:46

  2. たかけんさん

    初めまして。素敵な日記有難うございます。マッキンが復活するタイミングで未訪の美瑛に行きたくなりました。無駄に貯まっているマイルの消費もできそうで一石二鳥。それにしても美瑛に加えてサロマ湖の記載があるとは、2,000km走破にも納得です。写真は野付半島ですかね。サロマ湖畔にある民宿『船長の家』には宿泊されましたか。今はシーズンオフですが、ありとあらゆるカニ料理が朝夕の食卓に供されました。私は残念なことに食べきれず毛ガニ一杯丸ごと残してしまいました。

    bycozycozycozy at2022-07-19 17:26

  3. cozycozycozyさん。レスありがとうございます。

     本文は宿のホームページにリンクしてますので、事前に先方に良くご確認のうえ宿泊願います。

     現実的には他のお客様がいれば試聴も気安くお願い出来ないことから、オーディオ試聴は最初から期をせず、純粋な観光目的で泊まったほうが良いと思いますよ。

     それから写真はサロマ湖の三里浜キャンプ場に向かう県道で念のため「サロマ湖」と記した大きな看板も一緒に写しています。

     サロマ湖から南東方向に100kmくらい離れた野付半島先端部も地図から見られる特異な地形から興味本位で訪れたこともあるのですが、実際に現地に行ったら駐車場から先は進入禁止で観光的要素は皆無でございました。

     せめて先端の灯台に登れたり高い展望台があれば、ある程度地形が判別できると思うのですがガッカリ名所の一つでした。

     今だったら許可を取ってドローンで空撮すると面白いかもしれませんが、"野付半島 ドローン"で検索すると素晴らしい動画が沢山ありますね。

     民宿『船長の家』はちょっと面白そうな宿ですが、当方は民宿がちょっとトラウマ的に苦手なんでペンションを良く利用してます。

    byたかけん at2022-07-19 19:14

  4. バイクが絵になっていますね。
    北の大地にぴったりです。しかもアドベンチャーですからなおのことです。
    バイクの種類などいろいろライダーはこだわりがありますが、どんなバイクであってもいい景色を見て走れば満足しますね。
    高級バイクでも悪天候で悪路だったら地獄ですし(笑)

    こちらのムシムシした気候と違って爽やかそうで何よりです。
    良い休日を過ごされましたね~。

    byflattwin at2022-07-19 20:56

  5. flattwin様、レスありがとうございます。

     宿の紹介のほうより何気にバイク写真のほうにチカラを入れていたのがバレてしまいましたね。(笑)

    >高級バイクでも悪天候で悪路だったら地獄ですし(笑)

     今回のハイライトは北海道最終日に道道70号・芦別美瑛線と言うルートを事前に酷道だと調べてチャレンジしました。

     美瑛から芦別市の野花南(のかなん)と言うところに抜けるルートで砂利道が約10kmです。ネットでは酷道と記されていますが、東北の様々な悪路を走っている自分には道幅も広くて凸凹も少ない良く整備された砂利道でした。

     比較的対向車も多く、ちょうど雨の降り始めでホコリも立たずにバイクもそれほど汚れませんでした。

     KAWASAKIのアドベンチャー系バイクVERSYS-X250はフロント19インチでオフロード寄りタイヤを採用し、サスのストロークもベースとなったNinja250より心持ち増やしてあって危なげなく走れましたが、生粋のオフロード車のように砂利道をドリフトさせて走れるほど軽快でもなく、ナンチャッてアドベンチャーに近いタイプですが、舗装された一般道路や高速道での快適性は最高で最新モデルの利便性を享受できました。

     帰路の苫小牧フェリー埠頭では、地元に戻られる全国のライダーが集結し、スズキのハヤブサに乗った若者らと話し込みましたが、ハヤブサはタイヤが太すぎるため、雨で水たまりが出来ると空転したりハンドルが取られ飛ばすのが怖かったと言ってました。

     当方のバイクは優しすぎるトルクで天然のトラクションコントロール?が効いて雨の中でも全開で走れたので、実はハヤブサのお兄さん達を直線で抜いてきたのでお互い話が弾んでしまいました。

     現地での3日間の天候は比較的涼しく、晴れ時々曇り、晴れのち曇り、曇りのち大雨と下り坂でしたが、当初の予報より天気が持ったほうなんで助かりました。

     当方は来月から父親の介護などで遠出ができなくなる見込みで今回の強行軍的ツーリングとなりましたが、flattwin様も是非、名古屋港から太平洋フェリーをご利用され、東北や北海道ツーリングをご計画されてはいかがでしょうか?(笑)【つづく】

    byたかけん at2022-07-20 05:36

  6. 【続き】名古屋~北海道だとフェリー2泊になり、船内に残った名古屋行きの皆さん退屈そうでしたので、仙台港で降りてから三陸道(ほぼ無料)を北上して下北半島一周して一泊され、津軽半島経由で日本海東北道(一部無料)を南下すると効率的かもしれません。

    お勧めはジェット機とバイクが一緒に撮影できる三沢航空科学館、寒立馬と綺麗な灯台で有名な尻屋崎、そして一番のオススメは斧の形をした下北半島の刃の部分に位置する仏ヶ浦と願掛岩です。

     津軽半島では全国的に有名な竜飛崎や海に飛び込むような竜泊ラインなどが印象的です。そのほか日本海側では男鹿半島や鳥海山を走れば満腹になるでしょう。

     仙台港着が翌日16:40で仙台港発が12:50と半端なことから発着時に当方の自宅泊を前提に計画を組まれたら良いかと思います。(現在、父が入院し母の単独生活を見守るため実家に隣接する自宅での単身生活中で誰にも遠慮はいりません。)

     ちゃんと片付けさえすれば、旅館やペンション並みになるはずですから・・(汗)

    byたかけん at2022-07-20 11:13

  7. ”デッカイどう北海道!”いいですねー。
    たかけんさん、今晩は、もう一度行って見たい地は、北海道なんです。
    私はバイク乗りではないので、ツーリングは無理ですが。
    大昔、道央から道東方面へ行ったのですが、あの真っ直ぐな道路、もう一度走ってみたいです。
    なんですが、私は船酔いがひどく、もう行くことはないでしょうー。

    ちなみに
    竜飛岬と大間崎は行ったことがあります。
    今秋は、また岩手へ行こうと思案中です。

    天気も上々で良かったですね。(^▽^)/

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2022-07-20 20:27

  8. たかけんさん、北海道雄大ですね、それもバイクでのツーリングとは。
    私も若かりし頃400中型を乗り回していた時は北海道は憧れでした。
    結局行くことなくバイクは手放してしまいましたが。
    でも、北海道も函館までしかいったことないので、いつかはもっと先まで足を延ばしてみたいです。

    これからお仕事の環境が変わる由、実は私も来月から仕事を変わることとなりました。今の雇用延長でのんびりするということもできたのですが、まだまだいろいろやってみたいと思っての決断です。
    刺激を感じつつ、長く頑張っていきたいと思っています。

    たかけんさんも今後もご自愛ください。

    byギコリン at2022-07-20 20:33

  9. ブルースブラザース様、レスありがとうございます。

     自分は田舎育ちなんですが、小さな頃からからオーディオとバイクと北海道の原野の一本道な景色に憧れていて、今回、偶然予約できたペンションに故菅野沖彦氏愛用だったのと同じスピーカーが置いてあって「本当に3つ揃ってしまった・・」と半信半疑でしたが残念ながら落雷で調子が悪いとのことでした。

     神様から再挑戦しなさいと言うことなのでしょうかね。

    ≫私は船酔いがひどく、もう行くことはないでしょうー。

     今では北海道新幹線があり2019年の青森赴任中、青森市内から函館市内に出張する機会があって約2時間で呆気なく到着しました。レンタカーもありますので船酔いせず最も楽に行けます。

     自家用車で行きたい場合、本州最北端の大間からフェリーで函館に向かうと酔うヒマもない約90分ですが積込などで前後1時間くらい余裕を見る必要があります。

     自分の場合、計画や行動するにあたって取り返しがつかないほどの致命的な支障のない限り、余り深く考えずに実行するんで、たまには大失敗もしますが、大抵は結果オーライでやってます。

     岩手は3年間盛岡に単身赴任していましたが「岩手大陸」というくらい広大で3年間で全て回れず隣県なんで今でも定期的に偵察してます。

     実は昨日(7/20)もバイクで花巻まで満州にらラーメンを食べに行き、帰りにハードオフ2軒寄ってきました。

     ダイヤトーンのDS-1000ZXが6.6万円、ヤマハYST-SW1000が4.4万円が気になっています。

     本当は盛岡店にあるアキュフェーズM-100のペアも値下げしてないか確認したかったのですが往復すると2時間余計にかかるので今回はパスしました。

     前回チェックした際は定価の半額で40年前のブツなら、せめてペア20万くらいじゃないとダメなんですが、ペロッと購入される御仁もいらっしゃって、そういう場合は素直に諦めます。【つづく】

    byたかけん at2022-07-21 09:13

  10. 【続き】
    蛇足ですが、毎月通っている花巻のラーメン屋さんご紹介します。「元祖満州にらラーメンさかえや本店」花巻市山の神1000-1電話:0198-23-7775 年中無休 午前11時から午後3時半まで

     花巻南ICが近いのですが関東方面から来るのであれば戻る形になりますので北上江釣子ICのほうが所要時間がかかりません。

     五角形の怪しい建物にいつも数十名の行列が並んでますので退きますが、客の回転が早いため最後尾でも30分待てば店内に入れます。行列が嫌な場合は開店30分前に並ぶか午後2時以降に入店すると良いですね。

     好みもありますが、お勧めは満にら醬油味で、初めて食べる場合はラー油が辛すぎて大変なことになります。自分なりの工夫としては、ライスを頼むと付いてくるお新香の更にスープのラー油をすくっておき、辛さを減らして戴くこともありますが、2度。3度と食べたくなるので、持ち帰り用も買っておくと良いでしょう。

    byたかけん at2022-07-21 09:14

  11. ギコリン様、レスありがとうございます。またまた第7波の感染拡大が報じられ、医療の専門家が「喜々として」コメント(なぜか終息中の表情って暗いんですよね・・)してますが、2年前ならともかく、今や自己責任かと・・

    ≫たかけんさん、北海道雄大ですね。それもバイクでのツーリングとは。私も若かりし頃400中型を乗り回していた時は北海道は憧れでした。結局行くことなくバイクは手放してしまいましたが。でも、北海道も函館までしかいったことないので、いつかはもっと先まで足を延ばしてみたいです。
     
     バイクでの北海道ツーリングは、今回で5回目で最も最近が2012年でしたから、ちょうど10年ぶりです。1980年の北海道1回目ではオフロードバイクで何度もガス欠になりそうになりました。

     1990年前後の一時期、ビデオや写真撮影に傾倒し、写真家の故前田真三氏のような雄大な美瑛の丘の風景写真が撮りたくて家族旅行でも北海道に行ってます。

     今回も前田氏の作品が展示されている拓真館に寄ってきました。現在「前田真三生誕100年記念展」が開催されていますので是非足を運ばれてはどうでしょうか?(旭川空港でレンタカーを借りれば30分ほどで到着)

     1990年代ビデオ撮影は趣味と実益(ブライダル等)を兼ねて細々と続け、写真のほうは当時のリバーサルフィルムや現像代のほか、そもそも写真撮影センスがイマイチだったので遠ざかりました。

     2000年代に入り、デジカメを使うと無限に写真が撮影でき、その中には素晴らしい写真が偶然撮影されている事もあって再び写真撮影熱が復活し2010年から3年連続で美瑛の丘に通いました。(今はないですが、当時は毎年、朝・夕2食付きで8000円くらいで泊まれるペンションにお世話になりました。)

     その中で良く撮れた写真を追加しておきます。【続く】

    byたかけん at2022-07-22 05:58

  12. 【続き】PHILE WEBコミュニティの800ドット×800ドット64万画素の中に写真データを詰め込むのに予想よりも難儀しました。

     当時のデジカメは美大に通っていた長女から「ピンボケばかりで使い物にならないから」と受け取ったカシオの安物デジカメです。

     確かにピントを合わせるためのコツが必要な代物で3枚に1枚くらいしかピント合わないため普通のデジカメの3倍の枚数を撮影する必要がありましたが、そこで気付いたのが何枚も写真を撮るとピントと構図(アングル)が偶然合って、それなりの写真が撮れてしまうことです。

     そういう観点でカシオの安物デジカメの画質を確認するとシンプルな3倍ズームと原色フィルターの撮像素子を使っていて、たまには壁紙に使えるほどクッキリ、鮮明に撮影でき10年近く愛用しましたが、SDスロットが使えなくなってから内臓メモリーで24枚くらいしか撮影できなくなり、巨木巡り登山中に落として行方不明になってしまいました。

     今思うと当方が「行方不明」になる身代わりになってくれたと思うほど危険な山でした。URLは他人様のサイトですが決して誇張でも何でもなく危険に鈍感な自分でも「ちょっとヤバい‥」と初めて感じた山です⇒山形県戸沢村「土湯の赤杉」
    http://show-en-kei.com/kyoboku/kb_tohoku/kb_yamagata/kb_yamagata_m_tozawa_04.html

    byたかけん at2022-07-22 08:20

  13. たかけんさん

    ツーリング旅行お疲れ様です&おかえりなさい!

    →ダイヤトーンのDS-1000ZXが6.6万円、ヤマハYST-SW1000が4.4万円が気になっています。

    オークションにもYST-SW1000が同じ値段で出ていますが、こちらは受注生産のウォルナットです。おそらくこの金額では落とせないかもしれませんが、参加予定です。

    by軽男GT4 at2022-07-22 11:48

  14. 軽男GT4様レス有難う御座います。

     往復でフェリーを使ったことから、社内での感染防止のため前倒しで取った盆休みも含め本日連休8日目で、雨で草刈り作業ができないため、柴田町の手打ちそば「花いかだ」で遅いお昼を食べてます。(人気店の割には普通の味で地元に美味しい店があるため2度目は微妙・・)

     午前中、名取と大河原のハードオフを回ってきましたが、夏枯れ気味で自作スワンが27500円ですがスピーカが変色していて微妙。

     一昨日行ったハードオフ奥州店にはブラックと木目調のYST-SW1000が同一値段でありましたが、木目調モデルは箱の傷が目立ちました。長期間売れ残っているため、交渉次第では消費税分くらい安くなるかもしれません。お約束はできませんが・・

     一度にブラックと木目調のを両方買えば交渉が有利になるかもしれませんが・・コレばかりは相手次第ですので・・もしも買われる際は試聴させてもらうと良いですね。

    byたかけん at2022-07-22 19:17

  15. 2011年のほうの写真も良いですね。
    ザッツ北海道という感じがあってイメージ通りです。
    バイクの黄色も映えていますね。

    お持ちのバイクですが昨日もツーリングに行ってた時に見かけました。
    カラーが渋くてかっちょええです。
    思わず目で追ってしまいました。

    byflattwin at2022-07-24 22:07

  16. flattwin様、レスありがとうございます。

    ≫バイクの黄色も映えていますね。

     2011年当時はDR-Z400SMと言うメーカー純正モタード車をハイギヤード化しアドベンチャー仕様にし遠乗りに使ってました。

     元々オフ車ですから北海道の林道も快適に走れ、舗装路は爆速で加速が良くバンク角は無限大、大径ブレーキで指1本でリヤが持ち上がるほど制動力が強く、本気で走ると体にGが掛かり過ぎ、当時は40代で何とかなりましたが、今や60代の身には刺激が強すぎると思いますね。

     当時は撮影にも気合が入っていて、斜めから太陽の光がさす早朝に撮影して様々なアングルで膨大な枚数を撮りました。偶然うまく撮れたのを残してます。

    ≫お持ちのバイクですが昨日もツーリングに行ってた時に見かけました。カラーが渋くてかっちょええです。

     最初、自衛隊色のモデルを買ったのですが、ひと月後にデジタル迷彩柄のフォグランプ付きモデルが入荷して買い直しました。人生最期の?バイクくらい妥協したくなかったのかもしれませんね。

     見た目は速そうですが実際は音だけ速くて軽四輪に抜かれたりし、自分的にはちょうど良い感じで安全に走れます。

     また写真追加しましたが、昨日(7/24)、スッキリ晴れたので南三陸方面の田束山(たつがねさん)に登って来ました。往復200kmくらいですが無料の三陸道でワープすると自宅から半日くらいです。写真は水平が微妙に狂ってますが、これしかないので‥(笑)

    byたかけん at2022-07-25 02:04

  17. 田束山ですか。ググってみたらわかりました。
    知らない場所ではありますが近くは昨年の11月に通っていました。
    風光明媚なところですね。

    次回はいつになるかわかりませんがまたそちら方面に行ってみたいと思います。

    byflattwin at2022-07-25 21:02

  18. flattwin様、レスありがとうございます。
    只今、夜勤中で監視システムの警報音で起こされました。
    ≫次回はいつになるかわかりませんがまたそちら方面に行ってみたいと思います。

     昨年11月は陸路で陸前高田まで来られたので、今度は名古屋からフェリーで気楽に仙台まで来られたら良いです。前回の旅は震災どっぷりルートでしたが内陸部には震災とは違った良いところもタップリありますので‥(笑)

    byたかけん at2022-07-26 04:01