MacWinFan
MacWinFan
最短経路の最少接点で簡単明解なPCオーディオでの高音質システムをめざしています。Diretta + Album Player および foobar2000 + Linuxラズパイ を使っています。 …

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
専用室は音質最優先で DirettaとAlbum PlayerのデュアルPC、リビングは気楽に foobar2000@MacプレイヤーとラズパイMoodeAudioレンダラーで満足できる環境にできまし…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

Diretta + APlayer mini:超低ジッターで低ノイズ、ソースコード更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月14日

Diretta Targetファーム94_2ではソースコードが更新されました。Targetの負荷軽減されたのでしょうか、一段と透明感と切れ味が良くなったように感じます。
Diretta Hostドライバ94_5の Sync_Lowest と Album Player の軽量版で音質を確認します。

APlayer mini はDSP/VSTを省き、ビットレート変更の替りにWAV再生専用モードを付けた軽量版です。
画面サイズも大きくできないので文字が読みにくいですが、再生時にはメニューバーに折り畳んでモニター電源も切ってしまいますので我慢します。

再生中のCPU使用率は 0% のままでピクリとも上がりません。
プロセス数は118ありますが、動いているアプリはAPlayer miniだけで残りはバックグラウンドで働いています。プロセッサのスケジュール設定はバックグラウンドサービスではなく、Windows10初期設定「プログラム」のままです。電源オプションでCPU電源管理は最小最大両方とも50%に固定。

APlayer mini の設定画面最下段に Only WAV Player mode があります。
これはフォーマットデコーダーはロードされず、再生に使用できるファイルフォーマットはWAVのみとなるスイッチです。ファイル変換機能を省いた分、軽量化されます。asio_x64_config.exeでASIOのPreload bufferを2048KBに増量。

右クリックのコンテキストメニュー Slide show display interval... の数値を 0 にすると自動でのアートワーク画面変更は停止、マウスホイールかF5キーで画面変更できます。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする