ぺぶるす
ぺぶるす
Dolby Cinema下位バージョンのナンチャラー?シネマ、 通称 チャラ?シネ環境が整いました。

マイルーム

気楽にBGM・ BGV
気楽にBGM・ BGV
持ち家(戸建) / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
自作サウンドスクリーンでDOLBY ATMOS for Homeしてます。 クラシック、ロック系は苦手ですが、広く浅く気になったり気にいったりしたソフトなど晒していきます。 お気に入り…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

サラウンド スピーカーの校正のようなこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月22日

スタジオ等のモニターレベル風に 複数のサラウンドスピーカーの基準レベルを一致させる風なことですがセンターはなくトップ4台リヤとサイド4台フロント2台について普段視聴するレベルで測定してみました。
SPLメーターを使用する場合 C-ウエイトでSLOW:1s表示、を各チャンネル毎に行うだけですけどザーザーします、チェックCDのピンクノイズをリピートして直読するだけです。RTAがあるとよりいいようですね。
アトモス環境出来たころからいつかやらないととは思ってましたが漸くです。きっかけはセンターSPの要不要を検索していた時の記事の文面です、市販の4KUHDの件でハードセンター用に割り当てられたエフェクトがあると書いてあり、フロントLRに割当はなくファントムセンターでは再現出来ないものなのか、重要なシーンであればファントムで再現出来るはず、、アメリカン・スナイパーこれは後程確認してみよう。
10年に数度ぐらいしか使われないほどの備品を引っ張り出して測定です、と言ってもスイッチをオンするだけです。
今までずっと耳合わせでこんなものかなでしたがレベル合わせすると全体的に音圧が上がりキッチリ感がありソフトによる音量調整に迷いが無くなり今後はかどりそうです。
サラウンド スピーカーの一括コントロール出来る方法や機材を探していますが候補はあるものの今の直感的操作性には及ばないです、ソフトごとにチョコチョコ音量調整しますから。

ドルビーアトモス、サブシステムの構成、フロント15 ″2way、サラウンド・サラウンドバック15 ″2way、トップ12 ″2way、で全てマルチアンプパワードSPでフロント以外梁からフライング(ポン下げ)してます。
SLのレベル

Lch全てのレベル、FL、SL、SBL、TOPF(フロント)L、TOPR(リア)L

調整後4K マッドマックス 怒りのデス・ロード視聴しましたが満足です、低域強化したフロントメインだとどうなるんだろう、、
サブシステム用サブウーファーは予備で15 ″ダブルが3本待機してますがバーカウンター代わりでおとなしくしてます、サブウーファーは足りなければ満足するまで足していけばいいような量ですね、質を求めるならある程度の経験値から辿り着くガテン系ならではのやり方もありますがハッタリ感の割にはウーンこの程度かーですね。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする