コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして
邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

おくればせのテレガートナー③

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月14日

テレガートナーのレベルアップをさらに進めていきたいと思います。

前回お話ししたスフォルツァートのLANターミネーターも素晴らしいのですが、なかなか全ての曲に合うというわけではなかったのですね。洋楽や邦楽を実在感をもって聴きたい私には少しフォーカスが甘めになるのが何とも気になってしまう。逆にタンノイやソナスやラックスマンなどの雰囲気重視のシステムの志向の方にはぴったりだと思います。

私が感激したのは、アコリバに特注したテレガートナーの電源ケーブルです。内容は、テフロン絶縁PC-Triplec単線導体、シルク緩衝材、フレキシブル銅管シールド、カーボンCSFチューブを使用し、テレガートナーのプラグを取り付けたものです。もちろんケーブルの長さも適度な長さにしないといけません。そして、このケーブルにエーワイの出川式電源アダプターを投入します。出川式電源にはアイソテックのフィルターを通過した澄んだ電気を流してやります。その下にはウェルフロートを敷いて振動から隔絶してやるのも必要です。電源がゆらいでは、せっかくのテレガートナーのM12プラグの制振性が台無しです。制振性を考えれば当然、電源ケーブルを浮かすこと、テレガートナー本体の下にウェルフロートか音質的に良い木製の台を取り付けるのもお忘れなく。

これがすごい。付属のスイッチング電源アダプターは話にならないクオリティなので使いませんが、出川式に換えるだけでかなりSNが向上し、音のざらつきがなくなりますが、さらにこの特製ケーブルを投入すると、さらにSNが急向上します。
例えばボーカルの刺さりでうるさいなと思われたものが、ノイズがさらに減らされ、研ぎ澄まされることで、舌が歯に触れた音まで生々しく再現されてきます。
ギターやドラムの弾ける音も素晴らしい実在感をもって聴こえてきます。

テレガートナーは本当に手をかけるだけ応えてくれますね。出川式電源アダプターにこのケーブルを直結してもらう工事をしてもらおうかと思案中です。。。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする