nk
nk
現在所持製品 ヘッドホン:  audio-technica ATH-A700X,ATH-A2000X,ATH-ADX5000  bayerdynamic T1 2nd ヘッドホンア…

マイルーム

HPシステム簡易図
HPシステム簡易図
2020/01/12 NEW!
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

戯言 現状と先の目標等

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月18日

最近は特にスピーカーハイエンドシステムの空気録音をちょくちょく聴いており、そのレベルの高さに驚かされます
上から下までの情報量、強烈な空間への定位、音の鮮烈さ等に圧倒されています
ヘッドホン越しに聴いていてもライブ盤か?と思える程の実体感を感じるものもあります

 さて、自分はヘッドホン専である事にはこれから先も変わる事はありませんが
どうしてこのような物を聴くことになったかというと自分の中で次はどのような方向へいくというものが存在しないと、次のステップが明確にならないからです

 聴感上での実態感でいえば昨年とは比べ物ならない程良くなりましたが、それでも、まだ入り口が見えた程度であったという事が良くわかりました
ヘッドホンなのでスピーカーのような空間表現は絶対に不可能である事は間違いありませんが、情報量を上げる事や実態感のある音色へ近づける事は可能なのでこれをどこまで出来るかという事が目標ですが、実態感といっても原音というよりは自分が納得できる実態感というのが正確でしょうか
 ピアノの音色一つにしても実際のピアノの音でもピンキリで、演奏者の技量と実際の使われているピアノ自体の質やその他諸々環境等があり真の基準なんてものを追い求めるとそれこそ演奏会に行く事から始める必要があります
自分は音楽ならなんでも聴きたいのではなく家にある音源のクオリティが上がればよいので演奏会に行って確認するというような事まではしようと思いません
聴きたい曲のライブ盤も少ないし、生歌を聴ける機会もほぼない音源がメインなのでかなり特殊だと思います

 ですので簡単な方法として空気録音にて、比較し明らかに足りないと思う部分を補強という手段を選択しました
最近、感じていたのは自宅環境では低域の一部の音が重みと弾力が出なかったり、ドラムの連打等は音がスキップされてるような違和感があります

 色々な情報を考察するなら原因は恐らくヘッドホンまたはHPAの駆動力の限界という所でしょうか
ヘッドホンはD8000やUTOPIAに変更すれば、簡単に段階を上げる事は可能なのかも知れませんがD8000は実際に使ってみて思ったのは如何せん装着感が悪いという印象で、音に関してもいくつか合わないなと思う所がありました
これは家で聴いた音が近い物があって、その音に違和感を感じているというも理由の一つです

 さらにいえば、環境を構築していった上で最近はADX5000の良さがの一つがわかって来たのでこの利点を活かしたままどこまでいけるかというのも目標に含んでいます
ヘッドホンで出せないならの機器側で盛れば、出音の差を埋める事は出来るのではという挑戦も含めています

このヘッドホンはとにかく空気感の演出がとくに好きで悪く言えば若干乾いた感じがあり、自分にはこの音がリアリティのある音に感じます
ライブ盤では特にそういう部分が派手さよりもその場の空気感をとても上手く表現できていると感じます
ただ、組み合わせが悪いと音が薄く実態感が弱かったり、デッドな音になり安いかなと思いますね

 比較対象が化物環境なので追いつけないのは当たり前ですが、弱点の部分ですがアクセサリ等を選別した結果、数十万の複合機やDACとHPAの組み合わせるだけでは出ないような鳴り方を今でもしておりD8000までとはいかないにしても、かなりのレベルまでになっていると思います
(→あくまで完全な個人の感想ですw!!!)

具体的に何をすればいいのかの一つに低域のレンジを広くする、
またはダイナミクスを上げるのが当面の目標かと思っています

解決策として3つの候補を今回は考えました
HPA、プリアンプ、ケーブルという選択肢でした

 選択肢の一つとしてあるのがさらに駆動力の高いHPAを投入する方法ですが
色々調べたり、実際に使った事がある人のヒントでは倍ぐらい駆動力のHPAではあまり恩恵は受けられないようで、パワーアンプに自作ヘッドホンコネクタでやっと解消されたようですのでそちらの方が最終回答な気がします
ただ、パワーアンプを増やすという事は他にも色々増える事と設置場所問題が起こり、これはプリアンプにもいえる事でした

 さて、色々考えた挙句、やはりちょっと頭のネジが外れているのでしょうか
ここは以前から気になっていたケーブルを試してみるかという発想になりました
以前、何度かハイエンドケーブルのレビューを見た事があったので、低域特化型のケーブルというとやはりNBS BLACK LABELが筆頭候補に上がりました
後はSTAGE ⅲ CONCEPTS A.S.P. REFERENCE KRAKENでしょうか、こちらに関しては少し違うような気もしますがレビューから該当しそうな気がしました
どちらも聴いた事がなく、Krakenに関しては海外輸入というハードルと資金面でもキツイものがありましたので中古市場にあるBLACK LABELⅡ、Ⅲが候補に上がりました
 最近は試聴してから買うという行為に慣れてしまった為、取り扱い店に2件程試聴申し込みましたがどちらもお断りされてしまいました
うーん去年のSarumの時はあっさりOKが出たのでちょっと甘い考えだったようです

しかし、ⅢSをお持ちの方から情報を得る機会があり感想を尋ねてみた所、ネットレビューとはちょっと違う感想をいただく事ができましたので整合性を取るとどうやら実態感を出すという方向は間違いなさそうですが、元々出ている音を明瞭にするというイメージで深く沈み込みが良くなるというのは違うのかなという印象になり、どちらかというとkrakenの方が良いのかなという印象で結論に達していました
 年末も押し迫っているので年1回程出物が出ているので動きがあるかも知れないと思い暫くは待ってみようという結論で行くことにしました

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする