BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

トーンアームの高さ調整 VTA、SRA

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月22日


VTA (Vertical Tracking Angle)はスタイラスを盤面に対して垂直にする。
トーンアームをレコード面に平行に、トレースする針が垂直(90度)になるように設定するのが推奨されている。 後は実際に聴きこんで微調整といったところか。 少しアームを低めにしたほうが音が良いといわれることもある。



それに対してSRA(Stylus Rake Angle)という考え方が存在する。
SRAはレコードをカッティングするときのスタイラスの角度(92度くらい)に合わせるのが良いという考え方。 理にはかなっている。
つまりアームを少し高めにする。

中にはUSBマイクロスコープを使って92度に合わせる猛者もいるらしい。
でもみんな気づいているようにレコードの厚さは一定ではない。 やたら薄い盤もあれば高音質ということで180g、200gと重量を増やしやたらと分厚くなっているレコードもたくさんある。 それに測定は針が静止状態。 実際にはレコードは回転してカンチレバー、サスペンションが振動して針の角度も微妙に変わる。 だからあまり精密に追求することに意味があるのかはわからない。

理想としてはレコード盤の厚みに合わせてそのつどアームの高さを微調整するのだろうが、たいていのトーンアームはそんなに簡単に高さ調整は出来ない。 結局どこかで妥協するしかない。 たとえ高さ調整が簡単に出来るとしてもレコードを変えるたびに調整するなんて全く現実的ではない。

私が使用しているアームはSME Series IV
高さ調整はやはり簡単にはいかない。 どこに合わせるか、私の場合は(たぶんみんな大体同じと思うけど)薄すぎず厚すぎずの普通のレコードで平行に合わせている。 ほぼ平行になるように目し確認のみ。
でももしかするとSRAの考え方を踏襲するなら厚めのレコードで平行に合わせたほうがよいのかもしれない。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする