BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Miles Davis / Jack Johnson

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月13日

マイルスの作品のほとんどが傑作といえる域に達しているのでどれか1枚を選ぶことは不可能に近い。
もちろん世間的に最高峰に数えられる有名作品も数多いが、私にとってはJack Johnsonはいつも気になる作品。

これが一番好きだというわけでもないし、これがベストだと思うわけでもないが、とにかく惹かれる。

実在のボクシングヘビーウェイト級チャンピオンJack Johnsonにささげた作品。
Jack Johnsonは1878年生まれ。 1900年代初頭にボクシングで活躍した。

私が持っているのは再発(Reissue)のLPだが、両面を通して聴きその最後の台詞が特に印象に残る。


Jack本人の声ではなく俳優(この場合は声優というのか)のBrock Petersの声。

I'm Jack Johnson, heavy weight champion of the world.
I'm black. They never let me forget it. I'm black all right. I'll never let them forget it.

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする