BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

針先のクリーニング、DS Audio ST-50、Onzow Zerodust、Lyra SPT

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月01日

カートリッジの針先のクリーニングにはいろいろなやり方がありますね。

LyraはSPTという液体を売っているけど、非常に高額。これっぽっちの液体が$60。 化粧水か?

しかも使用法が無茶。 付属の毛先に液体をつけて針をなぞるわけだが、針の先っぽだけに液体をつけろ、決して接合部やカンチレバーには触れるな。

そんなこと出来るわけない。 だいたい針先なんてミクロの決死圏の世界、その先っぽだけなんてほとんど不可能、っていうか不可能。
そんなわけで2本持っているけどほとんど使ったことありません。

何でそんな高額で使いもしない液体を2つも持っているのか、それは大昔にHelikonを買ったときにまず一つ買い、でもあまりの使い勝手の悪さにほとんど使わずに放置、その後Kleosを買ったらSPTが付属してきたからです。

液体だともしカンチレバーと針の接合に接着剤が使われている場合に劣化させたりする可能性があります。
特にアルコール系は使わないに限る。 SPTにアルコールは使われていないけど。

例えばOrtofonなどはどんな成分でも液体のクリーニングは針先に使うなと書いています。

私が今までずっと使ってきたのはOnzowのZerodust、これは粘着性のある極めてやわらかいシリコン素材か何かで出来ていて、針を乗せれば埃が取れる。
非常に効果的でこれを定期的に使っていれば針先は常にきれいに保てる。
これも高額だけど長期間使えます。

だからこのZerodustで十分なんだけど、最近DS AudioのST-50というクリーニングパッドを入手しました。

説明に産業用クリーンルームの埃取り用のウレタンジェルを使っていると書いてある。
これでピーンと閃いたのが、Gel-Pak

半導体を製造する過程でシリコンウェハーに作りこまれた回路を切り分けてチップ(ダイと呼ぶ)にする前にウェハーのまま機能試験するのだが、電気的接続をするために数千本の小さな金属針が付いたプローブカードをウェハーに接触させる。
何度も繰り返すと張り先が汚れてくる、そのためにGel-Pakクリーニングウェハーというのを使って針先をきれいにする。
そのGel-Pakというのが正に粘着性の高いジェル状の物質。 たぶんST-50が使っている素材と同じじゃないかな。
昔仕事でよく使ったからなんか懐かしくてST-50を買ってしまったわけです。

クリーニングウェハーの洗浄は布(クリーンルーム仕様の毛羽立たないやつ)にアルコールを染ませて拭いていたけど。
ST-50は水道水で洗って乾かせと書いてある。

アルミのケースで底に本皮が貼ってある。 梱包も何重にもビニール袋に包まれていた。 なんか機能と関係ないところに金を掛けているな。
でもクリーニング効果は抜群。 Zerodustの倍くらいの値段だけど、これも買って損はない。

カートリッジ針先のクリーニングにはZerodustかST-50どちらかひとつは必須だと思います。
どちらかと聞かれたら値段は高いけどST-50

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. BI1961さん、こんばんは。
    忘れていました。クレオスに付いていましたねー。
    中を見ると仰るように針先だけにつけろってありますね。(笑)確かに、そんなの神業レベルですね。
    私は普段はFidelixのアームにおまけで付いていたサスパって言うのを使っていますが、たまに、Dr.Stylusを使います。これはカンチレバーも含めて軽くブラッシングするように書かれています。
    ただ、販売店さんには付けすぎるとチップの接着剤が溶けて落ちると脅されていますが。

    以前はZerodustも使いましたが、押さえすぎたのか、表面が破れて納豆のように針先から糸を引きましたんでやめました。ST-50の方はそんなことにもならないようで良さそうですね。

    byTON2 at2019-03-01 20:46

  2. BI1961 さん、今晩は、

    針先のクリーニングは、あまり神経質にならない方がいいですよ。
    私は、カメラレンズブロアーで吹き飛ばすか、小さな柔らかいブラシで撫でる程度です。
    クリーニング液は、チップとカンチレバーを接合している接着剤が溶ける、と聞いたことがあります。
    いずれにせよ、針を折らないように気を付けてね(^▽^)/

    BBより(=^・^=

    byブルースブラザース at2019-03-01 23:08

  3. ELVISさん、

    私も液体は使っていません。 って書いたんだけど。
    Ortofonも液体は使うなと言っています。 これも書いたけど。

    アナログは本当に楽しいです。
    私はLPレコードを聴いて育ったので聴き続けるのはごく自然なことです。

    byBI1961 at2019-03-02 10:05

  4. TON2さん、

    >押さえすぎたのか、表面が破れて納豆のように針先から糸を引きましたんでやめました。

    恐ろしいですね。 なるほどZerodustの中身ってそうなっているんですか、知りませんでした。
    確かにST-50はそんなことにはならないと思います。

    byBI1961 at2019-03-02 10:07

  5. ブルースブラザースさん、

    そうですね、別に神経質にはなっていません。
    小学生のころからLPは聴いていますけど(50年近い)、一度も針を壊したことはありません。

    byBI1961 at2019-03-02 10:09

  6. BI1961さん

    針先のクリーニングはとても大切ですね。

    私はディスクをセットする毎にクリーニングをしています。レコードを聴く際のルーチンになっています。

    ルーペなどで目に見えるようなゴミは論外。見なくても聴けばわかります。何しろあの微少な針先に付着したゴミですから、質量比から言っても甚大。音に影響しないはずがありません。

    目に見えないくらいのダイヤモンド表面介在物も音に影響します。それ以上に針の摩耗の促進要因となり針の寿命を縮めます。常にクリーンに保っていれば、ダイヤモンド針というのはオーディオの機器寿命に比較すれば半永久的と言ってよいほどです。

    Onzowは、以前、使用していたことがありました。目に見えるゴミには有効で、パフォーマンスがとてもよい。ただ粘着質なので使用しているとだんだんと気になってきます。今は使っていません。

    素晴らしいのはレイカのドクタースタイラスです。ダイヤモンド表面は親和性が高いので汚れやすく、落ちにくいのですが、そのダイヤモンドのクリーニングとしては最強です。ただ、超高価で扱いも面倒なので使用するのは、オフ会前とか、2~3ヶ月に一回程度です。

    普段は、超アルカリ電解水をカット脱脂綿にスプレーして針先を進行方向に向けて1~2回なするだけです。安価で効果的、安全です。これがルーチンです。

    ドクタースタイラスは、ボロンなどのカンチレバーには使用するなと注意書きがあります。ボロンは比強度が高いので軽量細径でコンプライアンス向上に有効ですが腐食性が高いので要注意というわけでしょう。

    私が、DL103を愛用する理由のひとつがカンチレバーがアルミ合金製だからです。高価なカートリッジは確かに高スペックですが、それ以上に針先のクリーニングの方が音質的には大事で影響が大きいのです。

    針先は、想像以上に堅牢で長寿命ですので神経質になる必要はありません。むしろ、クリーンに保つことに神経を注ぐべきでしょう。

    byベルウッド at2019-03-02 10:44

  7. ベルウッドさん、

    いろいろな方法がありますね、それぞれに思い入れがあって興味深いです。

    >常にクリーンに保っていれば、ダイヤモンド針というのはオーディオの機器寿命に比較すれば半永久的と言ってよいほどです。

    私もそう思います。

    >レイカのドクタースタイラス
    ちょっと見てみましたけど、容器、ブラシなどLyra SPTとそっくりですね。 中身の成分は違うんでしょうけど。
    値段を見てびっくり。

    byBI1961 at2019-03-02 13:33

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする