BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

PS Audio DirectStream DACの改造

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月10日

実は改造というほどものではないのですが、LPFを構成している部品の一つラインレベルアウトプットトランスフォーマーを交換しました。

EdcorのPCWシリーズが製品に使われていますが、同社製品でピン互換性があるより高性能のトランスXS4400への交換です。

LPFですからあまり高周波特性が良すぎても困るのですが、XS4400は低音特性、そしてTHDが上回っています。

実はこれはDS DAC開発者のTed Smithの情報です。DS DAC開発時にいくつかトランスの候補がありXS4400もその一つだったが製品化ではPCWシリーズが選ばれたということです。

奥がPCWシリーズ、手前がXS4400

ピン互換性があるとはいえXS4400の大きさはPCWシリーズよりも大きめですがXS4400も考慮されていたので実装ができるように最初から設計されています。
トランスが実装されたアナログ基板の上にディジタル基板がありトランスの部分に穴が開いているのですがそれがXS4400にちょうどぴったりはまります。

表面実装ではないので基板の裏からハンダを溶かして吸い取ればトランスを外せます。

交換前


交換後


交換後の音は低音は明らかに改善されているようです。
それに全体的に躍動感が増したようですがまだ十分の時間が経過していないので今後印象が変わっていくかもしれません。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする