BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Test CD, LP

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月25日

XENOS AUDIOさんの日記を読んで、うちにある多くのテストCD、LPを引っ張り出してみました。

なんでこんなにたくさんあるんだろう。


XENOS AUDIOさんが紹介したXLO Reference Recordings Test & Burn-In CDです。


これは日本(Japan Audio Society)が作成したAudio Test CD-1
日本らしいというか、音場とか空間とかの再現性を確認するようなものではなくサイン波、ホワイトノイズなど様々な信号を詰め込んだCDです。
主に測定に使うものだと思いますが、意外に役立っています。


アメリカの雑誌STEREOPHILEが以前作成販売していたTest CD三種




東芝EMIのLP、Professional Series Vol.1 Hearing Test Record




大昔の雑誌オーディオピープル(Audio People)が東芝EMI Pro-Use Seriesと一緒に作ったAudio People Check Record Joy and Check

この雑誌好きで毎月購入していましたが、ある日突然廃刊になりました。


一番最近購入、いやCardasのPhono Cableのおまけでついてきたので買ってはいないので入手したCardasのBurn-In Record

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. BI1961さん、こんばんは。
    こんなにテストディスクをお持ちの方は珍しいと思います。JASのやつは私も昔持ってました。
    stereophile誌が出していたのは知りませんでした。なんか結構難しいソースのイメージです。
    面白い情報ありがとうございました。

    bytaketo at2021-08-25 21:37

  2. taketoさん、こんにちは。

    なんか知らないうちに増えてました。
    めったに使うことはないんですけど。


    stereophileはTest CDだけではなく独自録音のクラシック、ジャズCDもいくつか販売していました。 LPもありました。
    当時は購読していたのでほとんどは購入しました。

    byBI1961 at2021-08-26 05:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする