BI1961
BI1961
オーディオに目覚めたのは小学校高学年(1970年代初期) 日本のオーディオ業界の繁栄と衰退を目撃してきました。 米国に移住して20余年、日本製の製品はLyraカートリッジのみ。 もっとも日本に住…

マイルーム

音楽を聴き、映画を観るシステム
音楽を聴き、映画を観るシステム
リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~80型 / ~4ch
03/30/2021時点でのシステム: ターンテーブル : Nottingham Analogue Studio Spacedeck w/Heavy Duty Kit Music Hal…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Qobuzの音

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月28日

Roon LabでTIDALとQobuzの3か月無料登録キャンペーンをやっているので試しにQobuzを登録してみた。

当然ながらストリーミングサービスは普段聞かない楽曲、興味はあっても買うほどではなかった楽曲、新しい楽曲の発見、様々な意味で便利ですね。

Qobuzは44.1KHz/16bitから192KHz/24bitまでが標準なので音質は良いと言われているようです。
実際聞いても不満を覚えるような音質ではない。
でもダウンロードした同規格の曲と聞き比べるとこれが雲泥の差でファイル再生のほうがはるかに良い。

同じ音源、フォーマット、解像度も同じなのになぜこんなに違うのか。

ファイルの再生はRoon Nucleus内蔵のSSDからUSB出力、それをMatrix Audio X-SPDIF 2でI2Sに変換してPS Audio Directstream DACに入力。
QobuzストリーミングはLANからRoon Nucleusへ、そこから先はファイル再生と同じでUSB出力、I2Sに変換してDAC入力。
Roonの設定はDSPなどは一切使わずBit Perfect(RAAT/Roon Advanced Audio Transport)で送り出している。
どこにこの音の違いを生む要素があるんだろう。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする