マイルーム

ほぼ完全なシステム
ほぼ完全なシステム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
外盤より情報量の多い国内盤LP、CD問わず歪みなく低音豊かにバランスよく再生する。失敗したソフトゼロ。 ポイントはプリアンプにあり。 デジタル) SACD・トランスポート)エソテリックX-03…
所有製品
  • パワーアンプ
    LUXMAN M-600A
  • スピーカーシステム
    WILSON AUDIO SYSTEM-7

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

続・オーディオは一軒一家族のデリカシーが重要

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月14日

前回「100VACには位相差を生じる不安定さがありますので200V仕様が望ましい。」…と記しました。この中で「位相差を生じる不安定」についてもう少し詳しくご説明したいと思います。

なんと、交流100vはグランドに数ボルトにも及ぶ電圧が入ることがあるのです。これは電気がいろいろなところを経由して各家に入って来るからです。他方、アンプ類はグランドはゼロとして回路を設計しているのでグランドに入る電圧はショックとして回路にダメージを与え、音質や定位など不安定になり、位相差を生じるのです。電源ケーブルで音が変わるのはこれが主な原因と思われます。

しかしながら、タコ足配線にすることで均一に、同時に、グランドに入る電圧のショックがすべてのアンプに行き渡るので、実質、各アンプ間の位相差は回避できるのです。例えるなら、大縄跳びでしょうか。みんな一緒に飛び跳ねれば跳ねている人同士は一体で、位相差は起こりませんね。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. bb7さん、こんにちわ~♪

    質問がありま~す(^^)
    何故に位相が乱れまくっているWILSON AUDIOSYSTEM-7をお使いになっているのでしょうか?

    位相を気にするのであれば超点音源の密閉システムが理想だろうと思います、が現実的には平面振動板ドライバー1本でしょうか。

    たとえば、FALは「究極の位相」らしいですよ(笑)
    http://www.fal.gr.jp/

    byspcjpnorg at2021-04-14 10:56

  2. spcjpnorgさん
    早速ありがとうございます。

    SYSTEM-7はバスレフポートがありますので位相差はあります。ですが、バスレフポートを完全にふさいでほぼ密閉で使用しています。

    貴方はフルレンジ・バックロードユーザーのようですね。フルレンジには位相差はありませんが、ほとんどのプリアンプに位相差があるので高域特性の優れた国内盤ソフトは皆歪みます。歪のもとはプリアンプです。

    bybb7 at2021-04-14 11:53

  3. bb7さん、回答ありがとうございます。

    私の脳味噌ではマルチウェイは無理なのでフルレンジ専門です。
    もちろん位相についてもよく分かりません、というか殆ど分かりません(笑)
    分かっているのは「フルレンジは必ず分割振動するので位相が乱れまくる」ということです。

    ちなみに私はプリアンプは使っていません。

    byspcjpnorg at2021-04-14 13:17

  4. spcjpnorgさん

    僕は以前、長岡バックロードのスワンとD-37を使っていました。プリアンプに位相差がなければ素直に歪なく国内盤LPもCDも再生できます。「さしすせそ」もきつくなりません。

    分割振動してこそフルレンジですので位相差とは何の関係もありません。音量調節するVRやATTのあるところが位相差を生じます。プリアンプと呼ばなくても同等、ネームが違うだけです、逃げられませんよ。

    bybb7 at2021-04-14 16:21

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする