マイルーム

ほぼ完全なシステム
ほぼ完全なシステム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
外盤より情報量の多い国内盤LP、CD問わず歪みなく低音豊かにバランスよく再生する。失敗したソフトゼロ。 ポイントはプリアンプにあり。 デジタル) SACD・トランスポート)エソテリックX-03…
所有製品
  • パワーアンプ
    LUXMAN M-600A
  • スピーカーシステム
    WILSON AUDIO SYSTEM-7

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

10年続けたBTL接続をやめた

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月18日

こないだの我が家での試聴会でセンター定位の右への片寄を指摘されました。自分としては左耳の加齢による劣化と感じ、仕方ないとあきらめていたのでちょっと驚きました。

システムの問題となると、解消するためにシングルで駆動したところセンター定位はバッチリ真ん中で決まっていました。プリアンプの所為じゃないとホッとしましたが、2台のパワーアンプは共にシングルでは何の異常もなかったのでシングルで使うしか無い、コンビ解消と判断しました。

ラックスマンM-600aはシングルでもSystem7を十分駆動する能力があると分かりました。愛称新次元プリとバッテリDACの優れた表現力をさらに引き出していたのです。ただ、BTLと比べて前後の立体感が減退した感じがしましたので、それが今後の課題と思います。

それにしても、試聴会は有難いですね、さらなるステップアップの糸口を見出してくれました。m(_ _)m

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. bb7さん、こんばんは。

    10年ものを止めますか。爽やかな判断ですね。オフ会を通して自分の音を変えるというのは、素晴らしいオフ会だった印でしょうね。ベルウッドさんもCENYAさんも裸の王様の取り巻きのようなことはしないですし、粘着もしないですからね。私はサラウンドなのですが、随分と教わっています。

    BTLによって出力を稼げるが、逆に、出力電圧が下がる、ないし、低インピーダンスの駆動が難しくなるリスクがありますからね。自分もとあるA級を試したのですが、ちょっとパワーが足りませんでした。バイアンプが可能であれば、やられてみたらどうでしょう。今度お伺いできたら、バスレフポートの開閉と合わせて聴き比べさせてもらいたいです。

    byベルイマン at2021-10-18 16:39

  2. ベルイマンさんへ
    早速、ありがとうございます。

    バイアンプですか、今のところ考えていません。というか、System7はバイアンプに対応していないと思います。まだ、シングルのセンター定位の完璧なところをタップリ楽しもうと思っています。まあ、シングルでも、まだまだ、引き出しはありますよ。それらを試したいです。

    bybb7 at2021-10-18 17:21

  3. bb7さん、初めまして。
    オーディオ以外の普段の聞こえ方が右側にブレる事が無いように、聴力の左右差が有っても脳内補正されるので方向性がブレることはないので、アンプの出力に個体差が有ったのですね。

    解消方法の一つとして、プリアンプのボリュームが左右独立型であれば、BTL使いでも左右の出力を揃えることは可能ですが、最近のアンプにはほとんど付いてませんね。

    by椀方 at2021-10-18 19:40

  4. bb7さん、こんばんは。
    音が右に偏るそうですが、右チャンネルに使われているパワーアンプは、木製のラックの方でしょうか?
    もしそうなら、ラックの剛性の差が音に現れている気がします。金属製のラックは木製と比べると柔らかいので、アンプの下にゴムを敷いている様なマイルドな音になり、それが音量差となっているのかもしれません。

    なので、金属製の棚下に木片等を入れて、アンプの荷重をダイレクトに床に伝える工夫をすると、改善できるかもしれません。

    by試聴記 at2021-10-18 20:53

  5. 椀方さんへ こんばんは。

    >アンプの出力に個体差が有ったのですね。

    まだ、半年前位からで、壁の反射とか、いろいろ考えていたところで、まさか、アンプの出力差とは思いもよりませんでした。

    >プリアンプのボリュームが左右独立型であれば、BTL使いでも左右の出力を揃えることは可能ですが、…

    僕のプリも左右独立型ではありません。つけられるか製作者に訊いてみようと思います。

    bybb7 at2021-10-18 21:39

  6. 試聴記さんへ こんばんは

    >音が右に偏るそうですが、右チャンネルに使われているパワーアンプは、木製のラックの方でしょうか?

    そうです、右側です。以前は2台とも木製でしたが、左はプリアンプのバッテリ交換のために引き出し式がある金属製にしました。


    >なので、金属製の棚下に木片等を入れて、アンプの荷重をダイレクトに床に伝える工夫をすると、改善できるかもしれません。

    そのくらいのことで改善できるならすぐにでも試してみたいです。ありがとうございます。

    bybb7 at2021-10-18 21:48

  7. 椀方さんへ

    >プリアンプのボリュームが左右独立型

    ボリュームはVRかATTですが、左右二つにしたり、バランスをつけたりすると、音質、特に位相が著しく劣化します。最近ではつまみは最少にするのが常識と思います。まあ、便利にしようとする気持ちはオーディオには逆向きに働くようです。パワーアンプは消耗品と割り切るしかなさそうです。(苦笑

    bybb7 at2021-10-19 09:05

  8. bb7さん

    10年来のBTL接続をやめられたのですか。すごい大決断をされたようでちょっとびっくり…というか、私たちの訪問がきっかけでそうなったと聞いてビビっております。あまりひとさまのシステムに軽々にものは言えません。責任重大ですね。

    左右のアンプの出力差というお話しもあるようですが、それは左右の接続を換えてみれば、アンプのせいかどうかはすぐに確かめられると思います。

    私の推測は、部屋の影響で右側にエネルギー(特に低音)が片寄っているせいじゃないかと思っています。そのことが、シングルにされたことで低域の制動が改善し、片寄りが少なくなったのではないでしょうか。

    ラックスのA級アンプは、もともとダンピングファクターが小さく制動力はあまり大きくないようです。ラックスとしてはA級アンプの愛好家の嗜好に合わせて管球アンプ的な音味を狙っているのではないでしょうか。BTL接続すると、ダンピングファクターはさらに6割ぐらいにまで低下してしまいます。それで制動が甘くなってしまい、コーナーに近い右側の中低域が響きやすくなるのではないか?…というのが私の推定です。

    個人的には、BTL解消には賛成します。長年お聴きになっていたシステムについてご自身が下された直感というのはだいたいアタリが多いです。

    シングルでも駆動力(音量)は十分というのはその通りですし、BTLには上記のように独特の現象もあります。一方のChの位相を反転させるので余計な回路も入るし駆動素子も増加するのでどうしても音の鮮度が落ちてしまいます。お聴かせいただいたプリアンプの印象からすると、よりシンプルに高い鮮度と純度を求めていく方向のほうが良いのではないでしょうか。

    やはりお部屋のコーナーの処理など、必要最小限のチューニングは効果的だと思います。奥行き感は、部屋の響きを整えることもありますが、スピーカーのセッティングだと思います。音の鮮度やSNが上がるとスピーカーのセッティングにより敏感になり調整もしやすくなります。

    ますますの進化を予感してしまいます。

    byベルウッド at2021-10-20 10:26

  9. ベルウッドさんへ

    実はBTLではプリアンプのVRの位置が9時くらいでして、プリアンプの製作者によれば12時前後に最適になるよう設定しているそうで、9時ではまずいようなことを言われたことがあります。フォノイコも低インピーダンス専用ですので、低インピ・カートでは出力レベルが大きいですから、さらにレベルを下げるようになります。八方塞がりに成っていましたので、誰か、背中をつついてくれないか、みたいな状態だったのです,気にしないでください。(爆)

    ウイルソンは能率が良い。パワーが入り過ぎていたと思います。シングルにして、11時くらいになりましたから丁度良いです。好みのエミネントも気軽に使えます。なんとなくですが、BTLより切れ味が上がったように感じます。

    bybb7 at2021-10-20 11:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする