きょや
きょや
PCオーディオをメインにしていましたが、最近ホームシアターを始めました。ピュアオーディオとの両立はなかなか難しいですが、少しずつよりよい環境を目指していきたいと思います。

マイルーム

システム
システム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~7.1ch
2021/5/7 #海外の方と情報交換していますので一部慣れない英語表記になっています。 [Speaker] MITSUBISHI DIATONE DS-4NB70 x 6 (Stacke…
所有製品
  • HDDレコーダー
    PANASONIC DMR-4W400
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • AVアンプ
  • その他オーディオ関連機器
    FUNDAMENTAL ATT10
  • その他アクセサリー
    SHIZUKA SAC-1016

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

PCオーディオ用マルチチャンネルDACについて その4

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月19日

PCオーディオ用マルチチャンネルDACが完成するまでは、Pioneer UDP-LX800 でマルチチャンネルを聴こうと考えていますが、昨日はじめて外付けのUSBハードディスク(Buffalo HD-LC4.0U3/N



を接続してみました。オーディオ用途に購入したものではありませんので、あまり期待はしていませんでしたが、ネットワーク経由での再生で悩まされたトラックの変わり目のプチッというノイズがありません。そこでできる範囲で音を良くしてみることにしました。

まず、付属のスイッチング電源を LT3045 4パラ基板を使用したリニア電源(音屋とらたぬ Low Noise & High Current Power Supply Model LHPS-2 改)のDC12Vに換えました。これによって大幅に音が良くなりました。



付属のUSBケーブルは USB 3.0 MicroB → USB Type A ですが、これも音に悪影響がありそうです。USB 3.0 MicroB に対応したケーブルは付属品以外にもっていませんので、USB Type A 端子側に、JS PC オーディオさんに特注した、下記製品(下写真)を接続し、pioneer UDPLX-800 の USB端子に接続しました。



この特注品を使って、付属のUSBケーブルからの電源線を遮断して、外部から 上記 リニア電源(LHPS-2 改)からクリーンな 5V を供給しなおします。これで更に音がよくなりました。

Flint Juventino Beppe: Remote GalaxyをDSD128 Multi再生してみましたが



ノイズが減った影響か、音がよく響くようになり、満足できる音です(pioneer UDP-LX800 は DSD128までしか再生できません。)

ただ、Podger(Vn) J.S. BACH CELLO SUITESは、生のヴァイオリンの音には遠く及びません。マルチチャンネルの音が、2chではだせないような音が鳴るようにするのが今後の目標です。



さて、マルチチャンネルDACの進捗状況ですが、音屋とらたぬさんから、新たな提案がありました。それは、MCHStreamer に DuCULoN からクロックを供給するという方法です。

以下は音屋とらたぬさんからの説明です。



これは、MCHStreamer の基板ですが、この基板にはCS2100というマスタークロックを生成するICが使用されています。画像の右上でピンクで囲ったICです。
周波数の設定はXMOSがCS2100の内部設定を変更して行っています。

このCS2100が出力するマスタークロックは、近くにあるピンクで囲った抵抗を経由してXMOSに入力されます。
マスタークロックを経由している抵抗は、長さ1ミリで幅が0.5ミリのとても小さいものです。

マスタークロックの周波数は、22.5792/24.576MHzでした。

この基板に外部からクロックを供給するためには、以下の画像のような細工をする必要があります。



ピンクで囲っていた抵抗を取り外します。
そこに2つのはんだ付けできるパターンが残りますので、ICからくるパターンからマスタークロックを取り出し、周波数が22.5792/24.576MHzのどちらなのかを判定します。

DuCULoNの周波数はこの2倍なので半分にする必要がありますが、それはロジックICを利用することで可能です。

MCHStreamerのマスタークロックの周波数がわかれば、外部から供給するマスタークロックを取り外した抵抗の残りのパターンを通してXMOSに供給します。

この方法はXMOSがCS2100というICに対して設定を変更してマスタークロックの周波数が変更してから、少し遅れて外部から供給するマスタークロックの周波数の
変更が行われます。

このタイミングのズレが悪影響を及ぼさなければ、正常に動作すると思います。

上手く動くかは試してみないとわからないという点と、抵抗を取り外した部分のパターンがとても小さいので、長期間使用していて配線が外れる懸念があります。

いずれにいたしましても試してみないとわかりませんので、時間はかかると思いますが、基板を作ってMCHStreamerの改造を試みてみます。

との事です。

音屋とらたぬさん、ご提案ありがとうございます。基板の製作をよろしくお願いいたします。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. きょやさん、

      おはようございます。
      色々と、進んでいるようですね。

      クロックですが、DuCULoNは確かに優秀そうですが、高いですよ。 一つ15万円。 44k系と48k系と二つ必要になれば、x2になるのでしょうかね。
      出来るかどうかは、音屋とらたぬさんとの相談なのかも知れませんが、外部クロック10Mの入力が使えるようになれば、今お持ちの機器が生きると思います。

      続編を、お待ちしています。

      

    byYokkun at2019-09-21 08:52

  2. Yokkunさん、

    コメントありがとうございます。

    DuCULoNは専用基盤を含めると1つ22万円に値上がりしています。
    ただ、現在2ch用のDACに搭載していますが、音は格段に良いです。

    外部10Mクロックを使用するという方法も、メリットデメリット含めて検討したいと思います。

    byきょや at2019-09-21 16:07

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする