ベルイマン
ベルイマン
2021/10/9 4本のFOCALスピーカーを同一円に乗せるまで、あと数十ミリにまで来た。調音材の配置を工夫したところ、ITURから外れたセッティングで、側壁の距離もフロントとリアでちぐはぐである…

マイルーム

マイシアター『象牙の塔』
マイシアター『象牙の塔』
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / ~4ch
私のシアターは、ずばり、「象牙の塔」‛la Tour d'ivore'と言います。 縦5438 x 横3618 x 高3400mmの約11畳の縦長。スピーカー4本、ユニバーサルプレイヤー、AVプ…
所有製品
  • その他アクセサリー
    SPEC RSP-AZ1
  • オーディオボード
    ACOUSTIC REVIVE RAF-48
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RLT-1
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RR-777
  • その他アクセサリー
    ACOUSTIC REVIVE RUT-1

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

TO BE WITH YOU

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月03日

皆さん、こんばんは。


先日、元住ブレーメンさんが紹介されていたMR.BIG、"LEAN INTO IT"のSACD、5.1chを聴いてみました。実はあまり期待はしていませんでした。(笑)高校生のときにビートルズとプレスリーしか知らなかった私に友人がテープにダビングしてくれて、「ウォークマン」でよく聴いていました。青臭い熱気に満ちた記憶がまとわりついていて、あの頃の楽曲はどうあっても思い出には勝てないと思うことが多かったからです。DEEP PURPLEなんて聴くほどにがっかり。(笑)で、このMR.BIGはよかったです。サラウンドで聴いているというのもありますが、まったく新しく聴こえ、記憶と競合しない。かつ、91年の録音ですが、マスターからおこしたようで、2000年代前半のSACDと並べてもそんなに遜色がない音質に思えます。


☆トラック11 

"To be with you"を聴いてみます。ポール・ギルバートでしょうか、ボディを叩く音から始まります。いい音ですよ~。このコツ、コツ、コツと叩く音は中央から入ってきますが、そんなに大きな音でないのにサウンドステージが広いです。我が家だと両スピーカー間の奥、リスポジから3m先の壁からポツっと音が生じると、同じくリスポジから1.5mくらい手前にまで伸びて来たところで、左右にさぁーっと広がっていき、あっ、フロントスピーカーのユニットに当たっちゃいました。完璧なファントム定位は広大な音場を確保しなければならないんですよね。ふむ。

実は音の解像度を上げる過程で音場が狭くなってきたという経緯がありまして、ここ1ヶ月くらいでかなり音場を広げたつもりだったのですが、ぎりぎり、いやあっさり超えられちゃいましたね。音場のへりで歪んでしまいます。いや~、思い出の高校時代の感覚で聴き始めたのに、いきなりレベル高いじゃねえかー!

ボーカルのエリック・マーティンとギターのポール・ギルバートは中央で伸び伸びと、非常にパーソナルなプレイになっているように思えます。ギターの弦がバイブレートしながらキーンと高域に消えていく時の響きとかも、たまらないものがあります。センターレスってこういう感じで前に揃った時はいいですよね~。声もギターも解像度は十分だし、熱がこもっているし、目の前に音場のへりがないからシームレスで変に気にならないし、ゆったり歌いかけて、聴かせてくれる。


(注) 以下、ネダバレあります。とにかく買って聴いてみようと思う方はお読みにならない方がいいかもしれません。私は何も知らなかったので、驚きました。



面白いのは、2分過ぎまで中央でぐっと熱いボーカルを聴かせていたエリック・マーティンが、おもむろに歩きだして、I'm the one~と歌いながらリスポジをぐるっとゆっくり周回するのです。FLの裏に入って、RL、RRもスピーカーをくぐって、ああ、FRの裏も回って、また中央に戻って来てくれるのです!なんだか、最後は笑いかけてもらった気分になりました。

いやはや、ここ最近はアーノンクールの『マタイ受難曲』DVD audio対策でリアをだいぶ研究して、タイムアライメントをできる限り合わせてきましたからね、無駄にと言ったらなんですが、こんな所で報われました。(^^) エリック・マーティンが自分の方をちゃんと向きながら歌いかけてくれています。

しかし、何故だかこのディスクはなかなかにレベルが高いです。ちょっとエリック・マーティンの歩調は細かく聴くと、両サイド(FL→RL、RR→FR)で少しぎくしゃくします。歌はシームレスですが、音像の動きの話ですね。

うーむ、曲はもちろん素晴らしいのだけれども、なかなかテクニカルなエンジニアリングにすっかり驚いて5回くらい爆音でリピートしてしまった。

まあ、なんか曲芸系の音源か?なんて思われちゃう話でしめちゃいますが、けっこう深い味わいでした。エリック・マーティンが自分に歌いかけてくれている錯覚は、好きな人にはたまらんですよ。

色々とおすすめです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ベルイマンさん、こんxxは。

    「あの頃の楽曲はどうあっても思い出には勝てない」

    もうね、めっちゃわかります。めっちゃ賛同します。あの、名言と言わせていただきます。

    かつて貸レコ屋でADを借りてカセットテープにダビングして聴いていた音の記憶は、デジタルで聴くと大抵しらけるのです。

    私は一時期、CDからわざわざカセットテープにダビングして聴いたりしていました。それは音質的には割と効果的でしたが、手間と効果はまったく割に合わない感じでした。

    アナログ風なナローレンジのデジタルコンテンツを創るか、記憶と競合しない今回のようなコンテンツを創るか、興味深く見守っております。

    by元住ブレーメン at2021-09-03 18:34

  2. 元住さん、ありがとうございます。褒め過ぎ?(^^) でも、「若い頃貪るように聴いた曲が今、、、」な想いに共感してくれたっていうことだと思いますので、嬉しいです。なるほど〜、ナローレンジを狙うですか。記憶と真向勝負系ですね。私は思い込みが強かったので、記憶と勝負すると、、、(^^) ノイズ情報、あったらでよいので、教えてくださいねー。あ、可能であれば映画を観に行かせてください。プロジェクターのことで色々相談させて欲しいのです。よろしくお願いします。

    byベルイマン at2021-09-03 18:52

  3. ベルイマンさん、

    こんばんは。

    「あの頃の楽曲はどうあっても思い出には勝てない」

    私も強く強く賛同します。実は「自分にとってのオリジナル」みたいなタイトルで、日記を書こうかと思っていました。それくらい自身の原体験を超える再生は相当ハードル高いです。

    それが分かってか分からずか、英国のリマスタリング・エンジニアのインタビューなどを読んでいると、「オリジナルの忠実な再現を超えて?旧い録音から新たな創造」を目指していますね。そういうポイントでリマスタリング盤やサラウンド・バージョンを聴かないと、「イメージと違う」とがっかりします。ご紹介の盤は未聴ですが、期待に沿ったもののようですね。

    私個人は、現在の機器で過去の録音を、原体験を超えるレベルで再生したいと頑張っております。

    byのびー at2021-09-03 19:00

  4. のびーさん、こんばんは。こっちはずっと雨です。アースに嬉しい。(^^)
    英国のリマスタリングレーベルのを立て続けに入手しました。全部かっこいい。そんなとこの〜?って言われると困るので、イニシャルレターはVとだけ。(^^)

    現在の機器で、過去の録音の、原体験を、超える。相変わらず痺れますね。ガジェット出てきたりして。(^^)

    byベルイマン at2021-09-03 19:56

  5. 若い頃に聴いた楽曲の思い出に勝てるわけがない、と発言してみて、ベテラン2人から反応があったが、軽はずみな言い方だったかもしれない。

    言いたかったのは、単に私の家のシステムが自分の若い頃に聴いた曲をその時のメディアで再生するには不向きであるということ以上のことではない。

    ニナ・シモンという歌手がいた。ジャズ、ブルースの畑の人だろうか。1958年の曲をずっと探していた。ひょんなことから、CDを見つけた。実は諦めて、アナログで買って誰かよそ様のとこで聴かせてもらうとも考えていたところだった。さて、そのCDの音質は、まあ酷い状態である。レベルがガタガタして歪んだかと思うと、唐突にフェードアウトされて、おしまいになってしまう。こういう録音だったのだろう。リマスターがうまくいってない古い映画のように、ハイ上がりというのか耳障りで、間接音みたいな空気の音も多い。何度かは聴くとは思う。曲の名はは、”You don’t know what love is”。手に入らなくて、チェット・ベイカーのを入手してみたりしていたが、やっぱりニナが1番いい。

    byベルイマン at2021-09-03 22:02

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする