えふじぇい
えふじぇい
最近PCオーディオからネットワーク・オーディオに転向し、LINN Selekt を核に2ch AVを楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

Selekt と Apple TV の組み合わせは最強!(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月06日

Selekt に接続した映像ソース機器は、最初はBDレコーダーのみだった。機種は Panasonic の DMR-UBZ1 である。

UBZ1 では Amazon Prime Video も Youtube も、そして NETFLIX も観ることができるが、そこで問題が発生した。

 NETFLIX を観ようとすると、画面が真っ暗になったっきり無応答になってしまう
 (必ず、でもなく、7~8回に1回は、うまく観れる場合もある)

Amazon Prime Video や Youtube は普通に観れる。手持ちの別のメディア・プレーヤーを繋いで NETFLIX を観てみると、これはちゃんと観れる。

これは、以前 UBZ1 を繋いでいた AVアンプやテレビやプロジェクタでは発生しない、Selekt 特有の現象だ。

これには参った。結構 NETFLIX の視聴機会は多いのだ。

それで、まずは Amazon Fire Stick 4K を Selekt に直結させることにした。これで NETFLIX に加えて、Selekt がまだ未対応のAmazon Music HD も聴けるようになった。

そうすると、BDプレーヤーで観ていた NAS 上の動画ファイルも、Fire Stick 4K で観れないか、と思い始め、Kodi をインストールしたりしてみたのだけれど、これがどうも安定しない。UBZ1 のプレーヤーでも観れるのだけれど、早送りや巻き戻しがほぼ不可能な状態で、それが不満だった。

それでいろいろ調べたら、メディアプレーヤーとしては Apple TV の Infuse というアプリが優れている、ということだったので、そっちの理由から Fire Stick 4K から Apple TV 4K に移行した。そうしたら、これが大当たり! だったのだ(続く)

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする