koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

Digital Color Decoder

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月22日

先日アナログ式Color Decoderのサンプルを製作した環境と同一の環境でDigital Color Decoderのサンプルを製作してみました。

両者はY/C Separatorの仕様に差異がありそれは以下の通りです。
アナログ式Color Decoder: 2Line Comb
Digital Color Decoder: 3Line Digital Comb

2Line Combはライン間の相関性の有無に無関係で常に1ライン後の走査線との差を取る事でC信号を抽出しそれを元信号から差し引く事でY信号を抽出するものです。
3Line Digital Combはライン間の相関性に応じて前後の1ラインの走査線から一方若しくは両方を選択して差を取るか走査線内で前後半周期のサイクルから差を取るかを選択してC信号の抽出を行います。Y信号の抽出は2Line Combと同様に元信号から抽出したC信号を差し引く事で行います。これにより2Line Combより大幅に優れたY/C分離精度を実現すると同時にTRAP/BPFに対する2Line Combの欠点を回避する事が可能になります。

このように非常に優れたY/C Separatorが搭載されている事がDigital Color Decoderの大きな優位背となりますけえれども反面諧調性の問題やDigital Filterに起因した滲みやキレの悪さなどの問題が生じる事となります。

サンプルの動画はこちらからご覧頂けます。
アナログ式Color Decoderサンプル
Digital Color Decoderサンプル

Digital Color Decoderは、Y/C分離精度が高い分だけ色の濃い箇所でのディテールの凹凸が深くなって見えるなどの利点こそありますが、色滲みは増えフィルムグレインなど薄く細かい模様の鈍りも気になる様に思いました。


今回比較用のサンプル動画を製作していて先日解説した通りの利点の欠点を確認する事が出来ました。
アナログ式のColor Decoderでは最良のY/C Separatorである3Line Dynamic Combのサンプル動画も可能であれば近日中に製作させて頂きたい様に思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする