koyatenn
koyatenn
画質マニアです。また音質マニアでもあります。 質感と立体の表現を好みCRT, 撮像管, 70mmフィルムなどの画を好みます。 普段はTwitterにいます。 LaserDiscを主とした…

マイルーム

koyatenn Room
koyatenn Room
その他 / その他 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
主にLaserDiscを扱っております。 現在はLaserDiscをファイル化しPC Transportで再生するファイルベースのシステムの研究に注力しているため、その関係の機器が多いです。 …
所有製品
  • TOS(光・角形)デジタルケーブル
    1ST STORAGE AUDIO SMO6
  • USBケーブル
    SUPRA USB 2.0
  • D端子ケーブル
    FURUTECH FVD-77
  • D端子-RCA色差ケーブル
    FURUTECH FVD-73
  • その他ケーブル
    FURUTECH FVS-71

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

画質/音質サンプルの製作 -Digital Archive Production System

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月24日

先日Audio周りのレベル調整を終えたDigital Archive Production System、System Phaseの調整が済んでおりませんけれどもInput/Output Levelの類いは一通り調整を終えました。

とりあえずの画質/音質サンプルを製作可能な所まで来る事が出来ましたので、この度は以下の構成での本システムの画質/音質サンプルの動画を製作する事としました。
高解像度版
今回の強化点は以前に「Audio Blockの強化準備 -Digital Archive Production System」で述べた通り音質面での改善が主となっております。
画質面は以前から据え置いた状態にあり、運用面でのテストとしてアナログ式のColor Decoderを別構成で組み込む形としております。
また、Color EncoderのSync ReGeneratorとしての応用が失敗に終わった為当初の予定とは異なる機器構成を強いられる事となりました。


今回製作した画質/音質サンプルはこちらとなります。
LaserDisc Digital Archive Production System Digital Decoding & Up-Convert System画質/音質サンプル

今回Audio Blockを強化した事による改善は事前にテストしたときの記事で述べた通りであり特に新たにコメントすべき発見などはございません。
強いて言うのであれば未だ改善に手をつけられていない問題の根本部分であるAudioADCの交換を行いたい限りです。

画質面では先日より述べているDigital Color Decoderを用いる事により生じる階調性や質感表現の問題や3Line Digital Comb FilterのY/C分離精度の限界に伴うクロスカラーやドット妨害の発生など取捨選択な要素が真っ先に目に付きます。
また、NTSCからデコードした525i信号を1125iへアップコンバートした後にi/p変換を行っている事に起因したジャギーの発生や垂直解像度の低下などに大きな問題を感じております。アップコンバートとi/p変換につきましては不満が付き物である他、今後はYouTubeでのビットレートの割り当てを考慮して2160pや4320pへのアップコンバートをしてのアップロードも検討している為色々と悩ましく思う限りです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする