Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

マイルーム

5.1chマルチとAuro3Dと2chとAtmosとを共存させています
5.1chマルチとAuro3Dと2chとAtmosとを共存させています
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上
【サラウンドスピーカー四変化】(2021年10月末更新) ここ伊豆でのMy Roomは、平行面の少ない6角形の変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、強い傾斜天井、珪藻土の壁、桜の無垢の床など、専…
所有製品
  • プリメインアンプ
    ONKYO TX-8050
  • スピーカーシステム
    SONUS FABER Sonetto I
  • スピーカーシステム
    YAMAHA NS-2HX
  • センタースピーカー
    YAMAHA NS-C7HX
  • スピーカーシステム
    YAMAHA NS-4HX

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

日記

グランドスラム邸訪問記-ISP MK2導入?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月06日

会津若松のオーディオファイルとして知らぬ人はいない(?)、グランドスラムさんのお部屋を訪問させていただきました。わけあって(後述)、急いでUPすることが期待されておりますので(笑)、息子と泊っている旅館から簡単にご報告します。

グランドスラムさんは学生の頃にこちらでは有名な某オーディオショップでアルバイトをしたことからこの道に深く入り込まれたそうで、今に至る30年余(?)をオーディオ(とゴルフ?)にエネルギーを注ぎ込まれてきた方です。しかも、学生時代に「合唱部」に在籍していたということで、耳の方も筋金入りとお見受けしました。

若い頃からいわゆるハイエンドオーディオに取り組まれていたために、何度もオーディオ雑誌の取材を受けておられ、かつオーディオ関係者のお知り合いも多いという、この世界ではかなり「知られた」存在です。

まず、お迎えいただいたのは、母屋とは別棟の完全専用設計の独立したオーディオルーム(というかオーディオ用家!)。東北電力管内最初のマイ電柱・トランス付きです。

お部屋に入ると、私は初めて実物を見るWilsonのグランドスラムと、それを使うために音響のプロに専用設計していただいたという勾配天井や数々の吸音・反射材がはめ込まれた15-20畳ぐらいの空間があります。お断りして手をたたかせていただくと、壁や床が堅固なつくりで防音設計になっているにもかかわらず、反響が少なく、上手に吸音・反射がされていることがすぐわかりました。

Warm Up代わりに、ちょうど私も持っているHans ZimmerのライブコンサートのBDを再生しておられたので、早速「対決モード=笑、比較という意味です」に突入。

BGV風に鳴らしておられたのですが、すでに「持っている潜在的なエネルギー感の違い」を感じつつ、機器の説明を伺いました。

ハイエンド系の機器の知識が全くない小生には、メーカー名や型番を言われても、右から左ではありましたが(グランドスラムさん、すみません)、モノアンプだけで100キロとか、一本のケーブルだけでパソコンが何台も買えるとか(私は精神衛生上、値段は基本的には聞かない主義=笑)、スイス製のマルチチャンネルDACにジェフローランドの2chプリを3台いれているとか、B&Wの805をトップスピーカーに使っているとか、それを駆動するパワーアンプが若い頃憧れたKrellとか・・・もう目が丸くなりすぎて、とても書ききれません。

私でもわかるスピーカーだけ整理しますと(汗)、グランドスラムが4台体制でLRとサラウンド、センターもウィルソン、最近入手されたというサブウーファーも前後に2台あってこれもウィルソン(このSWはこれまで見たこともない大きさで、棺桶として中に人が入れられそうな=笑)。つまり、フロア層は5.2ch構成。プラス天井に805が2組4台なので、「5.2.4」ということになります。

このメインスピーカーですが、私は雑誌でしか見たことがなく知らなかったのですが、メインの5Way7Speakersユニット(これで合ってます?)から成るグランドスラムは、後ろ側にスーパーツイーターが2つ隠れており、これは天井からの反射を利用してAmbient効果を出すよう設計されており、またダブルウーファーの上にあるスコーカー・ツイーターは角度調整が可能で、リスニングポイントに合わせてマニュアルに沿って六角レンチで動かすのだとか。

ここまで一通り説明を受けて、「ではここに座ってください」と言われて右側にある機器類を見ると1台だけ見慣れたヤツが。そうです、拙宅に最近導入したStormのISP MK2の、日本に一台しかない試聴機が、今はここ、グランドスラム邸に来ているのです!

で、得意顔で(笑)、持参のPCにつないで私の手元で操作や動作確認ができるようISPをhi jackしまして、試聴スタート。

それまでBGVとして流れていた、Hans Zimmerからのおススメ曲を「本気モード」で再生。ベースとスネアドラムが印象的な曲で、グランドスラムさんがISP MK2を使われて「自分史上最高の低音」(私と同じコメント!)という、その良さを最大限発揮できる音源です。

うーん、タイコがそこにある(笑)。怖いからそれ以上力を入れて叩かないで、と頼みたくなりました(爆)。

家に帰って私のシステムで再生して比較するまでもなく、圧倒されました。前にご紹介したようにこのISP MK2にはDirac Liveという最先端の音場補正が組み込まれており、もちろんグランドスラム邸も測定・調整のうえそれをOnにして使っておられるのですが、私は「多少、オリジナルのシステムの個性を消してしまうのでは」と疑っておりました。しかし、ここで聴いたISP MK2とウィルソンとの組み合わせは、拙宅の音とは別物で、ちゃんと「個性」を残していました。

ちなみに、私のPCからの操作でDirac Liveをオフにしても聴かせていただきましたが、こちらはやはり低音が折り重なって津波のように襲ってきますが、波一つ一つが整理されず、重なりあい、高め合い打ち消しあい、やや不快なレゾナンスを発生させます。この印象にはグランドスラムさんも同意されて、「これは買うしかないかな?」とNaspecの方が聞いたら喜びそうなコメント(笑)。

拙宅との比較は、伊豆に戻ってから同じ音源を再生して続報を書きますが、最後に、この日記を上梓するのを急いだ理由は、このISP MK2は、お盆明けまで、グランドスラム邸に居続けることが許されているため、今ならもれなくグランドスラム邸で試聴可能であり、グランドスラムさんもそれを歓迎されておられることを宣伝して欲しいとのことだからです。

Philewebコミュニティの皆さん、どうぞ、奮ってご参加ください!東京からでも飛ばせば(笑)車で約3時間、新潟や仙台あたりからですと約1時間とか。彼は仕事柄この期間はAvailableな日程が多いようですので、ご興味のある方は、彼にメッセージを送ってくださいとのことです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おっと、早速予約をさせていただかないと。(^^)

    byベルイマン at2021-08-06 12:52

  2. Auro3Dさん、

    終着駅のようなシステムを拝聴されたんですね!それにしても、Wilson audioのグランドスラムが前後に四本とは(^o^/)。凄い!
    伊豆に帰ってからの訪問後記も楽しみにしています。

    拙宅ではディラックライブをもう一つの2chシステムにも(お試し)導入しました。ディラックライブは病みつきになりそうです。

    byTomy at2021-08-07 02:09

  3. ベルイマンさん

    早速、グランドスラムさんからも連絡がありましたよ!今回はご一緒できず残念でしたが、ベルイマンさんとは聴きたいツボが微妙に違う(今回、Auro3DのNativeソフトをたくさん持ち込みました。それについては後日)ようなので、別々の方が(グランドスラムさんは大変でしょうが=笑)じっくり堪能できるかもしれませんね。私は時間を忘れて過ごしましたから。

    ベルイマンさんは私と違って、いろいろハイエンドにお詳しいので、彼のシステムの「凄さ」がよりよく理解できると思います。アンプ類は元より、電源やケーブルにもものすごいこだわっておられるので、ベルイマンさんにとっては、「ワンダーランド」かと(笑)。

    そもそも、今回グランドスラムさんにお招きいただいたきっかけとなったのが、私がベルイマン邸の訪問記をUPしたことでした。「同じスピーカー4台の凄さ」について書いたものですが、「それならうちが本家だろ!(私の想像です=笑)」ということでお声がけいただいたと思っています。

    ゆえに、ベルイマンさんにとってはとても有意義で、もしかすると目指すべき道を発見できるかもしれません。後日譚を楽しみにしております。

    byAuro3D at2021-08-07 08:13

  4. Tomyさん

    レスありがとうございます。今回は、先にベルイマンさんへのレスで書いたような経緯に加え、ISP MK2の存在も訪問を後押ししました。

    グランドスラムさんは、パイオニアの元エンジニアとのつながりもあるとかで、BDプレーヤーとAVアンプはパイオニアを使っておられるそうです。ただ、失礼ながら、周辺機器の弩級のラインナップに比して、映画観賞用に使っているAVアンプだけが(少なくとも金額的には=汗)見劣りしているのは明らかで、Trinnovなども試聴したことがあるそうです。

    今回、パイオニアの後釜候補として私も過日お借りしたISP MK2の貸し出しを受けたので聴きに来ませんか、とのお誘いをいただき、是非比較試聴したいと思って伺った次第です。

    音質面のご報告はこれから伊豆に戻ってグランドスラム邸に持ち込んで聴かせていただいたAuro3Dを中心としたソフトを再度拙宅のシステムで聴きこんでから、書ければ書いてみようと思いますが、私のような「にわか」とは異なり、ハイエンドマルチチャンネル歴何十年というグランドスラムさんの耳にも、Dirac Liveによる補正は魅力的に聴こえるようでした。

    ただ、失礼ながら(笑)、Tomyさんお使いのPC版はBass Controlという複数台のSWを含めた全チャンネルの低域を統合的に補正するアドオンソフトが入っていないとのことで、グランドスラム邸で恐らく最も威力を発揮していたのはこの部分ですから(何といっても10ヘルツ台まで出るグランドスラム4台と、恐らくもっと下まで出る同じWilsonのSW2台ですから、「優れた指揮者」がいないととんでもないことになるのは想像つきますよね)、まだまだISP MK2の優位性はありますよ(半分負け惜しみが入っていますが=笑)。

    先にレスいただいたベルイマンさんのところなどは、たった(失礼!)4台なので、Tomyさん方式でDirac Liveを導入するのにぴったりで、ミニマム16chからになってしまうISP MK2なんか導入しても無駄が多いのですが、ただ、Bass Controlだけはこれを買わないと実現できないわけで、ま、なかなか商売上手ですよね(爆)。

    byAuro3D at2021-08-07 08:39

  5. Auro3Dさん、

    >ただ、Bass Controlだけはこれを買わないと実現できないわけで、ま、なかなか商売上手ですよね(爆)。

    仰る通り!(笑)。ベースマネージマントはマルチ再生ではほぼ必須の筈で、これ無しで売っているんですから、餌を撒いておいて、そのうちDirac Live Base Management付きのAVプリを買わせる算段でしょうかねえ(爆)。拙宅では撒き餌だけで我慢です(笑)

    冗談はさておき、専用設計オーディオルームに超ハイエンド機器を設置したグランドスラム亭でも大きな効果があるとは、ISP MK2恐るべし・・ですね!

    byTomy at2021-08-07 15:49

  6. Tomyさん

    それだけ、Diracにとって、BASS Controlが他社との差別化技術ということかもしれませんね。

    ただ、注目すべきは、先に「元住ブレーメンさん」の日記にも書き込ませていただきましたが、今みたいな経営状態になる前の発表では、オンキョーパイオニアグループがDiracと提携し、次期AVアンプに搭載するという話です。

    ブレーメンさんの情報によると、10万円以下の普及帯しか出ないとのことですが、例え上限7ch対応の入門用モデルでも、もしBass Controlが組み込まれていたら、東京の書斎で使っている現行のLXー89の後釜に買おうかと密かに狙っているんです。10万円でDiracのBass controlが使えるなら、これはTomyさんもベルイマンさんも要注目ですよ!

    byAuro3D at2021-08-07 16:22

  7. Auro3Dさん、

    なるほど、オンキョーパイオニアに期待するのも一手ですね!
    もう一つの期待は、Dirac社がBase Management のアドオンをPC用にも販売するのではないかということなんです。AVプリ用のアドオンが昨年あたりからの発売のようなので、可能性は無きにしも非ず(汗)。期待せずに待とうかと(笑)。

    グランドスラムさん、

    是非、会津まで出向き拝聴させていただきたいところなのですが、何分、拙宅は関西なもので、残念ですが諦めざるを得ません。以前、グランドスラムさんが「久しぶりのゴルフで6オーバー」というのを読み、私の知っているゴルフ場に同じ名前のものがあったので、「それがハンドルネームの由来ですか?」などと失礼なことを言ってしまっておりました。大変失礼いたしました。でも、グランドスラム4機とは、恐れ入りました(笑)。

    byTomy at2021-08-07 16:52

  8. Tomyさん

    その「AVプリ用のアドオン」というのは、もしかすると、Dirac Liveの初期モデル搭載AVアンプのアップグレード用のもののことではないでしょうか。ISP も1世代目をお持ちの方は有償か無償かは分かりませんが、Bass Controlを付加できると聞いています。

    興味を持ったので、Dirac Live Bass Control搭載アンプが他にどのくらいあるか調べてみましたら、下記のサイトが見つかりました。

    https://www.bestofhighend.com/dirac-live-bass-control-for-leading-av-receivers-4/

    All StormAudio, Bryston, and Focal models currently equipped with Dirac Live Room Correction are now also equipped with Dirac Live Bass Control (Complete), as will soon be true of all JBL Synthesis AVRs. Arcam’s AVR10, AVR20, AVR30, and AVR40 units. AudioControl’s Concert XR-4, XR-6, XR-8 and Maestro X7 and X9 will also soon be equipped with Dirac Live Bass Control Complete.

    結構あるようですが、日本未発売のものが多いですね。でもTomyさんはそういうのお得意ですよね(笑)。ちょっと検討していただいて、いいのがあったら教えてください!

    byAuro3D at2021-08-07 17:11

  9. Auro3D様

    試聴記事のアップ誠にありがとうございました。
    同じ機種をお使いだけあって、機能の使いこなしは素晴らしく、いろいろと実験までしていただきまして感謝しております。

    記事にもあるように、さすがにバスコントロールの効果はすさまじく、低域の膨らみが全くなくなり、鋼のような塊で鳴るようになりました。ナスペックの調整でも初日はサブウーファー1台での調整、2日目は2台での調整だったのですが、さすがに2台遣いの音は過去最高の低域でした。まだ仮置きの段階で、スパイクも設置していませんし、ケーブルもありあわせの物を使っている状態なので追い込みはこれからなのですが、これは取り組み甲斐がありそうです。

    ナスペックからも17日まではお貸しするので、いろいろな人に聴いてもらってくださいと許可をいただいておりますので、試聴希望の方は連絡をいただければ都合を合わせたいと思います。

    Tomy様、こんにちは。

    以前は、香川県から車でお越しになった方もおられました。会津は歴史的観光名所も多いので、観光ついでにお越しください。夏休みに入って先週までゴルフばかりやっていて、2週続けて栃木の烏山城カントリーでプレーしてきました。烏山城カントリーは、今年の日本女子オープンの開催コースで、超名門コースですね。2回目はさすがにコースを覚えていただけに39,38の77で回ることができました。特に17番495ヤードパー5は、2016女子オープン用の特設ティーが設けられており、そこから2オンのバーディーで喜んでいましたが、よく考えてみると、女子オープンではパー4の設定なので単なるパーということで、ここを2016女子オープンで2オンして簡単にパーで上がってきた畑岡奈紗プロ恐るべしでした。

    ちょうど17番でとちぎテレビのゴルフ番組の収録があり、収録途中でスキップさせてもらったのですが、ティーショットを打ち終えると後ろで見ていた松井功元プロゴルフ会長から「ナイスショット!お客さんすごく飛びますねえ」とお世辞を言ってもらえて、少しだけうれしかった私なのでした。本当は、後ろにたくさんのスタッフや女子プロがいて左右の林に打ち込んだらどうしようとビビりながら打ったショットがたまたま真ん中に行っただけのことでした。

    byグランドスラム at2021-08-09 12:40

  10. グランドスラムさん

    Auro3D@伊豆です。先ほど、比較試聴が終わり、これから宿題の(?)続報レポートを今日中には提出できるよう、頑張ります!

    烏山城CCは、何度か行ったことがありますが、ハンディ20(当時)の腕前程度では、いつも跳ね返されるチャンピオンコースでしたね。

    こちらは幸い(?)、腰を痛めたおかげでゴルフをすっぱり止めていてその分のお金をオーディオの方に向けています(笑)。

    拙宅の近くには、同じく女子プロトーナメントコースの川奈GCがありますよ!是非、ゴルフのついでにお立ち寄りください(笑)。

    byAuro3D at2021-08-09 13:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする