Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

マイルーム

ちょっと変わった方法でマルチとAuro3Dと2chとVとを共存させています
ちょっと変わった方法でマルチとAuro3Dと2chとVとを共存させています
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上
【サラウンドスピーカー四変化】(2021年7月更新) ここ伊豆でのMy Roomは、平行面の少ない6角形の変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、強い傾斜天井、珪藻土の壁、桜の無垢の床など、専用設…
所有製品
  • プリメインアンプ
    ONKYO TX-8050
  • スピーカーシステム
    SONUS FABER Sonetto I
  • スピーカーシステム
    YAMAHA NS-2HX
  • センタースピーカー
    YAMAHA NS-C7HX
  • スピーカーシステム
    YAMAHA NS-4HX

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

Prince(ロック)のAuro3Dビデオとリージョンフリー問題

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月12日

相変わらず、Auro3Dにこだわったネタですが(笑)、今回は、2Lレーベルなどのマイナーなソースではなく、80年代、世界のポピュラー音楽シーンにて一世を風靡した、Princeに関する話題です。

私は今でこそ、Classicが一番好きですが、血潮たぎる(笑)若い頃はロックも聴いておりました。その中で現在もたまには聴く「お気に入り」はあるのですが、今回ご紹介するPrinceは、大学時代に”When Doves Cry”という曲を聴いて以来、「これはタダモノではない」と注目してきたアーティストの一人でした。早世されて残念です。

その彼のMusic Videoの中で、恐らく唯一Auro3D録音をしてあるのが、この“SIGN 'O' THE TIMES”のブルーレイ版です。



この情報は、ずいぶん前からAuro3Dの公式サイトで知っていたのですが、日本未発売だったために、購入を見送っておりました。しかし、いつまで経っても日本では正規に発売されないので、先日、ついにAmazon U.K.から取り寄せてしまいました。

拡大すると、はっきりと「Auro3D 11.1」と書いてあります。この文字を見つけると、とてもウレシイ私(笑)。



で、早速Play!

と、映像が出ない。よく見ると、Region Codeが異なる、などと表示されている。いままで何枚も海外版のブルーレイは取り寄せているのだが、このような表示は一度も出たことがない。不思議に思って調べてみると、なんと、ブルーレイにもDVDのようなRegion Codeがあるらしい(知らなかったのは私だけ?=笑。ちなみに、UHDではRegion Codeは廃止されているそうです)。DVDの時はこれはかなり有名で、仕事柄外国のメディアを見なければいけないことのある私は内外で購入するときには注意を払っていたのだが、ブルーレイになってこのような不自由をすることはなかったのは、どうやら、ブルーレイのRegionは世界をたった3つに分けていて、しかも日本はメディア大国のアメリカと同じRegionだからのようだ。つまりこれまでAmazonで海外版を取り寄せたもののすべてが米国版だったか、Region Free版だったからこの問題に気が付かなかったようだ。

せっかくはるばるイギリスから取り寄せたのに、「ただのコースター」にするのもイヤだったので(笑)、Region Free化された、再生機を探すことにしたのだが、ここでちょっと立ち止まったのは、「これって、非合法じゃないよね?」という点。仕事柄、この分野では不法行為はできない(他なら、多少は?=笑)。

で、ちょっと調べてみると、そもそも、まず日本版のAmazonで「堂々と」売っている。はっきりと「リージョンフリー」と表記して。さすがに、「違法商品」を天下のAmazonが売らないだろうと思いつつ、もう少し調べてみると、日米両方で資格を持つ弁護士さんのサイトで、「違法ではない」と明記してあったため、大丈夫だろうと最終判断。Amazonでポチりました。

届いたのはこれ。ちゃんとソニーのブランド品。



ただ、箱には、明らかにメーカーが貼ったものではない、シールが。



購入先も、普通の電気屋さんではなさそうで、どうやらSonyの製品を「改造」して売っているような感じで、Sonyの保証も受けられないと知り、ちょっと心配になるが(汗)…



どうやら杞憂に終わったようで、無事Auro3D 11.1を選ぶことができ、映像・音ともちゃんと再生されました。

ただ、普段使っているOppo 205に比してずいぶん安くて軽いPlayerなので、画質・音質についてはどうなんでしょうかね?私のような技術に暗い人間から見ると、同じHDMI出力でデジタルOutputをAVプリの方でD/A変換するのだから、画質・音質は変わらないのでは、と思わなくもないのですが(アナログ出力ならDACの性能が出るのでともかく)。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Auro3Dさん こんばんは

    そいつは OPPOと較べるまでもないでしょう。

    でも ちゃんと 観れてよかったね。

    近々 トリノフと ストームオーディオ の比較視聴を執り行います。
    楽しみ!!!

    byX1おやじ at2021-10-12 20:45

  2. X1おやじさん

    いつもコメント、ありがとうございます。

    >そいつは OPPOと較べるまでもないでしょう

    まあ、常識的にはそうなんでしょうけど、安いものと高いものでは、ディスクから読み出すデジタル情報に差があるということなんでしょうか?つまり、読み取り精度に差があるということなんですかね?「同じデジタル情報=Disc」を同じように読み取って出力しているのであれば、DACは同じAVプリなのでそれを人間が感知できるアナログに変換してアウトプットした「音質」は変わらないはずと素人的には思ってしまいます。その意味では、デジタル伝送用のケーブルの違いで音が変わる、という「話」もイマイチ理解できていないのですが(笑)。

    >トリノフと ストームオーディオ の比較視聴

    Made in France 頂上決戦ですね!TrinnovはAltitude32だと金額的には別格になりますが、何を試聴されるのかを含めて、レポートを楽しみにしております!

    byAuro3D at2021-10-12 21:28

  3. リージョンは車の左ハンドルと右ハンドルのようなものだと私は理解していて、違法ということではありません。我が家にもリージョンフリー化したパイオニアのDVDプレーヤーがあります。

    HDMIでは音声はAVアンプでデコードすることが多いですが、この場合はジッターの影響があり、映像はプレーヤー側でMPEGやH.264などをデコードして非圧縮で伝送されるので、程度の差はあれ、プレーヤーで画質/音質の違いは存在します。

    一方で、信頼できるブランドの、規格を満たしたケーブルであれば、HDMIケーブルで画質/音質の違いがあるとは考えていません。ケーブルによってデジタル信号が全く変わらないことを検証した海外サイトもあります。

    by元住ブレーメン at2021-10-14 13:43

  4. 元住ブレーメン さん

    コメントありがとうございます。

    そうですか、ブレーメンさんもお持ちでしたか。車のハンドル位置に例えるのは秀逸ですね。しかし、日本は左ハンドルでも合法ですが、確かイギリスはダメだったような…

    閑話休題

    >この場合はジッターの影響があり、映像はプレーヤー側でMPEGやH.264などをデコードして非圧縮で伝送される

    技術的な用語に暗くて完全には理解しておりませんが(汗)、つまり、HDMIケーブルを流れる信号はデジタル情報だけでなく、プレーヤー側でアナログ変換したものも流れているという理解で正しいのでしょうか?

    それであれば、プレーヤーの質は、Outputの質に出るのも納得できます。

    問題は、今回私が買ったような、「リージョンフリープレーヤー」って、音質や画質にこだわったハイクラスのものには無い、ということですよね。恐らく、「改造」をするために、なるべく安いプレーヤーを仕入れたいのでしょうけど、「映ればいい、聴ければいい」というレベル以上のものを求める向きには、欲求不満が溜まりますね。

    これを解消するには、ブルーレイは3Regionなので、Region別にハイクラスの現地機を取り寄せるしかない?

    今回、UHDではリージョンコードが廃止されたのを知ったので、海外版を購入する際は、あればUHD版の方を選ぶ、というのが自衛手段かもしれません。

    byAuro3D at2021-10-14 18:00

  5. Auro3Dさん、こんにちは。

    リージョンフリーのプレーヤーの購入や販売は違法ではありません。
    但し、リージョンフリー化する専用機械や専用ソフトの販売は違法です。しかしそれらの利用は違法ではありません。

    HDMIなどのデジタル伝送では映像も音声も0または1のデータで送られます。

    プレーヤ側でもケーブル側でも受信側でも、この0,1を誤って送信したり、伝送したり、受信したりは、まずありません。

    何が映像や音声の質に影響を及ぼすのか、それは0,1を表す矩形波の綺麗さです。その綺麗さ加減がDACの動作時、時間軸方向に影響を与えます。

    良いプレーヤーは綺麗な矩形波を送出します。良いデジタルケーブルはその矩形波をなまらせることなく伝送します。

    HDMI規格ではこの矩形波の綺麗さに関しては、許容範囲の広い、緩い規格になっています。

    byミネルヴァ at2021-10-16 10:08

  6. ミネルヴァさん

    いつも、詳しい情報をありがとうございます。

    違法性、に関してはグレーゾーンのようですが、今回の私の行為(購入および私的利用)はぎりぎりセーフのようですね。ありがとうございました。

    「何が映像や音声の質に影響を及ぼすのか、それは0,1を表す矩形波の綺麗さです」というところは、私のような電子工学に全く知識のない人間にとっては、「デジタルって、OnとOffしかない」と理解していたのですが、どうも「きれいな」Onと「汚い=分かりにくい?」Onがあるということですね?そこに差が出ると。

    勉強になりました!

    byAuro3D at2021-10-16 14:54

  7. 元ソニーのかないまるさんは、矩形波の綺麗さ加減で音が変わる、とコンピュータ技術者や情報通信技術者に話しても、そんな馬鹿な、と取り合ってくれないとボヤいていましたよ。
    このことを理解しているのはデジタルオーディオ技術者だけかも知れません。

    byミネルヴァ at2021-10-16 17:14

  8. ミネルヴァさん

    確かに私の理解もコンピュータ寄りでした。100万円のPCから送られたメールが、10万円のPCから送られるメールに勝ることはないと(笑)。

    NASやHubで音が変わると言われても、どうしても腑に落ちない初心者ですが、デジタルオーディオも奥深い世界なんですね。

    byAuro3D at2021-10-16 18:29

  9. Auro3Dさま、おはようございます&お久しぶりです。遅レスながらB&W 803D4の試聴機も含めて興味深く拝見させていただきました。

     私もつい最近、BDP-LX88で古いDVDを再生しようとしたらリージョンコードに引っかかり手持ちの海外生産の簡易プレーヤーだと最初からリージョンフリーであっけなく再生できるんですよね。

    ≫普段使っているOppo 205に比してずいぶん安くて軽いPlayerなので、画質・音質についてはどうなんでしょうかね?

     BDP-S1500のサイトを見てきましたがSONYブランドで販売する製品ですからOppo205の約1/30の値段でも画質や音質が1/30という訳ではありませんから愛着をもって使ってあげましょう。

     値段差が大きい要因は生産台数の差で数が多ければ多いほど開発費用の上乗せは少なくなりますし、原材料や部品の調達コスト、それから回路の集積度が向上し製造工程や品質管理も合理的になりますから機種を隠して再生映像だけ見せられたら古いハイエンド機よりもBDP-S1500のほうが画質は確実に上回っていると思います。

     ちなみにHDMIケーブルの中を流れる信号はアナログではなく非圧縮のデジタル信号で放送や媒体の圧縮された信号を再生装置で復号処理した膨大な情報量(HDMI2.0の場合18Gbps≒1Mバイトのフロッピーディスク2000枚分以上の容量を1秒間に送れる伝送速度!)をテレビモニターに出力するため、プレーヤーの映像回路は新しい設計であればあるほど集積度が向上し高画質になる可能性を秘めていますが、メーカーで組むファームウェアの出来、不出来によって画質が左右されます。

     音質についてはファームウェアのほか、物量がモノを言う部分でコストもかかりますからプレーヤー単体での再生でOppo205と比較するのは酷ですが、BDP-S1500からビットストリームでAVアンプに出力すればAVアンプ側の精度で音質が決まりますから、ご自身の信じる方法で再生して満足できれば細かいことは気にしなくても良いと思います。

     例えが余り良くないかも知れませんが、子どもを「出来の悪い子」だと育てるよりも、折角ウチに来てくれた「良い子」だと思ってやればお互いに幸せだと思いますね。

    byたかけん at2021-10-18 07:34

  10. Auro3Dさん
    はじめまして
    最近はほとんどROMのプーと申します。
    Auro3Dさんの投稿はいつも読ませていただいています。
    すぐレスしようと思ったのですが遅くなってしまいました。
    スミマセン。

    プリンスの話題にふれ、
    マルチ派&プリンス大好きな自分としては強く反応してしまいました。
    表題を見たときは、ご紹介の盤を「買おう」と思ったのですが、
    リージョンが違うと言うことで残念でした。
    少し調べた限りでは米国盤は見つかりませんでした。
    何故欧州盤だけなのか、不思議でなりません。

    ところでこの盤、マルチのできはどうですか?
    誰がMIXしたのかも含め非常に気になります。

    私も初めて When Doves Cry を聴いたときは
    ベースレスなのでぶっ飛びました。
    大学生の時でしたからAuro3Dさんとは同年代だと思います。

    ちなみに私はマルチ環境は音楽と映画ではリアスピーカーを使い分け、音楽再生のリアスピカーは視聴位置より前にあります。
    ステージが前に広がる感覚で、これはこれで気持ちいいですよ。

    今後とも宜しくお願いします。

    byプー at2021-10-18 11:07

  11. プーさん

    初めまして。まだ一年ほどの新入りですが、どうかよろしくお願いいたします。

    初めての方とのコミュニケーションは、やはり不安がありますので、ご返事を書く前に、プーさんのプロフィールや日記を拝見しておりましたところ、「 Blu-Ray Audio買ってみました」と題する日記の中に、私の青春の思い出とシンクロしまくっているKey of Lifeが紹介されているのを見て、返事なんかそっちのけで(笑)、Amazon, HMV, Tower Recordsを渉猟するも、「完売」。Amazonに中古があったけど、完全プレミア価格。念のためヤフオクを検索したら、日本版の新品が妥当な価格で出品されているのを見つけ、速攻で落札しました!!!

    いやあ、もっと早く教えてくださいよ(笑)、というか、もっと早くこのコミュニティに入って、プーさんと知り合っておけば、このような危ない橋(汗)を渡らずに、発売当初に情報を共有していただけたのに(笑)。

    ということで、どうか今後ともよろしくお願いいたします。お気に入りに登録させていただきますので、不精せずに(笑)、どんどん、我々の世代の名曲再発売情報を発信してくださるとウレシイです。

    同じマルチ派とのことで、過去の名盤をマルチ化されたソースの情報(プログレなんかは結構ありますよね)などを特に希望!

    <続く>

    byAuro3D at2021-10-18 12:14

  12. <続き>

    拙日記をチェックしていただいておられるとのこと、お恥ずかしい限りです。「オーディオ道」に関してはまだまだ未熟者ですので、これから、いろいろと教えてください。

    >ところでこの盤、マルチのできはどうですか?誰がMIXしたのかも含め非常に気になります

    実はこの前は、再生できただけで満足して伊豆(Auro3D再生環境は別宅にしかない)から戻ってきてしまったので、残念ながら今はご報告ができません。今月末にはまた行く予定にしておりますので、その際に念入りにチェックしてみますね。

    プーさんのマルチ再生のこだわりとして、映画と音楽でリアスピーカー(サラウンドスピーカー?)を切り替えることによって(スピーカーは同じですか?)、その「位置」を変更しているというアイデアは素晴らしいと思います。私もサラウンドスピーカーはTAOCのスピーカーベースにキャスターを付けるという荒業(笑)を使って移動を可能にしており、映画の時は後ろ目に、音楽の時は真横からやや前目に置いています。その方が自然な音場ですもの。つまり手法は異なるが、音場感覚は同じということですね。仲間が見つかってうれしいです。

    「マイルーム」によると、お部屋も変形6角形とのことで、さらに天井も高く、フラットではないようで伊豆の拙宅ととても似ていますね。Auro3Dは導入されていますか?(自称、「Auro3D愛好会会長」なんで=笑)

    byAuro3D at2021-10-18 12:35

  13. たかけんさん

    申し訳ありません、レスいただいたのを見落としていたようで、ご返事の前後が逆になりましたがお許しください。

    私の素人感丸出しの拙日記に、いつも技術的にサポートいただいて助かります。なるほど、HDMIが送っているのは、膨大なデジタル情報なんですね。よく「8Kでプロジェクターまで5Mもあるようなら、ケーブルを光にしないとダメ」なんて書いてあるのを???と眺めていましたが(笑)、いくらデジタルでも量が膨大だと、ケーブルの品質に精度が左右されるわけですね。

    >プレーヤーの映像回路は新しい設計であればあるほど集積度が向上し高画質になる可能性を秘めていますが、メーカーで組むファームウェアの出来、不出来によって画質が左右されます。

    ここの部分は私には完全理解にはちょっとハードルが高いですが(汗)、今回買い求めた「BDP-S1500」(型番も知りませんでした。私の代わりにSonyのサイトをチェックいただき、感謝というかすみません、というか=笑)は、「比較的新しい機器なので、それほど悲観するな」というメッセージと理解させていただきました。

    まあ、「この子」は、「リージョン違いDVD&Blu-Ray再生専用機」として、今後、大切に育てていきますね。「教育的ご指導」、ありがとうございました!

    byAuro3D at2021-10-18 12:54

  14. Auro3Dさん
    返信 有り難うございました。

    マルチ再生は5.1を基本に、今11.1chでドルビーアトモス仕様となっています。しかし天井が斜め(左右に)ですので天井にスピーカーを設置できず、なんちゃってアトモスですね。

    SPは8本がTHIELですが機種的には3種類で、その他は「音が出る」程度のレベルです。

    なにぶん自分、駄耳なものでオーディオ的に突き詰めた事ができません。
    志向が重なるところがありますので、
    オーディオ的には参考にならないかも知れませんが、音楽的には楽しめると思いますので、お時間があるときに聴きに来てください。
    東京在住です。

    byプー at2021-10-19 11:23

  15. プーさん:

    なるほど、天井が左右に斜めですか。それはハードル高いですね。するとハイトスピーカー設置ということだと思いますが、確かにAtmos推奨の形ではありませんが、実は、それはAuro3D推奨配置ではありますよ(無理やり引きずり込もうとしている私=笑)。

    THIELというスピーカーは、私のような初心者に毛の生えた程度の人間には失礼ながら、初耳なのですが、アメリカのメーカーですよね?

    ステレオタイプ的な「アメリカン」な音なのか、どのような音を出すSPなのか、興味深いです。

    お誘いいただきまして、ありがとうございます。このアルバムとPlayerを持ってお邪魔しましょうかね?(笑) 後程、メッセージを入れさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

    byAuro3D at2021-10-19 14:49

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする