「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
Auro3D
Auro3D
伊豆の別荘で マルチチャンネルオーディオ6割 2chオーディオ3割 ホームシアター1割 という週末を過ごしています。 私のオーディオに対するスタンスは、「原音再生は求めず、<オーディオ再…

マイルーム

Auro3DとAtmosと5.1chマルチと2chとを共存させています
Auro3DとAtmosと5.1chマルチと2chとを共存させています
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上
【サラウンドスピーカー四変化】(2022年7月末更新) ここ伊豆でのMy Roomは、8面から成る立方体で、完全に対称となって向き合う平面が一つもないという変形部屋、2階屋根まで吹き抜けの空間、…
所有製品
  • D-ILAプロジェクター
  • プリメインアンプ
    ONKYO TX-8050
  • スピーカーシステム
    SONUS FABER Sonetto I
  • スピーカーシステム
    YAMAHA NS-2HX
  • センタースピーカー
    YAMAHA NS-C7HX

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

東京カテドラルの「インターナショナル・オルガン・フェスティバル」にて―オルガン残響と3Dオーディオ考

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月10日

先日、初めて東京カテドラルのパイプオルガンを聴く機会がありました。この教会は丹下健三作品であることに加えて素晴らしいオルガン音響が堪能できる、とのうわさは、もう何十年も前から(笑)聞いていたのですが、 灯台下暗しといいますが、東京に長く住んでいてもなかなかいく機会が無かったのです。ところがこのコミュニティに入れていただいたお陰で、このコンサートをご紹介いただく機会があり(ミネルヴァさんでしたっけ?)、「この機会を逃したら一生行けないカモ=笑」と重い腰を上げて(場所が少々不便なのです)行って参りました。

私は、Auro3Dを名乗っていることから、元々こういう教会音楽が好きなんだろうと思われているかもしれませんが、まあ、確かに外国に行くと教会に行くのは大好きで、日曜日であれば信者でもないのに(汗)午前中のミサに紛れ込んで、オルガンの音を聴いてはいました(NYのセント・パトリック大聖堂、ロンドンのイングランド国教会大聖堂、バチカンのサン・ピエトロ寺院、パリのノートルダム大聖堂、エルサレムのキリスト生誕教会など)。ただ、日本のコンサートホールに設置してあるオルガンを渉猟するほどの趣味はなく、これまで聴いたことのあるホールのオルガンは、かつてはサントリー、新国立程度、最近では芸術劇場ぐらいと、数えるほどしかありませんでした。

しかし、Auro3Dというフォーマットにほれ込んで、そのNativeソフトを探して聴き始めると、教会録音のものが多く(特に2Lレーベル)、知らず知らずのうちに、教会音楽好きに(笑)。

ということで、先日の芸術劇場に続き、名にし負う東京カテドラルに行ってきたわけですが、当然、それまでとは聴くポイントが違っていまして、拙宅の3Dオーディオ(特にAuro3D)と比して、「本物」はどう聴こえるのか、に興味があるわけです。

まず、Auro3D体験後に聴いた二つのオルガンの音、つまり芸術劇場と東京カテドラルは大きく異なっておりました。前者は、Auro3Dによるオルガン再生に慣れている私の耳には、少々「物足りない」(笑)感じがしました。低音の出方も、レゾナンスも。「国内最大級のオルガン」と聞いていたので、正直、若干がっかりしたのを覚えています。

ところが今回お邪魔した東京カテドラルの音は、低音もこちらの期待通りの音域と音量(笑)。さらに、まるで「やまびこ」のような、残響音というよりはほとんど「二重奏」のような音の遅れがありました。これは、素人ながら恐らく構造の違いにあるのかもしれないと思い、写真を撮ってきました(教会の方に、「ここは神聖な場所なので・・・」と撮影を控えるように言われてしまいましたが・・・)。

コンサートホールである、芸術劇場は、大きなホールではあるものの天井の形状は一般的なものであるのに対し、東京カテドラルは、教会ですから、尖塔というか上に行くほど狭くなっていて、高さは芸術劇場よりかなり高いものです。

また、東京カテドラルは、実は祭壇側の方にオルガンが無く、後ろに設置されています。座席は前向きになっているため、オーディエンスは後ろからの音が前の壁で反響する音をメインに聴くことになります。私は周りの顰蹙を買うかもしれないとは思いましたが(汗)、体をひねって後ろ向きでオルガンと正対して聴いたのですが、この向きだとオルガンからの直接音と、それが後ろの壁に反響して自分の耳に届く時間差がとても長いのが分かりました(これから行かれる方は、顰蹙を覚悟でオルガンと正対して聴くことをお勧めします=笑)。

「この音場は、絶対に2chでは出せないな」と心底思いました。だって、前から音が聴こえた2秒後ぐらいに後ろからその音が跳ね返ってくるのです。これを前からだけのSPで再現できるはずがありません。

「これはまさに、3Dオーディオの独壇場だな」と。私にもあったかつての2ch時代は、オルガン曲はほとんど聴きませんでした。やはり欧米の教会の音に比べると、完全に「ウソっぽかった」からです。高さ感がなく、残響音が前からしか聴こえてこないのでリアリティがない(教会の中では、オルガンは前後左右の壁から音が反響してきます)。では、今のAuro3Dはどうかというと、これはこれで「かなり盛っている(笑)」のは間違いないです。「本物」のオルガン体験より、<感動>のツボをついてきます(笑)。これはミキシングで作り込んでいるのでしょう。もちろん、あの、建物全体が揺れているような感覚はいくらAuro3Dでも拙宅のレベルではまだ出せていませんから、「本物」のアドバンテージはもちろんあります。

「今後の拙宅のAuro3Dをどう発展させていくかの、いい目標が見つかったな」というのが、今回の最大の成果でした。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Auro3Dさんが行かれたコンサートというのはコレでしたか。
    確かにオルガン曲を収録したものはホールに響く音場を上手く再現するのは難しいですね。

    小生も今日のコンサートに向けて移動中です。
    https://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=5010211395&sid=0000000010

    by椀方 at2022-06-11 08:27

  2. 椀方さん

    移動中なのに、レスを入れていただきありがとうございます。『レニングラード』ですか! いつ頃の企画かは存じませんが、今となっては、なんだか、随分時事性のある演目となりましたねぇ(笑)。

    実は若い頃にブルックナーになぜかハマった時期があり(最近、あまり聴いてないなあ・・・)、我が国でブルックナーといえば、朝比奈隆・大阪フィル(私はカラヤン・ベルリンフィルのが好み=汗)のイメージが強烈で、高校生の頃に一度大阪まで聴きに行ったことがあります(その頃は名古屋に住んでいた)。

    その時の演奏の印象はもう覚えていませんが(笑)、超満員だったので、「関西には熱心なクラシックファンが多いんだなあ」(名古屋に比して・・・少なくとも日本の演奏家ではそんなに超満員になったという記憶がない=汗)という印象だけは強く残りました。

    私は昨晩移動済みで、これから2ch自作派お二人をお迎えすべく、Auro3D版のモーツアルトのピアノ協奏曲で、機器のWarming Up中です(笑)。

    >確かにオルガン曲を収録したものはホールに響く音場を上手く再現するのは難しいですね。

    GPでもそうですかね?(先の日記の件で、GRFさんから直接連絡をいただきました・・・ご心配いただき、恐縮しました)

    私の勝手なイメージでは、「無指向性」SPというのは、音の粒子をエーテルのように空気中に充満させるので、SPをどこにおいても、またどこで聴いても、「立体的な音」が出せる、という<美化>をしておりますが(笑)。期待しすぎでしょうか?

    byAuro3D at2022-06-11 09:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする