「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
coal
coal
大きなものや重いものは処分してしまったので、細々とPCチャンデバ(brutefir)で遊んでいます

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

squeezeliteについて 匿名子さんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月18日

メモ書いたのですがレス不許可だったので新規で

squeezeliteについては日本語の資料は少なくかつ一般的な設定資料しかないので苦労しますよね。
piCoreではないですが私もsqueezeliteを使用していますので、参考になるか分かりませんが少しだけ書いておきます。

1.-a部のバッファ(piCore既定値:80:4::1)
ローカル音源の再生だけであれば既定値でも足りるのかもしれません。
しかしストリーム音源の場合は、匿名子さんも書かれているように120:4::1などに変更する必要があるかと思います。
設定の方法としては120にしたとして、様々な局を再生し途切れるようであれば4の部分の数値を例えば8に変更し様子をみます。
私は160:8::1とか160:16::1としています。
ただしラジオ局や時間帯によっては数字を変更する必要があるかもしれません。
1.FMなどは明るい時間帯は大丈夫なのに夜になるとなんともってところもありますのでネットワーク環境にも依存するようです。
なおバッファの大きさにより音も微妙に変化します。

2.-b部のバッファ(piCore既定値:空白のためsqueezelite既定値)
DSDをネイティブ再生する場合は大きいほうが良いようですが、私はDoPでしか再生しないので10000:20000としています。

3.リサンプリング
リサンプリングの設定は色々遊べます(同様のことはカスタムされたmpdでもできるようです)
一般的にはvLXとかvLEなどとします(mpdで言うところのvery high相当)
上記設定より高精度でリサンプリングを行いたい場合は、vE::4:28:99:100:50(位相変化最小?)などとします。
例えば、99の部分を90~99まで変化させるだけでも音は変化しますので、色々試してみてお好みで。
私はvE::4:28:96:100:50としています(Pi2Bは遅いのでvLEとしてます)
4の部分は-4.0db下げてリサンプリング処理を行うと言う意味です(リサンプリング歪を少なくするためには必須。だと思う)
vLXやvLEの場合は-1.0dbなので4の場合当然音量は下がります。
ちなみに海外の方のPi3Bの設定で見かけたのは、vE::4:28:95:105:45とされていました(URL失念)

4.plugin
らじることかspotifyなど入れてます。
LMS 8.1.1ではらじるこ動かなくなりましたが・・・

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする