ケンソニ
ケンソニ
サンスイの単品コンポでオーディオにハマリました。 現在はACCUPHASEをメインにシステムを組んでおります。

マイルーム

AccuphaseとB&W Nautilus802
AccuphaseとB&W Nautilus802
その他 / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
目指す音:オーディオを感じさせない音。ソフトの個性をそのまま再生してくれて、耳を澄ませるといろんな音が聴こえてくる音。
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

電源タップの有無を試聴しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2007年06月01日

電源タップ有り無しを試聴してみました。試聴に使用したのは、BOSE製CDラジカセAW-1Dと徳永英明のCD、VOCALIST2の1曲目「雪の華」です。
試聴に使用したのは、オクで購入した1万程度の6口タップです。
このタップは米国マリンコ社製ホスピタルグレードのオスプラグと、ベルデンのシールドケーブル、鉄のボディと松下の非メッキの2口コンセント×3で構成されています。
出展者曰く、「音の良し悪しは①メッキされていないプラグとコンセントと②シールドされているかどうか(ボディが金属製でアースも接続されているか)」だそうです。

先ず、壁コン直を試聴

徳永英明は歌が上手いですね。雪の華名曲ですね。

続いて、壁コンとの間に電源タップを入れてみました。

イントロが流れてたところで、先ほどは聴こえなかったギターの弦を弾く感じがはっきり分かります。徳永英明の声がこちらに語り掛けて来ます。実在感が有ると言うのでしょうか? 
ピアノやギター、トライアングルなども良く聞こえて来ます。

結果:試しにブラウン管テレビにも使用してみたのですが、色のりが良くなりました。
   電源に載ってくるノイズに効果が有るようです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする