「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
Drum
Drum
アパート暮らしで音量も限られる中で、純度の高い音を目指してオーディオ再勉強中の音楽愛好家です。なんか最近ハメを外して高価な買い物が続く中、これからは慎重に行かないといけないなあと、情報を集めていきたい…

マイルーム

アパートの小部屋
アパートの小部屋
借家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
写真はきれいに掃除できたら(永遠に無いかも) 所有機器で中古が多いので正確に登録できなかったものを 書いておきます。 LINN AKURATE DS/K2 → /K3 ACCUPHAS…
所有製品
  • 音場調整材
    日東紡音響エンジニアリング ANKH-III
  • その他オーディオ関連機器
    MUTEC MC-3+USB
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE P-4200
  • 電源機器
    ACCUPHASE PS-530
  • スピーカースタンド

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

秋冬物への衣替えと方向の徹底の決意

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年10月31日

 暑い日は過去のものとなりました。忙しくて時間がとれなかったの
ですが、ようやく時間を作れ、夏物のパワーアンプを秋冬用に戻しま
した。
 
 夏物の2ndシステムを試した後に、秋物システムに戻す過程で
いろいろと学ぶ事が出来ました。

結果、今後はニアフィールドシステムでの追求に舵を定める事を決心
しました。


<夏物と秋冬物の比較>
・夏物の2ndシステムはスピカーケーブルが3m長程で
 プリアンプとは1mのアンバランスで接続していました。
  スピーカとはバイワイヤ端子はANSUZのバイワイヤケーブル
 (Coax311購入のおまけ)を用いてシングルケーブルで
 アンプと接続していました。

 一方で、秋冬物のシステムはパワーアンプをプリアンプと3mの
 アンバランスで接続し、スピーカのバイワイヤ端子を2本の
 ケーブルで接続します。

 またパワーアンプの置き方も、秋物の方が1段の単独ラックで
 奢った設置です。

・元に戻して強く感じたのは、これらの差は、やはり大きい。
 秋冬物の音はやはり良い。

  夏に発熱を気にせず楽しめたのは大変良かったのですが、
 やはり秋物の構成が大きく勝る事を痛感しました。基本パワーアンプ
 の差以外は、使いこなしの差という事を意味するので、今の使いこなし
 を大きく変えずに、夏物を刷新したいと思います。

・今後、1年かけて夏物のパワーアンプを現在のアンバランス専用機から
 バランス兼用機に変更する事にします。まずは夏物アンプの売却です。

<システムレイアウトの変更>
・迷いが消えレイアウトの考え方が固定できたので、これで納得して
 レイアウトを追い込めます。早速、眠っていたDG-28を使い
 徹底的にいろんな配置で音場特性を取得しました。
  その結論として、Coax311を生かし切るには、このアパートの
 六畳間では「ニアフィールド」しかなさそうと結論付けました。

・新レイアウトでは、左右のスピーカー間は1,1mしかありません。
 この配置で、どこまでステレオ感が出せるのか不安でしたが、
 DG-28で測定を繰り返しながら、背面音調パネルを含めた
 スピーカー配置、周りの吸音パネルなど、配置を追い込む事で、
 安定した周波数特性と、十分な左右の音の拡がりを得る事が出来ました。

 目の前にすぐスピーカーという配置ではありますが、目をつぶれば
 そこには大きなステージが存在します。


・ただ従来、聴感でも感じていた事ですが、測定を徹底して悟った事が
 あります。スピーカーの位置を変えたり部屋の置物を変えても、
 L側の100Hz少し下の落ち込みは軽減できても、R側はなんとも
 ならないという事です。
  生活空間でもあり、他の置物や隣室への配慮など、複雑な要素が有り
 これ以上のレイアウト変更は難しい。さりとて、ここからANKHの
 森なんて無理ですので、やはり部屋の対策のみでは解決は難しそうです。

・従い宗旨替えを決断しました。音場測定専用機に徹底していた
 DG-28を引退させ、今後の引っ越しも考えDG-58を導入し、
 積極的にイコライジングを行う事にしました。昨日発注をかけました。
 持ち家で部屋を作れぬ身としては、白旗を揚げた格好です。

 ※DG-28は液晶が焼ける難物ですが、基本はしっかりしたもの
  で、イコライジング後の音も決して悪くはありません。名器だと
  思います。しかし、何度も試聴出来る場でDG-58の実力は確認
  できており、安心して任せる事が出来るので、新旧交代とします。
  えDG-68? まだ聞いてないし、投資額的にも、もったいない。

・今後の加齢による耳の衰えも考慮すると投資対象としてはリーズナブル
 と考えた事も背中を推しました。

<決心>
・別に軍資金に乏しい訳では無いので、最新の機器の評判を聞くにつけ、
 食指は働きます。でも、やはり身の丈にあった範囲で楽しんでいこう
 と思います。

  とりあえずは中古機器で良いので、システム全体の完成度を高める
 のが先決と腹をくくりました。

 借家住まいが続く間は、この先の世界は目指さず、今の機器の使い
 こなしを徹底する方に投資します。その決意が揺らがせぬ為、日記を
 UPします。
 (一番世界を変えそうなDC-1000は心残りですが我慢です。)

・しばらくはDG-58をいじくりまわす日々が続きそうです。
 あとはボチボチ、夏用のパワーアンプをバランス接続が出来る機器に
 置き換えていこうと思います。AB級のバランス入力がある中古機器
 が狙いです。

 まだ次の夏までは時間の余裕があるので、まずは余剰になる機器を
 売って置き場所の確保からです。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする