80年代洋楽大好き
80年代洋楽大好き
中学高校の頃、80年代洋楽とオーディオにはまりまくっていました。それから30年近くオーディオから遠ざかっていたのですが、昨年ひょんなことからオーディオ熱が再熱。今ではすっかりオーディオの虜です。原音が…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

初めて投稿します

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年05月20日

初めて投稿します。
なにぶん30年ぶりにオーディオを再開してから1年足らずの初心者ですが、いい音(自分が原音に近いと勝手に思っている音)を追い求めているうちに完全にはまってしまいました。
いい歳をしてこんなに夢中になるとは思っていませんでしたが、楽しいですね。
日頃オーディオをいじりながら音楽を聴く中で、素人なりに感じたことを気ままに書きたいなあと思っています。
あくまでも個人的感想ですし、的外れなことも書くと思いますが、おじさんのたわごとと読み流していただけましたら幸いです。

いきなりですが、先日B&W804d3ピアノブラックを購入しました。
実はまだ手元に届いていません。今はB&W805D3を所有しており、あれやこれやとセッティングを楽しみながら、不満なく聴いていたのですが、先日たまたま立ち寄った家電量販店のスピーカーコーナーで私がいつも聴いている曲がかかっており、そのときに使われていたスピーカーから、今まで聴いたことのないバスドラムの原音に近い低音が出ていたことでショックを受けました。
そのスピーカーはFOCALのKANTA N2というスピーカーでした。それまでB&Wのスピーカーでグレードアップしてきた私は恥ずかしながらFOCALのスピーカーを知らず何の知識もなかったのですが、素晴らしい低音に感動しました。一方で中高音は悪くはないかなという印象でした。
とにかくそれまで最高のスピーカーだと思っていた805D3で聞こえない音があることにショックを受け、居ても立ってもいられなくなり、早速大阪の日本橋のあるオーディオショップに行って、いくつかのスピーカーを試聴させていただくことになりました。
試聴したのは、FOCALのSOPRA N2、ソナスファベールのオリンピカノヴァⅤ、そしてB&W804D3です。試聴する前は量販店で聞いたFOCAL KANTA N2の印象が良かったこともあり、ワンランク上のSOPRA N2に期待していました。また、ソナスファベールのオリンピカノヴァⅤも雑誌等で評判が非常に高く期待していました。実はB&W804D3は当初は試聴の予定なく、店員さんから薦められて聴くことになったものです。果たして結果はというと、804D3の圧勝でした!
SOPRAは悪くありませんでしたが、804D3と比較すると低音は素晴らしいものの中高音の解像度はわずかに落ちる印象でした。一聴しての感動まではありませんでした。オリンピカノヴァはB&Wとは全く方向性が違うスピーカーで、解像度よりも高音から低音までのトータルの滑らかさが前面に出ている印象でした。一方で804D3は解像度はSOPRAからベールを2枚ほど剥がしたぐらい高く、低音も締まった音がズドンとキレ良く高速に出てきて、圧倒的な音質とエネルギーでした。同じ曲を聴きながらスピーカーを切り替えていただいたので、それぞれのスピーカーの違いが良く分かりました。
結果的に、検討対象にはなかった804D3を購入してしまいました。もうすでに製造完了となっていますので在庫のみの販売とのことでしたが、あまりもの素晴らしい音に先のことは考えずに購入してしまった次第です。
まもなく納入されますので、これからエージングを楽しみながら、また気づいたことがあれば書かせていただこうと思います。
稚拙な内容と文章で失礼しました。何らかの参考になりましたら幸いです。



次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. 80年代洋楽大好きさん、初めまして、CDバカと申します。
    私も80年代洋楽が大好きでして、日記のご投稿内容ではなく、お名前に反応してしまいました。
    私が洋楽に目覚めましたのはまさに80年代でして、大学生でした。
    FM雑誌に掲載されていたビルボードやキャッシュボックスのトップ100などのチャート表に蛍光ペンでチェックを入れながら盛んにFMエアチェックをして聴いていました。
    洋楽聴き始めの時期なので、特定の好み等はなく、とにかくヒットチャート狙いでなんでも聴いていた感じです。
    そんな状況でも、いつの間にか好みの演奏、サウンドが出来てきまして、いつ頃からか、チャートの動きとは関係なく、特定のジャンルやアーティストで音楽を聴くようになりました。
    私は Bruce Springsteen に代表されるアメリカン・ロックと、R.E.M. に代表されるアメリカンインディーズが大好きです。
    80年代洋楽大好きさんはどのようなジャンルやアーティストがお好みでしょうか。
    よろしければ是非お教え下さい。
    よろしくお願いします。

    byCDバカ at2021-05-20 18:18

  2. CDバカ様、初めまして!
    レスいただきましてありがとうございます。
    私が80年代洋楽にのめりこんでいたのは中学高校時代でしたが、当時はまさに雑食系で、ヒットチャート上位の曲をエアチェックしたりCDをレンタルしたりしてジャンルを問わず楽しんでいました。特にBon JoviやZZTopは今でも大好きですし、Bruce SpringsteenやBryan Adams、RATT、Night Ranger、Sheila E、Stevie Wonder、Elton Johnなどなど、何でも聴いていました。
    今のお気に入りはAndy TaylorのThunderです。高校時代によく聴いていたのですが、最近運よくリマスタ版CDを手に入れることができたためよく聴いています。あとはBon Joviのデビューアルバムは私が洋楽にのめり込むきっかけになったアルバムです。特に"She Don't Know Me"は最高に好きな一曲です。
    全然答えになっていないと思いますし、CDバカ様のレベルには足元
    にも及びませんが、洋楽好きの端くれとしてご理解いただければ幸いです。

    by80年代洋楽大好き at2021-05-20 23:12

  3. 80年代洋楽大好きさん、はじめまして。

    スピーカーの最新情報等については弱いのですが、Andy Taylorに反応してしまいました。 Thunder、あまり売れなかったみたいですけど良いアルバムでしたよね。私もレコードはリアルタイムで入手し、未だに時々聴きます。

    Andy TaylorというとDuran Duran、Power Station等で活躍後にソロになった最初?のシングルが「Take it Easy」という曲で、正直どうでも良い映画のサントラに収録されていたのですが、これがまたとっても80年代的な良い曲でした。

    コメントを書きながらyoutubeでビデオを30年ぶりくらいに見ましたが、Power Station的なギターと、何故かバックバンドで超技巧派なTerry Bozioが(ド・シンプルな)ドラム叩いているのを見て懐かし笑いをしてしまいました。

    byJoe Frazier at2021-05-21 08:51

  4. こんにちヮ!  80年代洋楽大好きさん

     804D3のご導入 誠にオメデト-ございます ヽ(^o^)丿

    80*D3に魅了されるお気持ちは分からなくはありません。 20数年前Nautilus801に魅せられて B&Wへの思いが180度変わり導入した経緯がある私なので(笑) 

     Nautilus801を起源に始まった800シリーズでしたが アノ時の感動を上回ったのがD3を聴いた時でした。  20年前とは視聴内容も変わって仕舞ったので D3の導入は考えませんでしたが… 歴代の800シリーズとは別物と言って良いほどの出来だと私は思っています。 まぁ- 構造自体が180度変わっているので800シリーズと謳うこと自体も不思議なんですがね(笑)  ただ急な製造終了が伝わり次期モデルのニュースが届いていない現状ではB&W自体も心配になります。 

     気に成るのは別な事で(笑) 30年前に何があって 30年ぶりに何があったのだろう?  ご家庭の事情なのか… それでも30年ぶりに始めたのが805D3とハイエンドでのスタートですから。  30年間 まったくオーディオとは無縁だったのでしょうか?

    ソースは配信がメインですか?  80年代と言えばまだまだ主力はアナログ。 継続されてれば所有は当然としても 所有製品にはアナログの「ア」の字も無く ネットワークプレーヤーが… 


    804D3が導入された暁には その様子・雄姿を是非お見せ下さい。。  楽しみにしています…。

     

     アコスの住人。

    byアコスの住人 at2021-05-21 22:21

  5. Joe Frazier様、初めまして!レスありがとうございます!

    そしてAndy Taylorに反応していただき本当に嬉しく思います。
    大手CDショップに行ってもレンタルCD屋に行ってもまずAndy TaylorのCDが置いてあることがないので、この時代に聴いているのは自分ぐらいしかいないのかなあと寂しく感じていました。

    Power Stationのバリバリのロックも好きですが、Andy TaylorのThunderはAndyの声とメロディから何とも言えない切なさが感じられ、それが当時まだ高校生であった私の心に響いていたようです。

    あれから30年以上経った今でも、聴いていると自然と心が安らぎます。特にコアなファンというわけではではないのですが、長く聴いていきたいアルバムの1つです。

    Andy Taylorについて語る機会を与えていただき、本当にありがとうございました!
    今後ともよろしくお願いいたします。

    by80年代洋楽大好き at2021-05-22 00:29

  6. アコスの住人様、初めまして!
    私のような素人に、アコスの住人様のような方からレスいただけるとは大変光栄です。本当にありがとうございます。

    私は1年前に30年ぶりにオーディオ熱が再燃してから、夢中になってあれやこれやと試している最中なので、システムの構成としては何ともちぐはぐで恥ずかしい限りです。

    オーディオにハマり出したのは1984年頃だったと思います。当時はミニコンポ全盛期でしたね。ミンコンポにもグライコがついていて欲しくてたまらなかったことを覚えています。ようやくオーディオ機器を手に入れたのは、1986年の高校入学時です。入学祝いとしてONKYOのアンプIntegraA-817RXⅡ、スピーカーDー77、AKAIカセットデッキGX-R70、KENWOODのFMチューナーを買ってもらいました。最初は親所有のテクニクスのレコードプレーヤーを借りて洋楽のアルバムを聞いていたのですが、途中でCDが発売になり、CDプレーヤーを購入してからはCDにシフトしていったように思います。その後、90年代になって洋楽の元気がなくなっていく中で、私も仕事や子育てで忙しくなり、洋楽とオーディオから遠ざかっていきました。

    そんな中、昨年子育てが一段落したことをきっかけに、ふと昔オーディオに夢中になっていたことを思い出しました。iPadで聴く音楽をもう少しいい音で聞きたいなあと思うようになり、気軽な気持ちで2万円程度の卓上スピーカーを購入しました。これをきっかけにオーディオ熱が再燃してしまい、スピーカー、アンプ、ケーブルと次々と手を出すようになり、売買を繰り返しながら現在に至ります。スピーカーも実は1台目が805D3ではなく3台目です。805D3が最後のスピーカーだと思って購入したのですが、そうはならなかったですね。

    なお、音源は専らCDをリッピングしたWAVファイルです。今でもマランツのネットワークプレーヤーを使用しているのは、同社のHEOSアプリが大変使いやすいためです。
    そんなこんなで機器構成はバランスが悪くてチグハグです。ただ短期間で一気にここまでやってきたため、なにぶんお金の余裕が・・・。まずは804D3のエージングを楽しんでいこうと思っています。

    また是非アドバイスのほどよろしくお願いいたします。
    アコスの住人様の投稿も読ませていただいて勉強したいと思います。

    大変な長文になり失礼しました。まとまりのない読み苦しい文章になりましたことをお許しください。

    by80年代洋楽大好き at2021-05-22 02:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする