「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
80年代洋楽大好き
80年代洋楽大好き
中学高校の頃、80年代洋楽とオーディオにはまりまくっていました。それから30年近くオーディオから遠ざかっていたのですが、昨年ひょんなことからオーディオ熱が再熱。今ではすっかりオーディオの虜です。原音が…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

電研NCT3台でいくつか接続を試してみました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年08月14日



今回は電研のノイズカットトランス(NCT-I3)を3個使って、機器接続を数パターン試してみましたので、その印象を報告させていただきます。

我が家のNCTは気が付けば3台になっています(汗)。つい最近、YongJoonさんの紹介で試しに1台導入してみたのですが、多くの方が仰っておられるように、音のバランスはそのままに純粋に音のクオリティだけを上げてくれたことに感動し、2台追加購入に至りました。
3台になると接続の選択肢が広がりますので、いくつかの接続を試して、お気に入りの接続を見つけることにしました。

なお、NCTのカスケード接続も試してみようと思いましたが、電圧が上がると指摘されているため、日本製(日置電機)の電圧テスターを思い切って?購入し、事前に壁コンセント、NCT,カスケード接続したNCTの電圧を測ってみました。ちなみに周波数は60Hzです。
結果は、壁コンセント103.0V、NCT106.8V,カスケート接続したNCT110.0Vでした。
壁コンセントの電圧は概ね予想どおりでしたが、NCTのコンセントが107V近くあったのは少し意外でした。もう少し低いかなと思っていましたので・・・。一方でカスケード接続したNCTは110V。こちらはもっと上がるのかなと思っていましたので、少し安心?しました。

さて、本題に戻ります。接続した機器は以下の5機種です。
①NAS QNAP213K(AY電子のリニア電源使用) ②ルータ NEC WG1800HP4(AY電子のリニア電源使用)、③ネットワークCDプレーヤー マランツND8006 ④DAC ソウルノートD2 ⑤クロック ソウルノートX3
なお、プリメインアンプソウルノートA2はNCTを介さず、壁コンセントに直差しで使用しています。
また、電源タップは余計な脚色がなくフラットな特性のチクマPS-22DBを使っています。

(パターン1)
壁コンセント → NCT① → ネットワークプレーヤー
         ↓
        電源タップ→ NAS,ルータ
壁コンセント → NCT② → DAC
壁コンセント → NCT③ → クロック
 
音の改善効果が大きいと考えたDACとクロックはNCTと1対1で接続し、NAS、ルータ、ネットワークプレーヤーの3機を電源タップも使ってNCT1台に接続。結果は・・・素晴らしい音です。でもNCT3台分の効果か?と言われると、間違いなく1台よりはいいけど・・・といった感じでした。一番いい接続かと思っていたのですが・・・。
ただ意外だったのは、電源タップによるマイナス効果はなかったこと。むしろ電源タップを間に入れることで、使用している電源タップの脚色なくフラットという特性をより引き出してくれているのでは?と思いました。

(パターン2)
壁コンセント → NCT① → NAS
         ↓
        ルータ
壁コンセント → NCT② → DAC
          ↓
       ネットワークプレーヤー
壁コンセント → NCT③ → クロック

クロックのみNCTと1対1で接続し、あとはNCT1台に2機ずつ接続。ある意味、もっともオーソドックスな接続ですね。これももちろん悪くありません。ただパターン1と比較して劇的な違いは実感できませんでした。既に十分なレベルに到達しているのか・・・。

(パターン3)
壁コンセント → NCT① → NAS
          ↓
         ルータ
壁コンセント → NCT② → 電源タップ→ DAC,ネットワークプレーヤー
壁コンセント → NCT③ → クロック

パターン2とほぼ同じですが、パターン1の接続の際にNCTは電源タップの特性をより引き立ててくれる効果もありそうに感じたので、今度はDACとネットワークプレーヤーを電源タップ経由でNCTに接続してみました。NCT②のコンセントは1つ空いています。そしてこれがハマりました!NASとルータを電源タップ経由にしたときより、また、DACとネットワークプレーヤーをNCTに直接接続したときよりも、脚色はないままにエネルギー感や音の生々しさが増した印象でした。やはりNCTは電源タップの特性もより引き出してくれているようです。

(パターン4)
壁コンセント → NCT① → NAS
         ↓
         ルータ
壁コンセント → NCT② → 電源タップ→ DAC,クロック、ネットワークプレーヤー

電源タップ経由の音質が思いのほか良かったため、クロックも電源タップに接続してみました。ところが結果は可もなく不可もなくといったレベル。クロックについては電源タップ経由にしても音質上のメリットはなかったのか、DACやネットワークプレーヤーと一緒に接続したことが悪かったのか、理由は定かではありませんが、あえてこの接続にする理由は見当たりませんでした。

(パターン5)
壁コンセント → NCT① → 電源タップ→ DAC,ネットワークプレーヤー
          ↓
        NCT② → NAS,ルータ
壁コンセント → NCT③ → クロック

カスケード接続です。カスケード接続したNCT②の電圧は110Vでしたので許容範囲内のようにも思えましたが、やはり少し心配なため、NCT②にはNASとルータだけ接続して確認してみました。結果は・・・パターン3と比較して劇的に向上!と言えるほどの違いは感じられず。ノイズは更に減っているんでしょうが、一聴してうわっ!とのけぞるほどの感動まではなかったです。恐らく私の耳で聴き分けられる限界を超えているのでしょうね・・・(汗)。電圧のことを考えると、パターン3のほうが安心感では上でしょうか。

ということで、いろいろ試してみた結果、ひとまずはパターン3でいくことにしました。ただ、NCTもクロックもまだ導入したばかりですので、エージングが進めば印象も変わってくるかもしれません。しばらくエージングで音の変化を楽しみつつ、ある程度落ち着けば接続を変えてみて再確認してみようと思います。

長文になり失礼しました。なお、接続の違いによる音の感じ方は人それぞれかと思います。今回の内容も私自身の備忘録的に感じたことをそのまま書いたものですので、雑記として読み流していただければ幸いです。
ただ、NCTによって、これまでどうしても取れなかったわずかな滲みや濁りが取れて、低音域から高音域まで音の一つひとつが際立ち、より生々しくなったのは事実です。これはどのような接続をしても共通しています。NCTのおかげで大好きな音楽を心穏やかに楽しめそうです。オーディオは本質はシンプルでありながら本当に奥が深いですね。まだまだ勉強です!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. レポートありがとうございます。あっという間にNCT3台ですね、おめでとうございます。
    NCTとオーディオの組み合わせ比較、電圧レポート 興味深く拝見させて頂きました。電源タップ経由が良かったのは斬新です。

    NCTの空き電源コンセントにJSPCのノイズ吸収効果のACルートコンディショナー刺すと少し良くなりました。ただコスパはイマイチです。

    NCT3台の13万円行かない投資でこの変化はコスパ良いと思います。
    パターン3にNCTをもう一個追加して プレイヤーとDAC専用のNCTも良いかも?知れません。特にプレイヤーとDACが光接続ですとその可能性がUPしそうに思います。

    うちの電源タップはオヤイデ製で、床面振動対策で少し良くなりました。うちの環境では NCTとオーディオ電源直結で、電源ケーブルが床接触しない方が少し良かったです。

    byYongJoon at2021-08-14 04:26

  2. 検証ありがとうございます、参考になります(^^)v

    我が家でも3台体制(I1x2、I3x1)ですが、私の環境で現時点で分かっていることは「トランスとケーブルは床から離した方が良い」と「プラグとコンセントは非メッキが良い」ということです。
    1台は7cm、もう1台は3.5cm、さらにもう1台は木製ケースにフローティングして収めてます。

    https://community.phileweb.com/images/entry/681/68163/1L.jpg?1628890553

    byspcjpnorg at2021-08-14 06:52

  3. YongJoonさん、レスありがとうございます!

    電源タップの効果は意外でしたが、恐らく使用している電源タップが非メッキでフラットな特性のため、NCTと相性が良いのかもしれません。NCTに直挿しした方が良いのでは…と思いつつも、ひとまず自分の耳を信じてしばらくは今の接続を続けようと思っています。

    なお、電源ケーブルを床に接触させない方が音が良いとのアドバイスありがとうございます。どこまでできるか分かりませんが、一度トライしてみたいと思います。
    今後ともよろしくお願いいたします(^^)

    by80年代洋楽大好き at2021-08-14 10:56

  4. spcjpnorgさん、はじめまして!レスありがとうございます!

    「トランスとケーブルは床から離したほうが良い」「プラグとコンセントは非メッキが良い」とのご指摘、大変参考になります(^^)

    私も非メッキ派です。その方が音の脚色が少ないと信じていますので。壁コンセントはパナソニックの1512Kに交換していますが、非メッキです。クセが乗らず音のキレも良いですね。安価でコスパ最高なので気に入っています。
    電源タップも非メッキ仕様です。ただ、電源ケーブルのプラグは金メッキだったりしますので、非メッキを徹底しているとは言い難いですが…(笑)

    なおNCTの下にはコルク4個を足代わりに使用しています。放熱には一定の効果があると思いますが、音質的にはもっといい方法があると思っています。今後皆さんの工夫も勉強してみるつもりです。
    ケーブルを床から離すというのは、YongJoonさんからも同様のご指摘をいただきましたので、できる範囲で試してみようと思います。

    ちょっとしたチューニングもオーディオの楽しみの一つですね。
    貴重なアドバイスありがとうございました!

    by80年代洋楽大好き at2021-08-14 11:24

  5. 80年代洋楽大好きさん こんにちは
     
    配線がごちゃごちゃせず静かに設置されていますですね。
    HIOKIのテスターという事は「TrueRMS」に対応したちょっと本格的な奴ですね?1万円は超えたでしょうか。意気込みを感じます。

    これでいよいよクロックの威力が発揮されるのですねぇ・・・私からは未知の世界です。羨ましい。

    音質的にどうなるかは分かりませんが、私の場合marantzの奨めに従ってLANケーブルにフェライトコアを装着しています。できれば両端に、端から2~3cmくらいのところに。あと自主的に、WiFiは2.4GHz帯は停波して5GHz帯のみ使用、これの電波出力を25%に落としています。拙宅では気休め程度ですがクロック導入の繊細なお宅では少しくらい変化があるかもしれません(^^

    marantzの奨めのリンク先は 404 Not Found になってしまいましたので・・・代わりに私の日記を貼っておきます。フェライトコアの装着位置とターンの巻き方を参考にされて下さいませ。
    https://community.phileweb.com/mypage/entry/4813/20200212/

    最後に独り言です。
    世間では耳に聴こえない高周波ノイズが音に影響するのか?と疑問に思う人も少なくありませんが、デジタルのクロック周りに影響するかも?と説明したら分かってくれるかなぁ・・。24bit/96kHzのサンプリングレートの音源の近くに 100kHzスイッチング周波数のACアダプターを近付けるとか、10MHzクロックのケーブル近くに1MHzスイッチング周波数のGaNスイッチング電源を近付けるとか・・・です。特に今後市販のGaN採用品は周波数が上がっていくかも?なので動向には注意が必要かもしれませんですね。信号の周波数と近いノイズ、n倍とか1/nの周波数のノイズには注意が必要かもかも。長い独り言でした。

    bynightwish_daisu at2021-08-14 12:28

  6. nightwish_daisuさん、今回も大変有益なアドバイスありがとうございます!

    早速紹介いただいた日記を拝見させていただきました。
    専門的でありながら分かりやすくて説得力があり、大変参考になりました(^^)。特にVitropermコアは値段もお手頃ですし、是非試してみたいと思います。

    なお、高周波ノイズは音色を構成する周波数=基音+倍音に影響すると考えればいいのでしょうか。専門的な知識がなく、トンチンカンなことを聞いているかもしれません。恥ずかしい限りです。

    by80年代洋楽大好き at2021-08-14 13:51

  7. 80年代洋楽大好きさん 応レスありがとうございます。

    ひとまずどこにでも転がっていそうなフェライトコアで良いと思います。

    ヴィトロパームは効きは凄いのですが、その反面に副作用も強めに出る可能性があります。場所と使い方によってはノイズを増強することすらあります。ある御方にルーターにヴィトロパームを使ってみてもらったのですが、良い反応はありませんでした。テレビのHDMIもよく分からなかったそうです。拙宅ではHDMIにフェライトコア3ターンでアンプ出力の歪み率(THD+N)がやや改善することが観測されました。環境によるのもかも?

    高周波は音色という『音』そのものより、機器の動作『クロック』に悪影響を与えそうです。『タイミング』です。ノイズの『リズム』と機器の『リズム』が重なると、とても音が悪くなりそうです。チクタク、ちくたく。『リズム』が無くて、さーーーという全周波数で一定のランダムなノイズだと、そんなに悪さをしないかも???これは妄想です。

    私も専門的な知識はありませんで、結果とネットで拾った情報を結び付けてテキトーな事を言っているだけです。果たしてそれが真実かどうかは分かりません。そんなものです(^-^;)。やってみなければ分からないです。

    bynightwish_daisu at2021-08-14 14:57

  8. nightwish_daisuさん、再レスありがとうございます!

    Vitropermコアは副作用の可能性もあるのですね。
    効き目がノイズ減衰以上のものになると、音質低下やエネルギー感の減衰に繋がるかもしれないですね。音が脚色されたりバランスが変わるのも避けたいところです。もし導入するとしてもその辺りはしっかり見極めたいと思います。

    高周波がクロックのタイミングに影響するというのは何となく分かるような気がします。そうなるとせっかくのクロックの意味がなくなってしまいますね。ノイズは怖いですね。

    いろいろと勉強になります(^^)ありがとうございます!

    by80年代洋楽大好き at2021-08-14 16:17

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする