stoicizmo
stoicizmo
2000年ごろ BOSE AMS1-II入手。それから20年近くなにも意識せず、途中CDドライブが壊れたりした関係でPCオーディオに切り替え。音質はほとんど気にせず。 2018年ごろ、BOSEの…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

電源の次はケーブル・・・と、これは???

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年09月02日

2ヶ月ぶりでございます。

Cambridge Audio S-700 の電源は、前々の記事から紆余曲折がありまして、偶然海外の小規模なハイエンドオーディオの制作者さんと、個人でS-700の電源を作るよーという方を見つけまして、当面要求するスペックと金銭的なものとを勘案した結果、とりあえず後者のイギリスの個人の方にお願いする方向になりました。あとは電源ケーブル(こちらはオヤイデの比較的リーズナブルなやつを選ぶ方向)と、必要ならば昇圧トランスですかね。。。

本日のお話はと言うと、S-700をお譲りいただいた(実は第三者を経てこっちに来たので、元の所有者さんは面識ありません。。。第三者さんの情報によると、故人の遺品らしいですが。。。)ときにいろいろ不足していたかわりに、謎のSPD/IFケーブルがついてきたのですが、これがなかなかなもので。

まず、黒いRCAコネクタ(らしきもの)のところにくっきりと「LINN」の文字が。あー、これはガチだぞ、、、と思って大事にとっておきましたが、残念ながら自分のシステムでは帯に短し、長さが50㎝くらい足らないのです。
そして今朝、ふと改めてケーブルを目にしてみるとLINNではない別の会社のケーブルらしき文字が。。。「ROKSAN」!?!? 90~00年代の海外オーディオについてはまったくの素人なので、ROKSANがただものでないことくらいはわかるものの、ヤバイヤバイくらいしかわかりませんw
これは果たして自家製なのかなんなのか。。。謎は深まるばかり。。。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする