「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
sonnenblue
sonnenblue

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

日記

Dirac Live Room Correction Suite

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月12日

こちらのコミュニティの情報も参考にさせていただき、Dirac Liveを導入しました。

試用期間の2週間ほど使い、動作することが確認でき、また音質の改善も確認できたためです。円安ということもあり数万円の出費には少し躊躇しましたが、音質のためにハードウェアに散財している、たまにはソフトウェアにもと託けました。

ASRの方も、REWでもできるがかかる手間や手軽さを考えてDiracを使うと買いていたので、私もREWも使ってみましたが、使いこなす前にDiracを試してみました。周波数特性だけでなくインパルスレスポンス、つまり周波数領域だけでなく時間領域(位相)も改善してくれるのも魅力的でした。

以前、DEQ2496を使っていた時は周波数領域のみを調整して音がややつまらない感じになることを体験していたのですが、今回は杞憂でした。

まずは全体域を選択してOn/Offで聴き比べると、
- 差は小さいが明らかに聞き分けられる差
- 部屋による低域のブーミーさが軽減され、周波数特性は改善したように聞こえる。(人によっては量感が減ったと感じる方もいらっしゃるかもしれません。その場合、ターゲットカーブで低域を持ち上げることもできるようです)
- 音の透明感が増す
- 楽器やボーカルの定位が改善して分離が良くなる。いわゆるボーカルの口が小さく感じるような雰囲気です。
- 定位が改善するので、ステレオ感、スピーカーから音が出ている感じが減少して目の前に音場が広がる。

周波数を例えば低域のみに限定して補正することもできるようです。これから少し試してみたいと思います。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. sonnenblueさん、

    Dirac Liveを導入されましたか!
    おめでとう御座います。同志の方が増え、嬉しいです。

    使うと、明らかに透明感が増しますよね!
    ターゲットカーブは弄りどころ満載なので、楽しんで調整してみてください。

    byTomy at2022-06-13 09:10

  2. sonnenblueさん、はじめまして

    おお、Dirac Live仲間が増えましたね!

    私はPC版ではないのですが、調整用のPC画面は同じですから、是非、「ターゲットカーブ」研究の成果をまた教えて下さい。Tomy邸ではすでにいろいろ工夫しておられるようですが、私は「盗め」ませんでした(笑)。

    拙宅では(マルチですが)、だいたい1Khz以下だけを今は補正しています。

    効果的な使い方を発見したら、報告し合いましょう。今後ともよろしくおねがいします。

    byAuro3D at2022-06-14 08:01

  3. Tommyさん、

    Dirac Liveについて色々調べている際にTommyさんの記事も拝見して勉強させていただきましたので、コメントをいただき感激です。

    昨日に、レスを書いたと思ったのですが、私が操作を間違えたか残っていないようですので改めてこちらに記させていただきます。

    ターゲットカーブはまだ初期設定のまま、せいぜい高い方を少し下げる程度しか触っていません。小音量の時にラウドネスを考慮して高い方、低い方を持ち上げたパターンなど、色々試してみようと思っています。

    ぜひ、記事も拝見して、ターゲットカーブの弄り方を習得したいと思います。

    bysonnenblue at2022-06-15 00:08

  4. Auro3Dさん、初めまして。

    ターゲットカーブについて、分からないながらも少しずつ調べつつあるのでぜひ、共有させてください。Tomyさんが実は色々お詳しいのでしょうか。気になります。記事も拝見してみようと思います。

    情報、ありがとうございます。1 kHz以下での周波数特性の修正も試してみようと思います。B&W 705Sigは、10 kHzで山になっているようです。マイクロホンの影響かとも疑っていますが、Webの他の記事でもB&Wは10 kHzに山があるという記述もありますので、実際に山があるのかもしれません。もしかすると、20 kHz以下を全て調整すると、スピーカーの個性まで消してしまっているという不安もあります。確かに部屋の特性のみを調整するには1 kHz以下など限定で試してみようと思います。

    ぜひぜひターゲットカーブの情報も相互に共有させてください。
    今後ともよろしくお願いします。

    bysonnenblue at2022-06-15 00:13

  5. sonnenblueさん、

    >ターゲットカーブについて、分からないながらも少しずつ調べつつあるのでぜひ、共有させてください。Tomyさんが実は色々お詳しいのでしょうか。気になります。記事も拝見してみようと思います。

    実は大して詳しくありません(笑)。色々試してはいますが。
    記事には未だしていないので、そのうち、このサイトがあるうちに記事にしてみようと思います。

    気がついたことあれば、教えてください。

    byTomy at2022-06-15 13:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする