マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

新しいDACを導入しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年09月24日

初めまして、mと申します。これまで閲覧のみでしたが、サービス終了前に駆け込みで登録させていただきました。

先日懸案だった DAC の更新をしたところです。
約10年ぶりということで、予算はひとまず脇に置いて各社のハイエンド機種を半年掛かりで幾つか試聴した結果、国産では Esoteric D1X+P1X、海外では dCS Vivaldi のセットが印象に残りましたが、DAC 単体でみると最も好みに近い音質に加えて、素材/部品ではなく回路技術で差別化している点や、物量控えめにコンパクトできれいな1筐体で完結していることにも好感を持ち、MolaMola Tambaqui を導入しました。


私は今まで使っていた DAC での経験から、信号はストレートに DAC に入力してあげるのが鮮度などの点で好ましく感じていましたし、更に 3.125MHz と整数倍にならないこともあって Tambaqui の前段サンプルレート変換にはちょっと懐疑的でしたが、実際試聴してみると、とてもナチュラルかつダイナミック、良い意味で機器の存在を感じさせない透明感があり、全くの杞憂である事が分かりました。他の機種はより骨格がしっかり出る等でオーディオ的に惹かれる面はあったのですが、私は音源をありのまま聞く方を好みますので、1曲聴いて直ぐに気に入ってしまいました。
年初来の円安を受けて値上げは時間の問題と言われており、実際に今月末からの値上げの発表があり、駆け込みでしたが間に合って良かったです。
http://www.highend.jp/News/9_30_2022_Price.jpg


Tambaqui の入力には USB と Optical を使っていますが、特に優劣は無いようです。
出力はひとまずプリアンプ経由の 6V で聴いていますが、今後パワーアンプ直結も試してみようと思います。
電源では、こちらを参考に導入し以前の DAC で使っていた電研精機 NCT-I1 1kVA を試してみたところ、確かにキレイになるものの、Tambaqui の美点である抑揚表現でちょっと後退する印象もあり、今は一旦外しています。容量の関係もあるかも知れませんので、後日 0.5/1.5kVA も改めて試してみる予定です。

内蔵クロックの安定性を考えると頻繁な電源 On/Off は避けた方が良かろうと、長期の不在時以外は電源を入れたままにしていますが、一方で気になるのは筐体がそこそこ熱くなることです。
さすがにすぐ壊れるようなことはないと思いますが、コンデンサーなどの長期信頼性は大丈夫なものでしょうか?Tambaqui をお使いのみなさまはどうされていますか?

音源フォーマットでは、PCM で Tambaqui の特徴が良くでる傾向があるように思いました。発注前に手持ちの音源を調べたところ8割が PCM でしたし、今後配信等を考えても良い選択だったと思いますが、一方で DSD の 2.8MHz はちょっと柔らかくなりすぎる気がしました。DSD には気に入っている音源が幾つかありますので、それらをどうやって良い音で聴くかが今後の課題です。このあたりの使いこなしも教えていただければ幸いです。

メーカーさんへの要望ですが、本体の小さな LED 2つが結構明るめ、かつ Bluetooth 通信の関係で時々点滅するのがちょっと気になるので消灯できたら良いのと、更に利便性とトレードオフにはなりますが Bluetooth 関係含めて切ってしまえば音質もより向上するのでは?と思いました。


サービス終了まであまり時間がありませんが、みなさまとの交流で経験値をあげてステップアップに繋げていけたらと思います。よろしくお願いいたします。

次回の日記→

←前回の記事

レス一覧

  1. mさん こんばんは 初めまして?

    ハイエンドDACの導入おめでとうございます(^^

    それに比べると安価な NCT-I1 といったところですが、外した方がよいのであれば当然外した方が良いので今のままでOKだと思います。
    ただ、ハイエンドなシステムの場合はちょっとした事が思いがけない結果を生んだりしますので過去の日記やレスと重複する事にはなりますが今一度、注意点を書いてみます。


    ■NCT-Iは加極性。普通に接続すると位相は逆になるので、電源の位相を合わせたい場合には極性をひっくり返す必要があります。

    ■トランスの1kWという容量に対してTambaquiの消費電力は40W(スイッチング電源)です。100V仕様のトランスは約90%の負荷のときに100Vになるように設計されている様子なので、今回の使用条件では電圧が数%上昇しているはずです。Tambaquiの電圧範囲は90~135V,180~270Vと非常にワイドですので、一度試された電圧数%上げなセッティングを、逆に電圧若干下げなセッティングにすると何かしら変化すると思われます。下げなセッティングとはNCT-Iの一次側と二次側をひっくり返して使用する事を指しています。良くなるか悪くなるか変化しないかはやってみなければ分かりません。

    ●余談ですが、LEDそのものは点灯させてもノイズを出すものではありません。例えば電池と抵抗器だけでLEDを点灯させるとAMラジオを近付けてもノイズは皆無。それが、LED駆動ICなどを使ってLEDを点灯させるとICや電源がノイズを発生させます。(と、nightwish_daisukiは考えている)そういう類(の電源部に)にAMラジオを近付けると何やら聞こえます。発光しているLED側にAMラジオを近付けても変化ありません。 これは、豆電球や裸電球がノイズを出さないのと同じ理屈なのだろうと考察するところですが、恐らく初期のPWM発振?型のLED照明が激しくチラチラして目が変になりそう(な、街頭ランプが本当に6年前にはありました)だったり、LED照明のせいで無線機にノイズが入るなどというのが悪いイメージに繋がっている気がします。(私は電気の素人なので間違っているかも。)
     bluetoothは切れるものなら切りたいですね。スマホにAMラジオ近付けてもブーブー鳴ります。まぁスマホよりも高容量のGaNタイプの充電器の方がもっと広い範囲でブーブーとAMラジオ鳴らす場合もあります。(小容量なGaNなら従来のACアダプタより静かな傾向かも?)
    .

    bynightwish_daisu at2022-09-24 21:25

  2. nightwish_daisu さん

    レスありがとうございます^^)いつも参考にさせていただいております。

    なるほど仰るとおり Tambaqui と比べると NCT-I1 は安価ですが、価格によらずノイズ減衰特性的にはトップランクだと思いますし、トイレで活用もちょっと勿体ないので(笑)、うまく使いこなし出来たらと考えています。
    そういえば1次側/2次側の反転もできますね、電圧の影響は分かりませんが、後日実験してみようと思います。アドバイスありがとうございます!

    LED 自体はノイズを出さないんですね、駆動ICとセットで使って常にチラチラ(≒ノイズを出)しているイメージしか無かったので参考になりました。
    Tambaqui の LED は Bluetooth のペアデバイスを探しに行くタイミングで点滅する仕様です。明るくても一定ならならたぶん気にならないのですが、不定期に点滅するので「視覚的」に気になるのでした。
    点滅の原因が Bluetooth でしたので、いっそのこと Bluetooth 含めて Off に出来たら、電気的なノイズも減って両得♪と考えた次第です。

    bym at2022-09-26 00:46

  3. mさん 応レスありがとうございます

    釈迦に説法になりましてスミマセン。余計な事を申しました。

    拙宅に多いmarantz製品の場合ですと電源LEDは・・・電源OFFで点灯、電源ONで消灯します(最初、戸惑いました)。 それ以外にDISPLAYの消灯も手持ちのmarantz機器は全てに装備されているような気がします。(NA-11S1, NR-1711, UD-7006) これは恐らく、ユーザーの声を反映してのものだろうと思います。(所有していないですが、ESOTERICなんか使わないデジタル出力端子をOFFにできるそうです。ESOTERICではない殆んど製品の場合、機器背面でTOSLINKの赤い光が常に光っているのが普通ですものね。TVの裏とか。)

    MolaMolaも、日本市場の声を拾って・・・使用しないデバイスの電源供給を断つ、LEDは消す なんて事をしてくれたらいいですが、そのためには MolaMolaの日本ユーザーが増える事ですかね。(きっと電源は別系統にして、LEDの点滅程度では音質に影響しないように作られているとは思いますが。)

    あ、また、余計な内容を書いてしまいました m(_ _)m
    .

    bynightwish_daisu at2022-09-26 03:57

  4. mさん、はじめまして。

    私はTambaquiをおよそ1年前に導入しました。

    私なりの経験を簡単に記します。

    ソースはほとんどがRoonなので、入力はLANとUSBを試した結果、現在はUSBを使用しています。購入時に興味があったI2Sは、Mola Molaに照会したところ「お勧めしない」という回答だったので試していません。

    DSDの音質は①DoPかNativeか、②resync delayの設定でそれなりに変化します。私はNative、resync delay=50m secで聴いています。ちなみにメーカーの推奨はresync delay=1000mですが、音質より安定性を考慮しての推奨だと理解しています。

    海外のレビューを読むと「ウォームアップに2、3時間」と書かれています。ただ、常時電源オンだとご指摘の通りそれなりに熱くなるのと、私の環境では20分ほどで温かくなり音質も安定するので普段は電源をオフにしています。

    Bluetoothはリモコンになるスマートフォンと接続すると点滅が止まると思います。接続の有無での音質差は認識できていません。

    あと、出力モードによる音質差も結構あります。
    当初は2V固定・プリアンプ経由で使用していたのですが、その後2V可変でパワーアンプ直結等々を試し、現在は6V固定でプリアンプ経由で使用しています。

    byのびー at2022-09-26 04:52

  5. nightwish_daisu さん

    いえいえ、ひとりではなかなか気付かなかったりしますので、コメントはとても有り難いです。これからも遠慮無しでお願いします^^)

    Marantz、Esoteric も消灯出来るんですね、今使っている Dela N10 や以前使っていた DAC も消灯できて、実際少し音が良くなりました。

    > (きっと電源は別系統にして、LEDの点滅程度では音質に影響しないように作られているとは思いますが。)

    ですよね、これは私も思いました(笑)
    ただ前回ご指摘の「ハイエンドなシステムの場合はちょっとした事が思いがけない結果を生んだりします」はその通りだと思っていますし、電源や筐体共通なのに Bluetooth 含めて裏でゴニョゴニョやっていて影響が全くない、というのも少し不自然に思います。

    Mola Mola Remote アプリでは "Display Brightness" の設定があって、丸窓内の表示については左端にすると消灯できる仕様ですので、それを Power & Preset indicator LED にも適用するのはそれ程難しくはないのでは?と思っています。
    ちなみに、丸窓内の表示は操作がなく一定時間経つと自動的に消灯する仕様なので、こちらは明るくてもさほど気にならないのでした(逆の方が良かったのに~)

    教えていただいたように日本市場では幾つも先行事例があることですし、まずは要望として上げてみようと思います。

    bym at2022-09-27 03:46

  6. のびーさん

    レスありがとうございます^^)Tambaqui の日記などなど、いつも参考にさせていただいております。

    のびーさんは Roon をお使いでしたね。
    Roon はコアに専用PCが要るとか、フォルダビューが使えないとかで躊躇して未導入でした。教えていただいたように音質面でのメリットもありそうですので、これを機に検討してみます。良いリマインドになりました、ありがとうございます。
    ちなみにのびーさんは Roon 自体の音質はどう評価されていますか?また、バージョンアップで音質が変わるという話もありますが、どの程度の振れ幅なのでしょう?ちょっと門外漢には想像付かず、、お時間のある時で構いませんので教えていただけると幸いです。

    設定の件ですが、Tambaqui と Dela N10 との接続は Native になっていると思いますが、resync delay に相当するものは無いようです。

    電源は普段オフされているんですね、参考になりました。
    外部クロックの例では安定のために極端に長い時間必要という話もあり常時オンしていましたが、20分で安定するなら確かに問題ありませんので、まずは確認してみようと思います。

    > Bluetoothはリモコンになるスマートフォンと接続すると点滅が止まると思います。

    そうなんですね!
    私の場合、スマートフォンと接続しても暫くすると点滅するというのは、スマートフォン側の設定に問題があるのかも知れませんね。。設定確認してみます。

    出力モードは一緒のようで安心いたしました。

    bym at2022-09-27 03:50

  7. mさん

    再レス失礼します。
    デジタルファイルのプレーヤーに関しては、ほとんどのものを試しました。全くネットワーク機能を持たないシンプルなものから、DLNA、OpenHomeをベースとしたもの等々いろいろありますが、Roonは音質も悪くないと思います。

    2、3年前のメジャー・アップデートでは暫く挙動が不安定になり、音も結構変わった印象がありましたが、最近のアップデートでは挙動も音質も(私の環境では)安定しています。多くのメーカーが音質検証に用いていることもあり、音のブレはしっかりと管理されているのだと推察します。

    ただ、ごく最近、1.8から2.0に大幅な変更が入りました。この変更に関しては検証できていません。

    Roonは、バージョンアップを重ねる度にさまざまな使用環境、再生フォーマットに対応して来た結果、純粋に音質を追求したい立場からは無駄の多いソフトウエアになってしまいました。

    私を含め代替品を探しているユーザーは多いと思いますが、なかなかこれより良いものは見つかりません。

    byのびー at2022-09-27 14:27

  8. のびーさん

    丁寧に教えていただいてありがとうございます^^)
    はい、音質以外のことにいろいろ手間暇掛かって重くなっていることも引っ掛かっておりましたが、のびーさんがいろいろ試された中で音質も悪くなく、これより良いものが見つからない、というのは決定的ですね。
    バージョンアップについてもそれなりに管理されていそうで安心いたしました。多くのメーカーが音質検証に用いていたり(参考になりました!)Tambaqui の LAN 入力も Roon のみですし、ほぼデファクトスタンダードなんですね。
    PC の手配や NAS の使い方など、諸々悩ましいですが、導入に向けて動きます♪

    bym at2022-09-27 23:41