アコスの住人
アコスの住人
動画27。 2020年8月20日撮影 https://youtu.be/2tJHlc7X3A4 ハード機器、セッティングなどの変更はありません。 パワーアンプ用の電ケーを変えた(自作)した程度で…

マイルーム

 2019年10月の現状(令和元年10時月)
 2019年10月の現状(令和元年10時月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)10月の様子 TD725swを一基迎えて スーパーウーファーのツイン仕様となりました。 センタースピーカーのツイン仕様に続く暴挙です ウーファーの置き場変更に伴…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お気に入り製品

日記

新 リファレンスに追加。 MJCD

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年04月18日

初夏の気配さえ感じる今 皆さま どーお過ごしでいらっしゃいますか?

 コロナ感染症 増大蔓延中を横目に… 聖火ランナーが今日も何処かをリレーしています。   聖火をリレーしているのか コロナ感染を広めているのか…?   当県は4/1~4/2のスケジュールで開催されました。 そして今、確実に感染者が増えています。 そーです 2週間が経過した頃から…。   集まるな!三密回避せよ! 無理な話…。 (p_-)


 さて 気を取り直して !(^^)!

オーディオやサラウンドを楽しむ為に 自分のお気に入りソフトって 1枚や2枚 まぁ-当然 何枚でも良いのですが ヘビーローテーション的なディスクは ございますよね。   また逆に 買ってはみたものの…「う~~ん、失敗したかな?」的なソフトもお持ちでしょう。 (笑)

そして 試聴の際には絶対に外せないディスクもお持ちじゃないですか?  「マイ・リファレンス・ディスク」と呼びたい。    試聴とは ハードを選択する際に このディスクを美味しく・楽しく聴こえる事が大事になる選択基準。 ハードの選別以外にも セッティングでの最終調整では 必ず聴いて 美味しく・楽しく成る様に 追い詰める曲。 

 ヘビロテには確定しそ- そして「マイ・リファレンス・ディスク」の仲間入りになりそうなディスクとの出会いがありました。   それがMJCD!!


MJCD? なんのこっちゃ?!ですね (笑)

 https://ameblo.jp/docono38/entry-12667900153.html

勝手に引用 申し訳ありませんが DOCONOさんが 今、長旅に出ておられています。  お疲れの様で 「スピーカー探しの度」になっちゃっています(笑)  DOCONOさんは ご自身のブログや ここコミュの日記にも上げられていて 詳細なリポートと相まって楽しく読ませて頂いています。 
 その旅(度)のお伴の一枚にMJが有ります。  MJ そ- 『MichaelJackson』の事です。  「WHO IS IT」がお気に入りの様で幾度となく登場しています。  DOCONOさんにとっては まさに「マイ・リファレンス・ディスク」なんだろうと思いました。  
で私は WHO IS ITって どんな曲なんだろうと 図々しくも窺いました。 まぁ- 検索するとyoutubeでも聴く事は出来たのですが アルバムだと何に入っているのかが分からず 教えを乞いました。  アルバム名は「DANGEROUS(1991)」と分かり 早速入手。  外れても痛いので(←失礼な文言<m(__)m>)オクを当たって購入。  輸入盤・未開封 千円以下で買えました。

DANGEROUSはMJ 歴代3位の売り上げを誇る 有名ディスクでした。   その売上げ枚数は3200万枚!! ミリオンとは桁が違う! 何と言うのだろう? (笑)  確かに このジャケ写は記憶にある。   


で、DOCONOさんが 愛聴する WHO IS IT(9曲目)から視聴を開始しました。  何も前知識が無いディスクはヴォリュームが難しい。  60から始めた…    声がスピーカー間を漂うコーラスで始まるWHOISIT。 低い(小さい)と65にして 再スタート! 20秒後ドカン!と心臓をえぐられる感じでJBLが吼えた!  ギャップ有り過ぎだよMJ。。  !(^^)! 

80分弱の1枚を 更にヴォリュームup(70)で一気に視聴。 最後の曲(8曲目) は「BLACK or WHITE」 シングルカットもされて MVでも見た事がある。 
 

 このCDは全曲に渡り 低域感の充実と 随所に入ってるSEのリアルさが凄い。  雷鳴(落雷)、ガラスが割れる音、ドアを叩く音、振り返って仕舞うほどのリアルさ。   そして立体的な音像処理! ステレオ装置なのだが 更に奥、更に手前、更に外…  環境が整ってさえいれば(自分はそ-思っているが(笑))スピーカーの位置が分からなくなる。 
久しぶりに ドキドキ&ワクワクなCDに出会えました。

 DOCONOさま ありがとうございました。  

30年も前のCDですし 有名なアルバムですから お持ちの方も多いと思いますが… 皆さんは DO-聴こえてるのか 気になっています。 (笑)

 今、日記を書きながら PCに付けた小っちゃなスピーカーで鳴らしています。  ドキドキ&ワクワク 全くしません! (笑)   も、一回聴こう!  JBLを吼えさせよ-- ヽ(^o^)丿  


アコス。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする