アコスの住人
アコスの住人
動画27。 2020年8月20日撮影 https://youtu.be/2tJHlc7X3A4 ハード機器、セッティングなどの変更はありません。 パワーアンプ用の電ケーを変えた(自作)した程度で…

マイルーム

 2019年10月の現状(令和元年10時月)
 2019年10月の現状(令和元年10時月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)10月の様子 TD725swを一基迎えて スーパーウーファーのツイン仕様となりました。 センタースピーカーのツイン仕様に続く暴挙です ウーファーの置き場変更に伴…
所有製品
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE
  • スピーカーシステム
    JBL 4319

レビュー/コメント

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

日記

UHDBD/BD ディスク再生の行方 (*_*)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年06月17日

夏本番直前でしょうか? 暑くなってきましたね (*_*;

 ワクチン接種が進んできました。 2千万人が1回は打ってるとか…  多くの方が接種する事が 感染力を低下させます。   皆さんに早く行き渡るといですね。 


 世の中はサブスクが今では当たり前で… 我々が好きな音楽や映画も その恩恵は受けています。  定額で「聴き放題!・見放題!」は魅力的ですよね。  10年前、20年前に比較すれば そのクオリティーアップも目を見張るものがあります。  (上を)知らなければ 十分すぎるモノだとは思います。

 私はLD(レーザーディスク)も音の方から入った口です。  wowowをビデオテープに録って 大画面TV(当然B管)で見始めた時に ヤマハのドルビープロセッサーを使って 今で言う5.1chを始めました。(5.1chではありませんが‥)  LDは既に世の中にはありましたが 今と違ってディスクがメチャ高い! 4千円~1万円じゃなかったかな?  音質はモノラルかステレオ。 クオリティーはFM放送並。。。 

 時が経って LDにAC3が採用されてDolbyDigitalの幕開けです。  ヤマハがDSP-A3090と言う世界初のAC3対応モデルは発売して パイオニアのLDプレーヤーと ヤマハのNS10M(名機テンエム)+SW(仮想フルレンジ対応)+LFEを組み合わせて   ジム・キャリーの『マスク』を視聴する機会を得ました。

 この音場の解像度の高さを初体験して 採用を決めました。 (笑)  これなら サラウンドも本格的に始められるぞ!と…。  これが私のAV系の起源です。


 話はココからです。  毎度、前振りが長くてスミマセン m(__)m

家電業界の再編は皆さんもご存じの事と思います。 大きな影響は中国/韓国の台頭でしょうね。  以前は日本の下請け工場の様な国でしたが 今では国の先導で世界を席巻して仕舞いましたね。  今では世界を引っ張ってきた日本企業も 中国韓国にはおんぶに抱っこ!  立場は完全に逆転して仕舞いました (+_+)

 私はLDを始めてからパイオニアを使っていました。 最初はLD/CDモデル。 次にDVD/LDのコンバーチブル。 ソフトは一枚も買えませんでしたがmuseLDに対応したハイビジョンLDプレーヤーも使っていました(笑) 

 DVD時代には 家電メーカー、オーディオメーカーがこぞってDVDプレーヤー(高級モデル)を生産していましたが パイオニアがトップランナーだった事は疑い様が無いと思います。 

 Blu-ray時代になると プレーヤー市場が一気に小さくなりました。 UHDBDが登場したら… その勢いは消えました。  やはりサブスクって関係してるんだろうなぁ~~(*_*;

 パイオニアは消えかけています。 事業部別に分割されて 一体、親が誰なのかも分かりません。 復活は出来ないんでしょうね… 寂しいです。

パイオニアのHPのトップには 「UDP-LX800」が写ってはいますが 商品のHPには 『生産遅延のお詫び』がありました。 新型コロナウィルスの影響による部品調達の遅れに伴い…と。   今は「コロナ感染」と書けば何でも通用しそうですが(笑)
 kakaku.comからはパイオニアが消えました。 パイオニアのオンラインショップには「生産完了」と言う文字が…。  
調子の良い(馬鹿にしてる言い回しです)パナソニックは 国内販売は無いと言っていたUHDBDプレーヤー(UB9000)を出して ニッポン特別仕様などと言う始末。 (ご使用中の皆様はお気を悪くなさいません様に‥私、個人の思いなので)
UHDBD(4k)以上の規格の登場は無いと思っています。 既に8kは有っても 放送やソフトが一般化する事は無いでしょうね。。   またBD/UHDBDのソフトが無くなる事も無いと思っています。  ただしハードは消えそうです(*_*;  LX800が最終品かな? パイオニアが生きてるウチは 期待感もありましたが ブランド名だけのメーカーには何も出来ないでしょうね。
今後6~7年は修繕も可能でしょうが その後は…  そそられそうなモデルは出て来ますかね?  PS5でUHDが再生可でしょうが… 安っぽい筐体のアレを置くのは嫌だしな…。 

 5年後10年後 いったい ど--なりますかね?  

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコスさん、こんばんは。

    先日、LX800のフロントのUSB端子の修理をメーカーに出しました。すぐに戻ってきて、梱包まで含めてしっかりした対応で、無償で基盤の交換をしてくれたようで、文句なしです。パイオニアはまだ生きているようです。その間、LX88と比較していたのですが、LX800はさすがの仕上がりだと思いを強くしました。オフ会から戻ると私は自システムで聴き直しますが、この汎用型のプレイヤーは、純粋なトランスポートとしての使用ですが、100万近い2chピュア用のプレイヤーに肉薄します。確かに負けているのですが、LX800はまったく問題なしで素晴らしいという結論ですし、サラウンドならば言わずもがなです。なお、ラインケーブルでAVプリに繋ぐと差はさらに差が近接します。2chステレオでの使用に限られますが。どこぞの開放天板のと総合的なS/Nのレベルが違いますね。AVプリでこれですから、光学のパイオニアの面目躍如です。(^^)

    コアな映画ソフトが配信でコアな映画ファンに喜びを与えるのは、遠い先のことだと思います。NetflixやAMAZON、その他の配信しているのは、残念ながら映画ではないです。コマの送り方がとても映画とは言えないものです。ノーランやスピルバーグはNetflixに噛み付いています。しかし彼らの批判はポリティカルなものでしょう。デヴィッド・リンチは配信を許さず、自分がリマスターを監修したディスクのみです。私はリンチを信じます。現状の配信は本質的に、リンチやそれ以前の本当の映画を鑑賞するのに相応しいメディアではないと思います。個人の考えですが、残念ながら映画を知らない人が悲しいくらいに大勢いて、そんな大多数が配信で喜んでいるのです。

    過去作のアプコンではなく新しいUHDの画質、音質は破壊的な強烈さですね。新しい映画のBDが粗く見えるわけですからね。LX800はきっちり違いを示します。配信には到底表現できないレベルですよ。

    映像のこの世界は消えてなくなることは、まずないと思います。ただ、大多数の人にはどうでもよく、一部の好事家の趣味の世界に、既に、制限されているし、今後はさらに加速するのでしょうね。コミュニティで私が既に映画に関してほとんど言葉をなくしつつあるように。(^^) ですからハードはなくならないでしょうが、ずいぶんと高い世界になるだろうと、覚悟しなければならないと思っています。

    byベルイマン at2021-06-17 23:50

  2. アコス様

    パイオニアがプラズマにこだわり、黒を見せるためにホテルの一室を借り切って高級TVのデモンストレーションをやっていたのを思い出しました。高そうなパンフレットとペン付きメモ帳をお土産に頂きました。そのあと世の中は液晶パネルに流れパナソニックと同様、撤退が遅れましたね。LDを背負って立っていたパイオニア社、私も色々お世話になりましたが、福音電機時代を知るものとして残念に思います。
    アナログプレーヤの復活のように映像関係のハードが復活するとは思えませんので、手持ちの機材を今のうちにベストコンディションにしておかなくてはと思っています。

    byトム at2021-06-18 03:40

  3. アコス様

    ご無沙汰しております。グランドスラムです。
    パイオニアの記事は懐かしいですね。私もLD7000から始まり、LD-S9まで新製品が出るたびに何機種も買い換えました。途中で、KENWOODのZ1に浮気したこともありましたが、最終的にはパイオニアに戻ってしまいました。さすがにX0には手を出しませんでしたが。

    DVDプレーヤーもAX10をHiViの記事を見てすぐに発注し、パイオニアの年内営業最終日の12月28日に発送してもらい、年末の12月29日に自宅に到着したことを今でも覚えています。当時は、賞を取るためには年内に製品を出荷することという決まりがあったはずなので、最初の30台程度のうちの1台だったかと思います。それが、年々決まりが緩くなっていき、本当に製品化するかどうかも分からないような機種が賞を取ることもあったという話もあるようですが…。

    BDプレーヤーのLX800は、もうこれ以上のBDPは出てこないでしょうね。我が家でもたまにしか動かしませんが、いつまで修理してくれるかは心配ですね。故障するとすればピックアップ部分でしょうから、汎用品を流用できれば心配ないのですが、どうでしょうね?

    ベルイマン様

    音質を追究する方は、パナを選んではいけません(笑)噂話ですが、とある評論家のところにパナの開発陣が行ったときにちょうどLX800の貸し出し機がおいてあり、その評論家が「せっかくだから試しに他社のも聴いてみる?」と聴いたところ、最初の音が出たとたんにあまりの音の素晴らしさに椅子から転がり落ちたという事件があったとかなかったとか…。

    ちなみに、LX800は電源ケーブルで音がかなり変わります。それはパイオニアの開発者も認識しており、限られた予算内で最高の物を選びましたと言っていました。試聴するジャンルによって選ぶケーブルも変わってくるかと思いますので、我が家にいらしたときにでも確認してみてください。アコリバもいいですけど、もっといいケーブルがあるかも?

    byグランドスラム at2021-06-18 11:24

  4. 毎度です。

    「サブスク系」で4KでHDRで10-bitで24pで再生できるのは私の知る限りApple TV4Kだけではないでしょうか。つまりこれだけがプロジェクターを使用したシアタールームで使える唯一のSTB(?)ということになるのではないでしょうか。

    UX800は未完の大器という印象だったので、

    https://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/1155693.html

    今後もアップデートが続くと良いですね。

    by元住ブレーメン at2021-06-18 20:14

  5. グランドスラムさん、こんばんは。

    パナソニックはちょっと中途半端ですよね。DACチップが優秀なのでしょうが、マルチでアナログ出力するにはその優秀なはずの4497は使わないわけですよね。詳しくは知らないですが、ちょっと騙されますよね。マルチじゃなくて2chがやりたいにしてはSACDも回せないんじゃ、、、評論家の先生たちはパナソニックを持ち上げる言い訳作りがさぞや大変でしたでしょうね。ただ、本来はLX800と比べるべきじゃないですよね。値段がだいぶ違いますから。

    うちのLX800はCT0.2svという出水電器のアイソレーショトランスをかましているので、2次側の電源ケーブルの優劣がそんなに影響しないんです。今後は2次側は自作にしようと思っています。

    グランドスラムさんのシステムを視聴させていたくのが楽しみです。

    byベルイマン at2021-06-18 21:32

  6. ベルイマンさん

     「そーだよね~~ そうだよね~」と独り言を呟きつつ読ませて頂きました。  時は流れ 高画質高音質が手軽に味わえる時代になったのは言うまでもありません。   私はサラウンドを始めようとしてた頃 諸先輩方は何十万、何百万と投資して高画質化を目指していました。  当然 私の様な若輩者には真似すら出来ず ショーなどで巨大な3管式のプロジェクターから投射される映画を食い入る様に眺めていました。 

     LDがAC3の採用をしサラウンドが面白そうなので始めたAVでした。 DVDは画期的でしたよね! CDと同じサイズなのに音声も映像も凄い! 国内はもとより海外も巻き込んでイケイケの時代でしたよ!  プレーヤーもTV、プロジェクターも最高に盛り上がっていた頃ですね。

     ハイビジョンが身近に!のBDが出た頃から雲行きが怪しくなり UHDでは「何それ?」が世間の認識でしょうね。  TV屋さんはTVを作り、アンプ屋さんはアンプを作る… ただプレーヤー屋さんは消えてゆく。  ネット環境が整ってきて 音楽がディスクから配信に代わり 更に充実したネット環境が整って来たら 映像も配信で良くなって仕舞った。  放送を上回る高品位で 何時でも何処ででも 視聴が出来て仕舞う配信。。  レンタルだって終息だよね~~。   

    こんな時代にディスクを買うなんて コアなファンくらい。 また、その中でも高音質高画質に一喜一憂する者なんて一握りに過ぎない。  故に プレーヤーの運命は…。

     ワタシ 後50年くらいはディスク回して楽しみたい!(幾つまで生きるんだ!(笑))  プレーヤー… どーなっちゃいますかね。

    byアコスの住人 at2021-06-19 19:14

  7. トムさん

     プラズマTVの創成期にはワタシ 店で売っていました(笑) 当然 あんな高い物は売れる筈もなく… 店頭に並べた!ってだけでしたね。  未来は こんなに薄いTVが普通になるんだろうなぁ~~とは思っていても 非現実的なプライスタグを見て いつ頃だろうね?と店員同士で話していました。   B管では29インチが大画面の代表格な時代ですから。 20万くらいが相場だったかな…。

     私はその時 オーディオ部門担当でしたが LDと絡めてサラウンドを鳴らす環境を作り TVには富士通ゼネラルの42のプラズマを置いてました。  今思えばですが‥ 酷い画質だった(笑) 

     当地でも ホテルの一室や 会館を借り切って プラズマ体験会を行っていましたよ。 60インチのモニター(PROとか書いてあったかな?)で見たS.WのDVDは感激でしたね。  私は オーディオ・ヴィジュアル関連から顧客を呼んで「さぁ- どーでしょう?」な~~んて売り込んでいました。   まぁ- 100万を遥かに上回る価格ですから 一内覧で1.2台契約出来れば良い方で…。 私の客は場を賑わすサクラでしたね(笑)  来場が少ないのもメーカーに悪いしね。

     パイオニアがプラズマの終焉と共に 一気に傾いたのは事実ですね。  DVDでは光ディスクメディアの雄として世界に名を馳せましたが… BD/UHDで有終の美ですかね。   50年後ソフトはど---成っていますかね? 

    byアコスの住人 at2021-06-19 20:36

  8. グランドスラムさん

     ありがとうございます。 LDもDVDも名機が多かったですね。  パイオニアも当然ですが SONYにも、東芝にも、松下や日立にも… そしてオーディオメーカーにも良いモデルが多かったですネ。 

     当時買えやしませんが(笑)店員と言う立場を使い DV-S10A(AX10Aは無理だった)やDVD-H1000を借りて自宅で視聴しました。 当時の環境下でしたがCDの音がまともに聴けて コレならと触手が伸びそうになりました(笑)  あの時代 メーカーがせっさ琢磨を繰り返して本当に良いモデルが多かったですね。

     LX800は やはり最終モデルでしょうかね…(*_*;   当然ですが 歴代最高なソフトが普通に手が届く範囲にあるのに… ハードがコレでは寂しいですよね。  数年後はどーなっちゃうのかな?   S社のアレは購入意欲がそそられないし… P社のアレも な~~んか違うんだよな…。

     

    byアコスの住人 at2021-06-19 21:50

  9. 元住さん

     サブスクって 何かイマイチなんですよね。  クオリティーとかは十分だとは思っていますが それをメインとして楽しむのは 気が引けると言いますか・・・ (p_-)

     音楽だとLP(レコード)から初めてCDになり 映像はLD/VHSから初めてDVD~BDへと…。  今の様なサブスクは 夢みたいな出来事ですよね。  定額ですから かなり安く使えますよね。 ディスク1枚の価格で一月使い放題ですからね。 通信費をサッシ引いても・・・安い!

     が、がですよ・・・ ディスクを使う方が 喜びを味わえるんですよね。  こんな考えでは 古臭いと言われても 変えられそうにはないです(笑) 

     プレーヤーの将来は・・・ レコードの様に復活する事は無いでしょうしね (*_*)



     

    byアコスの住人 at2021-06-20 13:43

  10. ベルイマンさん

     以前にも記したんですが…  パナソニックの狙いが理解出来ないんですよね。

     デコーダーやDACを搭載したのは テクニクス自慢をしたいのが根底にあるのでしょうが 2chは兎も角 マルチは何の為に? 誰の為に?(笑) って感じでしょ。

     SACDは当然未対応ですし DVD-Audioも見捨てた。 なのにマルチ出力!?。  こんな事書いた前回は「ウチにはマルチアナログ入力しかないAVプリがあるから!」て言われちゃいました。   まぁー 使い道は有ったとしても ほぼほぼ使う方はいないでしょ(笑)

     oppoも そうであった様に 何故か拘るポイントがズレてるように私は感じてます。    BDは規格(法)上 デジタル出力以外は出来なくなっています。  其れなのに なんか詰まらない所にコスト掛けて「ウチは凄いんです!」って自慢してる様に思えるところが 傍から見てると 痛々しくて。。。  

     パイオニアは 過去モデルの中には アナログ出力(マルチ)を搭載したモデルもありましたが それは当時の規格ではデジタル出力に制限があったから・・・  今の時代のLX800は優秀だと思います。 
     私からすると CD/SACDはオマケ的な物ですが BD/UHDBDは最後の優秀モデルですね。   

     パイオニア 最後の悪足掻きで UDP-X0(ゼロ)でも作らないかな? (笑)  LX800は素晴らしいモデルですが 一般商品。   HLD-X0の様な 衝撃的なモデルが出て来ないかなぁ~~ ヽ(^o^)丿

    byアコスの住人 at2021-06-20 14:03

  11. 「今を楽しむ!」しか無いですね~(-_-;

    最近は新作でもDVDのみの作品が多くなってきたような....
    レンタルもDVDが主流になってきたし....

    コロナ禍でスペックに見合う新作もなく....

    もういいかーって感じです(笑)

    レコード復活もうわべだけで失われた10年のノウハウは戻ってないような(^^;

    byVOTTA7 at2021-06-20 17:07

  12. VOTTA7さん

     まぁー 確かに時の流れには逆らえない。  パイオニアの様なメーカーは消えてほしくは無いが 時代の流れは酷いから…

     オーディオの趣味も多用だが 最後に行き着くのは 再生した結果ですからね。  こんなに完成度が高くても行く末が分からない… それにしても短命すぎますよね。

     ニッポンはワクチン接種の遅れから 他の国と同等には日常がまだまだ来ませんね。  ましてや この数ヶ月間 海外からの人流が一気に増える! 万全な対策をとってる!と言ってるが 僅か数人の来日で 一人が陽性でてんやわんや!   第5波は既に始まってる…  政府は変異株の脅威を言ってるが welcomeなんだよな…   大陸の者から見れば 島国であるニッポンが1つのバブル(隔離環境)であるんでしょうね…  「はらぺこあおむし」どもは… 

     ハリウッドが動き出して来ましたね! 昨年来、新作は少なく 強引にUHD化して出してる印象。 ちょっと手は出しましたが(笑) 古い作品には限界がある。 興業も始まったらしいので 新作にも期待したいところです。

    byアコスの住人 at2021-06-23 09:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする