「PHILE WEBコミュニティ」サービス終了のお知らせ
アコスの住人
アコスの住人
動画27。 2020年8月20日撮影 https://youtu.be/2tJHlc7X3A4 ハード機器、セッティングなどの変更はありません。 パワーアンプ用の電ケーを変えた(自作)した程度で…

マイルーム

 2019年10月の現状(令和元年10時月)
 2019年10月の現状(令和元年10時月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上
2019年(令和元年)10月の様子 TD725swを一基迎えて スーパーウーファーのツイン仕様となりました。 センタースピーカーのツイン仕様に続く暴挙です ウーファーの置き場変更に伴…
所有製品
  • 地上・BS・110°CSデジタルチューナー
  • 液晶テレビ/ディスプレイ
    PANASONIC TH-65GX850
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • BDプレーヤー
    PIONEER UDP-LX800
  • スピーカーシステム
    JBL 4312SE

レビュー/コメント

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

日記

サウンドスクリーンに向けての第一歩。 ⑩  ベース片側完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
2022年06月01日

素人だから… 悩みながら進めてイル。   まさに試行錯誤の繰り返しです

 重量50kg。 長さ3500mm。   コンナ物をどーやって吊るのだろうか? (笑)  因みに現使用中の150インチは12kg程度 横幅は同じ程度です。  重量4倍か… 大変そうだ (*_*;

 当初の発想は… 「下からネジで打ち込む」でした。  しかし50kg近い物をコンなんで出来るのか??  たとえ人手があったとしても厳しいだろう。

 で、考えた(2022.05.29現在) そーだ ボルトを貫通させよう! 

そこでベース板の薄さが気に成ったので20mm→30mmへと変更。  それもGTラックの棚板の再利用と言うコスパ高し!(笑)

取り付け金具の詳細を伺った。 (いつもありがとうございます。キクチさん) 
穴のサイズは12×24の長穴である。  奥行きに対しては24mmの幅があるが左右には12mmである。  この12mmと前回の3500mmが大きく関係してきます。  因みにボルトはM8を使用することにしています。

↓ これが完成形。 

↓ 自作の仮の金具を付けてみた。  厚いのはご愛敬 (^^)/  こんな感じで固定する。

↓ 上から見るとこんな感じです。  超低頭のボルトが刺さっています。  金物は固定していません。 金物の厚み(約2mm)と超低頭の厚み(約2mm)の分は板をホゾっています。 トリマくん 大活躍です(笑)  板の穴はボルトと同サイズ8mmΦです。 

ここは天井に密着するので装着後は見れません。  上からは多少抑えられているので大丈夫でしょう…と、考えていたのですが ちょっと心配に成ったので固定しました。

鬼目ナットをぶち込んで締めあげました。  もー動きません!
鬼目ナットとは ↓ こう言う物。 つば付きを使っています。  上の写真でチョッと見えてる部分が「つば」ですね。


こんな感じで完成しています。

塗装をして壁面天面に固定したのがコレです



固定して先日作った3500mmの棒。 端から20mmの位置にΦ8を開けて嵌めてみた。  嵌らない…(*_*;  原因は当然、製作精度の低さなのだが… やや心配だ。 金具の穴には余裕があるが(M8に対して12×24mmなので)安全策を取りたい。  また、反対側は下からの木ネジで締め固定を考えていたが… 重量を考えると不安が募り作業も大変だろうと想定しました。

 そこで… 可動式を考えています。 11×16穴の金物を使い 多少の範囲をカバー出来る仕組みを考えています。  次の休日でサンプルを作ってみたいなと…    上手くいくかな??

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. アコス様、お写真を拝見しただけでも、かなり難易度が高そうな印象でサンプルを作って試してみるのは大正解だと思います。

    しかしながら、どうしてこうなったのか・・過去の日記をあらためて拝見させてもらいますね。(笑)

    byたかけん at2022-06-03 09:12

  2. たかけんさん

     (笑) 試行錯誤を繰り返しているウチに…  負の要因が出てきちゃうのです。  

     本物(固定板、現在取り寄せ中でキクチさんオリジナルらしいです)を最終的に当てたいのですが 待ってもいられないので木板で作ったりしてます。  断然厚みが違うので目安にしかなりませんが資料にはなっています。

     一番の問題は 幅(3500mm)に対しての精度と思っています。 メジャーを当てて寸法を出しても 何せ場所が天井! 一筋縄では済みません。 それは「棒」で解決出来ましたが…

    固定は左側は固定(受けボルト位置) 右側は下からのネジ止めと考えていましたが… 2人での作業としても難しいと判断。 それで右側もボルトを下げようと…  正し其の精度は出せないと思いますので可動式にしようと謀っています(笑) 

     当然サンプル製作は必須なので 今では毎日毎時間 それで頭がイッパイです (笑)  それに使うであろう「工具」もまた買って仕舞いました… そして「あの工具も欲しぃ!」とまた思っています。   確かに一段と精度も上がるし楽なんですが… 次に何時使うか分からない物に投資は… でも止まりません (爆)


    見守ってやってください (^^)/


     アコス。

    byアコスの住人 at2022-06-03 12:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする